ACIDMAN新曲「空白の鳥」が新井浩文、窪田正孝ら出演映画『犬猿』の主題歌に

ニュース
動画
音楽
映画
2017.10.19
ACIDMAN

ACIDMAN

2018年2月10日公開予定となっている窪田正孝新井浩文・江上敬子・筧美和子出演映画『犬猿』の主題歌に、ACIDMANが書き下ろした新曲「空白の鳥」が決定した。なお、同曲は12月13日にリリースされるACIDMANの11th アルバム『Λ(ラムダ)』に収録される。
 
映画『犬猿』は、『さんかく』『ばしゃ馬さんとビッグマウス』『麦子さんと』などのオリジナル脚本作品で話題を集め、近年では過激な内容の人気コミック『ヒメアノ~ル』を映画化、独自の切り口で心の闇を描き国内外から大絶賛を浴びた日本映画界の鬼才・吉田恵輔(吉は土に口)監督のオリジナル最新作。兼ねてよりACIDMANファンであった監督からの熱いラブコールを受け、今回の主題歌起用が実現した。

『犬猿』は豪華でユニークなキャスト陣が集結している点も見どころの一つで、"クソ真面目で優しい"弟・和成を窪田正孝、反対に"凶暴でトラブルメーカー"の兄・卓司を新井浩文が熱演。さらに、"仕事はできるがブス"な姉・由利亜にお笑いコンビ・ニッチェの江上敬子、そして"ルックスや愛嬌はよいけれど頭の悪い"おバカな妹・真子を筧美和子が演じている。

今回の主題歌発表に際して、ACIDMAN・大木伸夫のコメントは以下の通り。

吉田監督が以前から僕達のファンでいてくれた話を伺い、とても嬉しかったです。
友人の新井浩文が出ている事もあり、喜んで参加させて頂きました。
書き下ろしは初めてだったのですが、映画の力をお借りしながら曲を作れるなんてとても贅沢で貴重な体験でした。僕達にとっても思い出深い作品になった「犬猿」。
1人でも多くの人に劇場で観ていただけたら幸いです。
大木伸夫(ACIDMAN)

 

上映情報
映画『犬猿』
<あらすじ>
印刷会社に勤める真面目な弟とは対照的に乱暴者でトラブルメーカーの兄。見た目は悪いけど頭がよく勤勉で家業の印刷所をテキパキ切り盛りするブスな姉と、要領は悪いがその容姿と人当りの良さで人気者の妹。この二組の兄弟・姉妹の関係に、あるとき変化が訪れる。それぞれの思いが交錯し、相性最悪なW犬猿ペアの抗争は次第にエスカレートしていく。
脚本・監督:吉田恵輔(吉は土に口)
出演:窪田正孝 新井浩文 江上敬子(ニッチェ) 筧美和子
製作:『犬猿』製作委員会(東映ビデオ、 博報堂DYミュージック&ピクチャーズ、東京テアトル、TBSラジオ、スタジオブルー)
製作プロダクション:スタジオブルー
配給:東京テアトル
2018年2月10日(土)より、テアトル新宿ほか全国ロードショー
 
公式HP:http://kenen-movie.jp
(c)2018『犬猿』製作委員会

 

リリース情報
New Album『Λ(ラムダ)』
12月13日発売 
初回限定盤【CD+DVD】(TYCT-69126)3,780 円(税込)
通常盤 【1CD】(TYCT-60112)3,024円(税込)
収録楽曲:Sg「最後の星」「愛を両手に」「ミレニアム」 を含む全12曲予定
初回盤DVD内容:初回生産限定盤はDVD付。
メジャーデビュー以来、ALBUM発売直後に別売りしていた好評シリーズ“Scene of~”を付属DVDとしてコンパイル。
新曲3曲『最後の星』『愛を両手に』『ミレニアム』のMV、及び REC風景のOFF SHOTで綴る2015年~2017年の活動ドキュメンタリー

 

ライブ情報
ACIDMAN presents 「SAITAMA ROCK FESTIVAL “SAI”」
スタンド(見切れ)席追加販売概要

2017年11月23日(木・祝)
さいたまスーパーアリーナ(埼玉県さいたま市中央区新都心8)
開場10:00 開演11:00 終演予定 21:00
席種/料金 スタンド指定席/8,500円
 
10月14日(土)10:00~各プレイガイド
 

*演出の一部やステージ全体が見えづらい可能性がありますので、予めご了承ください。
シェア / 保存先を選択