ミュージカル『メリー・ポピンズ』バート役の大貫勇輔にインタビュー

インタビュー
舞台
2018.2.4
濱田めぐみ(メリー・ポピンズ)、大貫勇輔(バート)

濱田めぐみ(メリー・ポピンズ)、大貫勇輔(バート)


2004年のロンドン・ウエストエンド初演以来、ニューヨーク・ブロードウェイをはじめ、世界中で上演され愛され続けているミュージカル『メリー・ポピンズ』が遂に日本上陸する。イギリスの名作児童文学の原作と、ジュリー・アンドリュースとディック・ヴァン・ダイクが主演した1964年の同名ディズニー映画とをベースに舞台化したもので、「チム・チム・チェリー」「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」といった、誰もがどこかで一度は耳にしたことがある名曲がずらり。夢にあふれたマジカルな舞台が展開する。主人公の家庭教師メリー・ポピンズ役を濱田めぐみと平原綾香が、また、メリーの親友バート役を大貫勇輔と柿澤勇人がそれぞれダブルキャストで演じる。このほど、バートを演じる大貫勇輔に、作品への抱負を聞いた。

――長期間にわたる複数回のオーディションがあったとうかがっています。

オーディションってものすごくプレッシャーなんですよ。眠れぬ夜を過ごすという感じで(笑)。最初のうちはチャレンジという感じでしたが、次第に、人生の岐路に立たされている気持ちになってくる。非常に力を入れて準備されている作品ですし、こんなチャンスそうはない、この役をとれるかとれないかが自分の人生を大きく変える、これだけやったからには絶対受かりたい、日本初演キャストに入りたい! という気持ちで取り組んでいました。オーディションを審査する海外スタッフに、君はまさにバートだ、見た目は完璧に合うから、歌をもっと頑張れといつも言われていました(笑)。タップダンスもそれまでほとんどやったことがなかったので、しゃかりきになって取り組みました。最後のオーディションが終わったときは正直ほっとしましたね(笑)。バート役に決まったと知った瞬間は、やっと始まる、やっとスタートラインに立てる、これから公演までどれだけ準備できるか、お客様にどれだけ感動を与えられるかだと思いました。

――作品と役柄の魅力についてはいかがですか。

映画版と舞台版の映像を観ましたが、ディズニー作品ですし、現実には起こりえないであろう夢の世界の中に、愛と、希望というか何か人の気持ちをあたたかく明るくするものがあって。前向きに生きられるエネルギーが、楽曲の中、そして全体のメッセージの中にも含まれていると感じますね。子供たちが家族でもっと時間を過ごしたいと願う、そんな家族愛を、遠くから見守りつつ、ふっと現れ手助けするのがバート。メリーに恋心を抱いているちょっとピエロ的な役回りでもあって、愛おしい、愛らしいキャラクターなので、どれだけ魅力的に演じられるか楽しみですね。全体を通してそんなに出ずっぱりというわけではないのですが、登場するたびにすごく印象を残すキャラクターで。チャーミングな優しいお兄ちゃんで、大道芸人で、煙突掃除夫で。大切なことを敬意をもって伝えられるイギリス紳士でもあるし、いろいろな引き出し、振り幅のある役で、そこが不思議で魅力的ですよね。それを日本人の僕がどう演じればいいのか、演出家と作り上げていきたいなと。ヴィジュアル撮影で扮装した感じでは、この衣装、似合うなと思いました(笑)。

――好きなシーンや楽しみなナンバーを教えてください。

まだ正確に言えないんですけど(笑)、映画版だと「スーパー…」(「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」)のシーンがすごく好きですね。舞台版だと、「ステップ・イン・タイム」がタップダンスのビッグ・ナンバーで、逆さ宙吊りになって天井に向かってタップを踏むシーンがあるんです。命の危険もあるんですけれども(苦笑)、そうそうできない経験なので、すごく楽しみですね。「凧を揚げよう」も、心が本当に空に昇って行くような感じの、あたたかい優しい曲だなと思います。

――ロンドン初演ではマシュー・ボーンさんが共同演出・振付を担当、その後の舞台にも踏襲されていますが、ご自身、マシュー・ボーン作品にこれまで出演されてきて感じるその振付の魅力とは?

