ストレイテナー、SUPER BEAVER、BIGMAMA ーー3組の対バン “リスペクト”を全力で表現したライブ

レポート
音楽
2018.3.28
『ReSPECT』

『ReSPECT』

画像を全て表示(12件)

GREENS presents『ReSPECT』2018.3.27大阪・なんばHatch

この春、新たに立ち上がったライブイベントGREENS presents 『ReSPECT』が、3月27日(火)に大阪・なんばHatchにて開催された。出演バンドは、今年バンド結成20周年を迎えたストレイテナー、4月に初の日本武道館公演を控えるSUPER BEAVER、3月7日にメジャー第一弾シングルをリリースしたばかりのBIGMAMAという3組だ。活動歴の近い盟友同士でもあるこの3組の対バンは意外に初ということで、開催前からファンの期待値も上々。

DATS

DATS

まず熱気を帯びた会場に登場したのは、オープニングアクトのDATS。6月にはメジャーデビューアルバムの発売を控え、4月からはバンド初の東名阪のワンマン・ツアーも決定と、飛躍の時を迎えている彼ら。サンプラーからエレクトリックな打音が鳴り、上手にドラムセットを配置し、サンプラーやシンセもセットしたステージにメンバーがスタンバイ。のっけからハンドマイクで「手を挙げませんか!」と煽るバンドの頭脳、杉本亘(vo)が好ヴァイブスで飛ばしていく。

DATS

DATS

「今日は全力でみなさんの心をつかみにいきます!」との言葉通り、「Mobile」「Memory」では、クラップやコール&レスポンスを煽りまくり、気合も十分。シンセや打ち込みを多用した先鋭的なダンスビート・ミュージックでありながら、フィジカルで熱量の高いライブを繰り広げる4人。そのハイブリッドかつクールな音を浴びると自然と腰から踊らされてしまう。この独特の陶酔感に浸っていると、メンバーと一緒に音楽を奏でている気分に。ラストの「Heart」ではハンドクラップと共に全身で音を感じるオーディエンス。短い持ち時間の中でもしっかりと彼ららしい濃密なライブで会場をあたためてくれた。

BIGMAMA

BIGMAMA

そして本編トップバッターに登場したのは、BIGMAMA。「交響曲第9番」(ベートーヴェン)のSEが鳴らされると大きなハンドクラップと共に迎えられたメンバーたち。2階席も総立ちで手が挙がる。1曲目は圧巻のキラメキを放つライブアンセム「MUTOPIA」! ミラーボールが回り出す中、東出真緒(Violin)の流麗なバイオリンのフレーズから音のシャワーが降り注ぐ。息つく暇もない曲展開に合わせ、照明も綺羅びやかに高揚感を煽り、自由にどこまでも飛んでいけそうなファンタジックな空間が一瞬で作り上げられた。

中盤、メジャー第一弾シングルに収録の「POPCORN STAR」も披露され、さらに「最後の一口」「秘密」などファン垂涎のナンバーをたたみかける。後半は冒頭からコーラス部分の大合唱でスタートした「ファビュラ・フィビュラ」の骨太なグルーブに圧倒され、待ってましたの「荒狂曲“シンセカイ”」では、イントロから大熱狂の渦に。続いて演奏された、ドラマ主題歌にもなった新曲「Strawberry Feels」は、ライブで是非味わいたいナンバーだと確信。疾走感のあるサビに、攻撃的なラウドサウンドとプログレ的な間奏のせめぎ合いなど聴きどころ満載。新しい未来に向かっていくBIGMAMAの新境地をみせた。

最後に金井政人(Vo&G)が「記憶の片隅ではなく真ん中に! BIGMAMAでした!」という印象的な言葉を叫び、それ以外はMCなしで全9曲を駆け抜けた5人。すべてを音楽で表現した鮮烈なパフォーマンスに魅せられた40分間だった。

SUPER BEAVER

SUPER BEAVER

休憩を挟み、2番手はSUPER BEAVER。お立ち台が設置されたステージに、柳沢亮太(G)、上杉研太(Ba)、藤原“29才”広明(Dr)が登場し、最後に渋谷龍太(Vo)が現れると大歓声が会場を包んだ。一週間前にも大阪でライブを行った彼ら。「1週間もあけちゃってすみません! 今日のイベントタイトルの “敬意”という意味を重たく受け止め、先輩と先輩に挟まれてがんばります!」と親近感のあるMCで一気に観客との距離を縮める。

