大東駿介、細貝圭、河野まさと出演!劇団鹿殺し活動15周年記念公演 第1弾『キルミーアゲイン』メインビジュアル公開!

SPICER
劇団鹿殺し活動15周年記念公演「キルミーアゲイン」メインビジュアル

劇団鹿殺し活動15周年記念公演「キルミーアゲイン」メインビジュアル

劇団鹿殺し活動 15周年記念公演『キルミーアゲイン』、メインビジュアル公開!菜月チョビ、丸尾丸一郎よりコメント到着!

2016年に活動15周年を迎える劇団鹿殺し。
その記念公演第一弾となる『キルミーアゲイン』の上演が決定、メインビジュアルが公開された。ゲストには舞台のみならず大河ドラマ『花燃ゆ』や映画・雑誌と幅広く活躍する大東駿介をはじめ、細貝圭、河野まさと(劇団☆新感線)らを迎え、公演と15周年yearを盛り上げる。また、同劇団の座長・演出をつとめる菜月チョビ、そして同劇団の代表・作家をつとめる丸尾丸一郎より、活動15周年に寄せてのコメントが届いた。
 


――菜月チョビ コメント
大学3年の夏、丸尾先輩に劇団を作りたいと打ち明けて、高架下の公園でのぼりを殴り書きしてポスター貼って。やって来た入交君に渡された『燃えて鹿殺し』のMD。巻き込まれた魚顔の19歳、オレノ。特にブレイクせぬまま東京へ。鹿ハウスの共同生活から今まであっという間すぎて振り返るにはまだ早い!これからも電車は見ていてくれる奇特なお客様の応援とたくさんの血を乗せて走り続けます。
15歳まで育った劇団鹿殺しの今を15年分詰め込んだお祝いイヤーの始まり。お見逃しなく、お祝いに来てください!


――丸尾丸一郎 コメント
劇団鹿殺し15周年の始まりです。正直、15年続くなんて思っていなかった。続ける気があったら、鹿殺しなんて名前を付けなかっただろう。大勢の人に支えられ、怒られ、凹んで、牙を剥き、舞台を作り続けてきた。無我夢中、逃げるという選択肢は消えていた。
そうだ、旗揚げした頃、僕らは自分の中に無限の可能性を感じていたのだ。その可能性は今も、心の奥底でギラリと僕を睨み付けている。許さない。僕は新しい劇団鹿殺しの旅立ちを宣言する。



「劇団鹿殺し」は作家・丸尾丸一郎と演出家・菜月チョビが2000年に旗揚げ。
2013年には菜月が文化庁の新進芸術家海外研修制度にてカナダに1年間留学するなど、正統派演劇として経験を積む一方、インパクトの強い音楽劇的パフォーマンスによる路上パフォーマンスやライブハウスでの活動も注目を浴び、テレビ朝日の音楽番組『ストリートファイターズ』では人気投票2位を獲得。
2010年には青山円形劇場・伊丹アイホールにて全公演満員御礼の快挙を達成し、翌2011年には演劇界の聖地・下北沢の本多劇場に初進出を果たす。今年6月に上演した最新作『彼女の起源』では石崎ひゅーいと菜月チョビのW主演で東京・伊丹・仙台の3都市ツアーを成功させるなど、今最も注目の劇団である。
また、劇団公演だけでなく、プロデュース公演でも活躍。昨年Cocco初主演舞台の作・演出を丸尾がつとめ、東京・神戸で8,000人を動員。日本劇作家協会プログラム『山犬』では鳥肌実・森下くるみ・ISOPPら異ジャンルのアーティストの新たな一面を引き出した。
そして今年9月、丸尾が作・演出をつとめた劇団めばち娘旗揚げ公演『ツチノコの嫁入り』では、山本裕典を主演に迎え、映画『ピース オブ ケイク』の劇中劇を映画上映と同時にリアル舞台化するという新たな試みを成功させた。

今作『キルミーアゲイン』は、劇場を舞台とした作品で、喜劇と悲劇が交互に描かれる丸尾丸一郎の新作!お楽しみに!

イベント情報
劇団鹿殺し活動 15周年記念公演 第一弾「キルミーアゲイン」

日程:
[東京公演]2016年1月9日(土)~1月20日(水)
[大阪公演]2016年1月28日(木)~1月31日(日)

作:丸尾丸一郎
演出:菜月チョビ
音楽:入交星士×オレノグラフィティ
出演:菜月チョビ/丸尾丸一郎オレノグラフィティ橘輝鷺沼恵美子浅野康之峰ゆとり近藤茶木村アヤナメガマスミ椙山聡美大東駿介細貝圭河野まさと(劇団☆新感線)ほか
 
シェア / 保存先を選択