京都国際マンガミュージアムが映像作品で彩られる!

 

京都国際マンガミュージアム(京都市中京区)では、建物の壁面をプロジェクションマッピングで彩る恒例のイベント「マチデコ・インターナショナル」が、10月3日(土)に開催される。

今年は、日仏の現代アートを無料で楽しめる「ニュイ・ブランシュ KYOTO」(京都市内各所で開催)のオープニング事業として実施する。

映像作家は、スタジオジブリを題材にした「夢と狂気の王国」の映画音楽を手掛ける高木正勝さんをはじめ、美術家の江村耕市さんといった京都に縁のある作家の他、パリを拠点とするクリエーター集団、Mathematic & UFO labelを招聘。昭和初期に建てられたレトロモダンな建物を、壁面に合わせプログラミングされた幻想的なオリジナル映像作品でデコレートする。

なお、プロジェクションマッピングは、19時25分~20時5分は新作を上映。21時~21時40分は、2009年から2014年までの作品をアンコール上映する他、ジャズのライブをはじめとした多彩なパフォーマンスも行われる。【関西ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択