1曲目の「証明」からマイクスタンドが倒れるほど、エモーショナルなパフォーマンスで魅了する渋谷。すべてを肯定してくれるような強さがみなぎる歌声と想いが胸に刺さっていく。曲間にMCを絡めながら、最後は《ないという証明》の歌詞でシンガロングが巻き起こった。続く「青い春」ではまさに青春パンクな輝きに満ちた晴れやかなメロディーを会場の一人ひとりが歌い叫ぶ。ジャンプ&ジャンプでロックサウンドをまくしたてる「正攻法」「irony」ではフロアはもみくちゃに。

「東京流星群」でまたもや特大のシンガロングが響き渡り、すさまじいまでの熱量を発し続けるパワフルなライブはあっという間に残り1曲に。「目の前に人がいること、後ろで誰かが支えてくれる人がいるその素晴らしさに気づきながら― その手がずっとそこにあるとは限らないから」と最後に披露したのは珠玉のバラード「人として」。バンド結成13年、紆余曲折しながらも進み、困難を乗り越えてきた彼らの生き様と彼らが信じ続ける愛の形が確かに歌の中にあった。最後は、何度も感謝の言葉を述べながら、「ストレイテナー先輩出てきますんでよろしくお願いします!」と真摯にバトンを渡す姿にオーディエンスからも大きな声援が。彼らなりの“リスペクト”を全力で表現したライブとなった。

ストレイテナー

ストレイテナー

そしてラストを締めくくったのは、今年バンド結成20周年のアニバーサリーイヤーに突入したストレイテナー。「今年、大阪初ライブです!」とホリエアツシ(Vo&G)の挨拶から「Melodic Storm」で幕開け。その美しいメロディに身をまかせていると、早くも夏フェスで聴きたくなりうずうずしてくる。そして、輝度の高い大山 純(G)のギターがどっしりとしたリズム隊と重層的に絡み合うドラマチックな「原色」へと続き、みんなのテンションもマックスに。「大阪初ライブがこんなに強(つ)ええバンドたちとの対バンでワクワクすっぞ!」となぜが孫悟空的な言い回しで笑いをさそうホリエ。

そして、「春らしい曲をやりましょうかね」とユルくフリながらも、ライブ定番曲である「BERSERKER TUNE」で狂騒へ導き、ファンを歓喜させた。MCでは、一番先輩らしく各バンドのライブの感想と「金井(BIGMAMA)のパーカーがボロボロすぎて心配……」など愛あるイジりも多々(笑)。「結成20年のアニバーサリーイヤーということで、普段やらないことをやろうと、2月にマニアックなセットリストのライブをしたんです。自画自賛したい曲もたくさんある」と語り、届けられたのは4thアルバムに収録の「CLARITY」。この曲は、4月11日にリリースする両A面シングルの3曲目にもリアレンジされ収録されている。幻想的なヴォーカルから始まり、よりダンサブルにアレンジが施された“テナマニ”ヴァージョンに進化を続けるバンドの可能性を感じた。安定のアンサンブルでバンドの存在感を見せつけたストレイテナーの本編最後は「REMINDER」、アンコールでは「彩雲」と、春らしい2曲で締めくくり、爽やかな余韻の中、イベントは幕を閉じた。

ストレイテナー

ストレイテナー

個性際立つ4バンドそれぞれの現在を余すことなくみせてくれた3時間。それぞれのバンドのヴァイブスが会場で呼応しあっていたのは言うまでもない。次は、どんな音や人との出会いをもたらしてくれるのか、次回の開催も楽しみにしたい。

レポート・文=岡田あさみ 撮影=VIOLA KAM (V'z TWINKLE)

 

ツアー情報

ストレイテナー
Future Dance TOUR
6月12日(火)東京 Zepp DiverCity Tokyo
6月14日(木)愛知 名古屋 DIAMOND HALL
6月15日(金)岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
6月17日(日)新潟 LOTS
6月23日(土)福岡 DRUM LOGOS
6月24日(日)大阪 なんば Hatch
7月7日(土)北海道 札幌 ペニーレーン24
7月14日(土)宮城 仙台 Rensa
テレビ朝日系ドラマ春のミステリーナイト「静おばあちゃんにおまかせ」主題歌
新曲「Boy Friend」先行配信中!
iTunes
レコチョク
 
4月11日(水)発売 ニューシングル「The Future Is Now / タイムリープ」
「The Future Is Now」がアプリゲーム「デジモンリアライズ」の主題歌に決定!
デジモンリアライズ オープニングムービー
 
5月23日(水)ニューアルバム発売決定!
 
