山田孝之×福田雄一、ミュージカルで再タッグ! ミュージカル・コメディ『シティ・オブ・エンジェルズ』上演が決定

ニュース
舞台
2017.9.24
左から、山田孝之、柿澤勇人

左から、山田孝之、柿澤勇人

画像を全て表示(2件)

トニー賞6部門を受賞したミュージカル・コメディ『シティ・オブ・エンジェルズ』が2018年9月に新国立劇場中劇場で上演されることが決定した。

主演をつとめるのは、映画・ドラマ・舞台など多数の作品に出演する山田孝之と、劇団四季を経てミュージカル界で活躍する柿澤勇人。演出は福田雄一氏が担当する。山田と福田氏はドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズやミュージカル『フル・モンティ』などでタッグを組んできた。

ミュージカル・コメディ『シティ・オブ・エンジェルズ』

ミュージカル・コメディ『シティ・オブ・エンジェルズ』


『シティ・オブ・エンジェルズ』は、1940 年代のハリウッドを舞台にした作品。劇中では、ハードボイルドのシナリオを描くためにハリウッドへやってきた脚本家が執筆に四苦八苦する中で、シナリオの世界と現実に起こる出来事が入り交じり様々な事件が巻き起こっていく。映画の脚本家・スタインを柿澤が演じ、彼が描くシナリオの中の私立探偵を山田が演じる。

同作は、ブロードウェイで誰もが知る名作曲家サイ・コールマン(ミュージカル『スウィート・チャリティ』など)が音楽を手掛け 、1989年にブロードウェイにあるヴァージニア劇場で初演。1990年には、トニー賞作品賞はじめ他5部門を総なめにし、2015年にはローレンス・オリヴィエ賞を2部門受賞を果たしている。サイ・コールマン作曲の1940年代のハードボイルドなどの要素を意識したスウィング・ジャズ風のメロディが耳に残る、サスペンス風ミュージカル・コメディだ。

公演情報

ミュージカル・コメディ『シティ・オブ・エンジェルズ』

【東京公演】
公演期間:2018年9月
会場:新国立劇場 中劇場
席種・料金:未定
※未就学児童の入場はお断り
※地方公演あり
 
■チケット取扱
ホリプロオンラインチケット:http://hpot.jp(PC・携帯)
ホリプロチケットセンター :03-3490-4949
シェア / 保存先を選択