20歳未満は入場禁止、夜の見世物小屋『サディスティックサーカス』最終公演

ニュース
舞台
アート
2018.4.8

『サディスティックサーカス2018』が、4月21日に東京・ディファ有明で開催される。

『サディスティックサーカス』は2002年から毎年開催されている「真夜中の巨大な見世物小屋」がテーマのパフォーマンスイベント。プロレスのリングを用いた360度から鑑賞可能なステージが用意され、緊縛やダンスなどのパフォーマンスなどを楽しむことができる。

今回の出演者は、オーストラリアのサーカス団「THE SIDESHOW SUPERSTAR」、ボディーサスペションを披露するルイス・フライシャーのほか、切腹と緊縛を行なう早乙女宏美&京都の龍崎飛鳥、劇団ゴキブリコンビナート、川村美紀子&HIKO、火蛇サラマンドラ、まろ、浅葱アゲハ、ばい菌持ってる鳩、東京アフロビーツSP、奈加あきら+紫月いろはら。チケットは現在販売中。アリーナ席は完売となっている。20歳未満は入場禁止。

首吊りパフォーマーの首くくり栲象も出演を予定していたが、3月31日に逝去した。なお『サディスティックサーカス』は今回をもって終了となる。会場のディファ有明は6月に取り壊しとなる予定だ。

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択