■他詳細はオフィシャルHPまで

イベント情報

SUPER BEAVER出演イベント
2018年3月31日(土) 群馬音楽センター    
 『 I ROCKS 2018 stand by LACCO TOWER』
   
2018年4月4日(水) 苫小牧ELLCUBE    
 『10-FEET "Fin" TOUR 2017-2018 』

2018年4月6日(金) 帯広MEGA STONE    
  『10-FEET "Fin" TOUR 2017-2018 』

2018年4月8日(日) 釧路NAVANA DANCE STUDIO    
『10-FEET "Fin" TOUR 2017-2018 』

2018年4月10日(火) 北見ONION HOLL    
 『10-FEET "Fin" TOUR 2017-2018 』

2018年4月12日(木) 旭川CASINO DRIVE
 『10-FEET "Fin" TOUR 2017-2018 』  
 
2018年4月14日(土) 函館club COCOA
 『10-FEET "Fin" TOUR 2017-2018 』

2018年4月30日(月•祝) 日本武道館
『都会のラクダSP at 日本武道館 』SOLD OUT!!

2018年5月6日(日) 千葉市蘇我スポーツ公園(千葉市中央区)    
『rockin'on presents JAPAN JAM 2018』

2018年5月12日(土) 福島スカイピアあだたら    
『東北ジャム2018 in 福島あだたら』

2018年5月19日(土) 愛媛大学医学部・体育館    
『第42回 愛媛大学医学部 医学祭』 

2018年5月24日(木) 三重 松阪M'AXA    
『coldrain ANOTHER DECADE IN THE RAIN TOUR 2018 』

2018年5月26日(土) 堺市海とのふれあい広場特設会場    
『SAKAI MEETING 2018』

2018年6月2日(土)・3(日) 石川県産業展示館 1 ~ 4 号館    
 『百万石音楽祭 2018 ~ミリオンロックフェスティバル~ 』※どちらか1日の出演になります。 

2018年6月23日(土) いわき club SONIC    
フラワーカンパニーズ『シリーズ・人間の爆発』  

2018年6月24日(日) 酒田MUSIC FACTORY    
フラワーカンパニーズ『シリーズ・人間の爆発』
   
2018年6月30日(土) 7月1日(日) 神奈川県川崎市 東扇島東公園特設会場
『DEAD POP FESTiVAL 2018 』

018年7月6日(金) 名古屋CLUB QUATTRO    
 LACCO TOWER 2マンツアー2018 『五人囃子の駆け落ち騒ぎ』

2018年7月21日(土)22日(日) 国営 海の中道海浜公園 野外劇場・子供の広場    
『カローラ福岡 Presents NUMBER SHOT 2018 』

2018年8月19日(日) 長崎市 稲佐山公園野外ステージ
『Sky Jamboree2018 ~one pray in nagasaki~』

ツアー情報

BIGMAMA『TRANSIT MAMA TOUR 2018』
2018年3月29日(木)福岡県 DRUM Be-1
2018年3月30日(金)広島県 広島CLUB QUATTRO
2018年4月1日(日)香川県 高松MONSTER
2018年4月7日(土)北海道 札幌PENNY LANE24
2018年4月14日(土)宮城県 SENDAI CLUB JUNK BOX
2018年4月15日(日)新潟県 GOLDEN PIGS RED STAGE
2018年4月26日(木)大阪府 BIGCAT
2018年4月27日(金)愛知県 THE BOTTOM LINE
2018年5月13日(日)東京都 Zepp Tokyo

ツアー情報

DATS『Message EP』ワンマン・ツアー

日程:4月21日(土) 
場所:池下CLUB UPSET
開場18:00 開演18:30 ALL STANDING
料金:前売¥3,000 税込み(ドリンク代別途必要)
ぴあ(P: 108-431)、ローソン(L:43915)、e+ (プレ: 2/22-26) 
052-936-6041 (JAILHOUSE) http://www.jailhouse.jp/

日程:4月22日(日)
場所:梅田Shangri-La
開場 18:00 開演18:30  ALL STANDING
料金:前売¥3,000 税込み(ドリンク代別途必要)
ぴあ(P: 107-292)、ローソン(L:53796)、e+ 、モバイルサイトGREENS!チケット http://www.greens-corp.co.jp/
06-6882-1224 (GREENS)  http://greens-corp.co.jp/

日程:5月11日(金) 
場所:LIQUIDROOM
開場18:00 開演 19:00 ALL STANDING
料金:前売¥3,000 税込み(ドリンク代別途必要)
ぴあ(P: 107-425)、ローソン(L: 74457)、e+ (プレ: 2/20-25) 
03-3444-6751(SMASH) http://smash-jpn.com/
シェア / 保存先を選択