ミオヤマザキ、ファンとの約束を果たす クリスマス・イヴにZepp Tokyoでワンマンライブを開催

ニュース
音楽
2017.11.3

ミオヤマザキがデビュー3周年を記念して、デビューシングル発売日の12月24日(日)にワンマンライブ『ミオヤマザキ メジャーデビュー3周年記念 “約束の観覧車の下で”』をZepp Tokyoにて開催する。

2014年12月24日にリリースされたミオヤマザキのデビューシングル「民法709条」。こちらにシークレット・トラックとして収録された楽曲「明日もどうにか生き延びよう」の中でミオヤマザキは、”東京ど真ん中で 観覧車の下 逢う約束をしよう”と歌っている。Zepp Tokyoはちょうどパレットタウンの観覧車の真下に位置しており、今回発表されたデビュー3周年ライブは“ファンとの約束を果たす”公演といえる。

ミオヤマザキは10月25日に2ndフルアルバム『choice』をリリース。iTunes総合ランキングで初登場2位にランクインし、ロックランキングでは初登場1位を獲得。更に、10月29日からスタートした全国ツアーは各会場でチケットがソールドアウトしており大きな注目を集めている。

イベント情報
ミオヤマザキ メジャーデビュー3周年記念大感謝祭
“約束の観覧車の下で”@Zepp TOKYO

 
開催日:2018年12月24日(日)
開演:17:00/開場:18:00
チケット情報:11/12(日)12:00からチケット販売開始
一般:2,400円
学割チケット:1,000円(大学生以下)※入場時学生証提示
シェア / 保存先を選択