演技しているように踊る、芝居の延長にダンスがあるという振付をされる方だなと思いますね。形式の中にセリフが聞こえてくるようなものがあるというか。身体を限界まで使って、ときに本当に大変そうな振りなんですけれど、芝居をしながら踊っているから、気持ちが見える瞬間がある。『カルメン』を、自動車整備工場を舞台にした『カー・マン』に作り変えてしまったり、既成概念を壊すようなすばらしい発想をされる方なので、この作品での彼の振付の世界を体感するのが楽しみです。

僕自身、世界一動けるバートと言われるように演じていきたいなと思っています。しゃべるようにタップを踏み、踊る。芝居の延長ということを意識して動いていきたいです。さまざまなダンスを経験してきたけれど、ダンスのジャンルの中ではタップが人生で一番苦戦しています。タップダンスって楽器っぽいんですよね。足の打楽器というか、ステップが踏めてもリズムキープが難しい。その上でさらに表現をしていくことも難しい。その二段階の壁をどれだけ突破できるか、それには基礎練習が大事だなと思います。「ステップ・イン・タイム」は振付もすばらしいですし、絶対に華やかで楽しいナンバーになると思うんですが、タップの正確性、振付の先にある表現、そして演出的な部分をお客様にどう感じていただけるか。観ている方がうわあ! と身体が熱くなるようなナンバーにできたらといいなと思いますね。

――今回、柿澤勇人さんとのダブルキャストです。

それもものすごく大きなプレッシャーの一つですね(笑)。僕はダンスは得意ですが、タップと歌は頑張らなくてはいけない。いいところを伸ばしつつ、歌についても、柿澤くんのいいところを盗みつつ、自分の歌とは何なのかを考えつつ取り組んでいきたい。すばらしいキャストの方々が大勢いるので、一緒にお稽古しながら勉強して、共に成長していけたらと思っています。

――ところで、メリー・ポピンズのような不思議な力があったら何をしたいですか。

瞬間移動したいですね。遠いところも一瞬で行って帰って来たいです(笑)。

インタビュー・文=藤本真由

公演情報
ミュージカル『メリー・ポピンズ』
 
<東京公演>
■会場:東急シアターオーブ
■会期:プレビュー公演 2018年3月18日(日)~3月24日(土)、本公演3月25日(日)~5月7日(月)

 
<大阪公演>
■会場:梅田芸術劇場 メインホール
■会期:2018年5月19日(土)~6月5日(火)

 
■公式ホームページ:http://marypoppins2018.jp
■公演に関する問い合わせ
東京公演:ホリプロチケットセンター 03-3490-4949
(平日 10:00-18:00 /  土曜 10:00-13:00 / 日祝・休)
大阪公演:梅田芸術劇場 06-6377-3800(10:00~18:00)

■出演キャスト:
メリー・ポピンズ=濱田めぐみ/平原綾香
バート=大貫勇輔/柿澤勇人
ジョージ・バンクス=駒田一/山路和弘 
ウィニフレッド・バンクス=木村花代/三森千愛
バードウーマン/ミス・アンドリュー=島田歌穂/鈴木ほのか
ブーム提督/頭取=コング桑田/パパイヤ鈴木 
ミセス・ブリル=浦嶋りんこ/久保田磨希 
ロバートソン・アイ=小野田龍之介/もう中学生
*上記キャストはダブルキャストになります。

 
石川剛 エリアンナ 小島亜莉沙 丹宗立峰 長澤風海 般若愛実
 
青山郁代 五十嵐耕司 石井亜早実 大塚たかし 岡本華奈 風間無限 工藤彩 工藤広夢 熊澤沙穂
斎藤准一郎 高瀬育海 髙田実那 田極翼 照井裕隆 中西彩加 華花 樋口祥久 藤岡義樹
藤咲みどり 三井聡 武藤寛
(全役50音順)
 
シェア / 保存先を選択