山田洋次「母と暮せば」をこまつ座が舞台化、出演に富田靖子・松下洸平

ニュース
舞台
2018.4.6
左から富田靖子、松下洸平。

左から富田靖子、松下洸平。

映画「母と暮せば」の舞台化が決定。こまつ座により、10月に東京・紀伊國屋ホールで上演される。

「父と暮せば」の対になる作品を残すという井上ひさしの構想を受け継ぎ、山田洋次監督が製作した映画「母と暮せば」は、長崎で被爆した母と亡き息子の幽霊の交流をつづった作品。渡辺源四郎商店の畑澤聖悟が脚本、栗山民也が演出を務める今回の舞台版では、母役に富田靖子、息子役に松下洸平がキャスティングされた。

監修を手がける山田は舞台化に向け、「今回の芝居はあえて登場人物を母と息子の二人に絞ったと聞いている。この勇敢なともいうべきチャレンジを、泉下の井上さんは楽しみに笑顔を浮かべてご覧になることだろう」とコメント。また富田は「私は舞台の長崎から近い福岡で育ちました。九州で起きたことを、舞台で未来につないでいくことに、身の引き締まる思いです」と意気込みを述べた。

なお本作は、「父と暮せば」「木の上の軍隊」に続く、こまつ座「戦後“命”の三部作」の最後の1作となる。12月まで全国各地にて上演を予定しており、東京公演のチケットは8月初旬に発売。

山田洋次コメント

「父と暮せば」は井上ひさしさんという天才にしか書けない見事な二人芝居だった。ぼくはその遺志を継ぐようなつもりで映画「母と暮せば」を作ったが、登場人物二人きりという冒険はとてもできなくて、息子の恋人と母を慕う中年男を登場させた。
今回の芝居はあえて登場人物を母と息子の二人に絞ったと聞いている。この勇敢なともいうべきチャレンジを、泉下の井上さんは楽しみに笑顔を浮かべてご覧になることだろう。「父と暮せば」に匹敵するような、決してひけをとらない楽しくて美しい芝居を誕生することを心から願ってやまない。

栗山民也コメント

靖子さんとは、「炎の人」という画家ゴッホの半生を描いた作品でご一緒したのが初めて。シィヌという名の哀れで貧しい半裸のモデルを演じていただいた。その女の一つの体内に、明るさと暗さの感情が棲みついていて、いつも激しくぶつかり合っていた。
今回の「母と暮せば」の原作を読みながら、ぼんやりと、靖子さんのその時の明るく、だが時に暗く静かな姿がダブって見えた。

富田靖子コメント

映画版では上海のおじさん役の加藤健一さんや近所のお母さん役の広岡由里子さんがいらっしゃり、また、駆け回る子供達の姿もあって、楽しい雰囲気や長崎の空気感・生活感が様々に表現されていましたが、
今回の舞台は、息子役の松下洸平さんと私が演じる母親の二人きり。不安もありますが、二人だけで創造するのではなく、映画という共通項を持って稽古を始められることを、とても心強く感じています。私は舞台の長崎から近い福岡で育ちました。九州で起きたことを、舞台で未来につないでいくことに、身の引き締まる思いです。頑張りたいと思います。

こまつ座 第124回公演「母と暮せば」

2018年10月
東京都 紀伊國屋ホール
※12月まで全国各地にて上演。

監修:山田洋次
作:畑澤聖悟
演出:栗山民也
出演:富田靖子、松下洸平

ステージナタリー
シェア / 保存先を選択