ヴァイオリニスト松田理奈が10/18“サンデー・ブランチ・クラシック”に登場

SPICER

日曜の午後、カフェでくつろぎ、松田理奈の生ヴァイオリンを堪能する

日曜の午後、お洒落なカフェでくつろぎながら、一流のクラシック音楽家による生演奏を気軽に楽しんでみたい…、そんな願望を叶えてしまうライブ企画こそ、渋谷の新スポット「LIVING ROOM CAFE (リビングルームカフェ) by eplus」で開催される「サンデー・ブランチ・クラシック」だ。

第二弾となる10月18日(日)には、クラシック音楽界の第一線で活動を続ける、才色兼備の人気ヴァイオリニスト松田理奈が登場する。

松田は2004年に日本音楽コンクール第1位を獲得、その後ドイツへ留学し2010年にニュルンベルク音楽大学大学院を首席で卒業。その間にも数々の名門オーケストラとの共演や、各種音楽賞を受賞するなど輝かしい実績を次々と上げてきた実力派だ。

松田の出演する「サンデー・ブランチ・クラシック」は10月18日(日)に2回おこなわれるが、各回毎に異なる内容が楽しめる。まず13時の回は、一児の母親となった松田本人からのたっての希望により「お子様も一緒に楽しめる」プログラムが用意される。続く15時の回では「ヴァイオリンの醍醐味を存分に味わっていただきたく」聴きごたえのある名曲が並ぶ予定だ。

クラシック演奏会特有の厳粛な雰囲気を取り払って楽しもうというコンセプトのライブなので、小児も入場でき、また演奏中の食事や会話もOKとのこと。「情感豊かな音色」と「確かな技巧」で聴く者の心を捉えて離さないと言われる松田のヴァイオリン演奏を、いつもと違うリラックス空間で鑑賞できる。優れたクラシック音楽の魅力に間近で触れることのできる、これは最良のチャンスといえるだろう。

松田理奈

松田理奈

■松田理奈さんよりメッセージ
コンサートホールでもない、ライブハウスでもない、サロンでもない、でもここには自然にライブミュージックが集まる、名前の通りリビングで、ふと気付いたら音楽と共存できる素敵な空間で演奏できるのを心より楽しみにしています! 小さなお子様も是非近い場所で生の楽器の音を全身で感じていただける貴重な機会だと思います。(お食事もしながら、 そして駅から地下直結なのでおでかけしやすいはず!) リビングでお待ちしています♪

イベント情報

「LIVING ROOM CAFE (リビングルームカフェ)by eplus」“サンデー・ブランチ・クラシック”

■公式HP:http://livingroomcafe.jp/
■日時:10月18日(日)
■出演:松田理奈(ヴァイオリン)
▶第1部13:00~

予定曲目:
クライスラー:おどけた貴婦人
クライスラー:前奏曲とアレグロ
クライスラー:テンポディメヌエット
日本民謡
モンティ:チャルダッシュ
▶第2部15時~

予定曲目:
シューベルト:アヴェマリア
クライスラー:美しきロスマリン
クライスラー:踊る人形
マスネ:タイスの瞑想曲
ヴィターリ・シャコンヌ

※飲食代の他にミュージックチャージ 一人につき500円(チップ制)。
※演奏中の食事・会話可。
※小児入場可。
※当イベントの予約受付なし。
※座席の混雑状況によっては、ステージの見えづらい席に案内されたり、相席となる可能性あり。
※満席に達した後、入店できなくなる場合もあり。

★他の松田理奈出演公演
「Classic Bar ~in Blue Rose vol.3~」
会場:サントリーホール ブルーローズ(小ホール)
■期間:2015/11/18(水)~2015/11/21(土)
出演:
神吉英典(Bar Vespa銀座 オーナーバーテンダー 第1部出演 解説)
松田理奈(ヴァイオリニスト11/18、19出演)、諸田由里子(ピアニスト11/18、19出演)
福間洸太郎(ピアニスト11/20、21出演)


 
 
松田理奈 プロフィール
神奈川県横浜市出身。
3歳よりスズキ・メソードにてヴァイオリンを始める。1989年、桐朋子供のための音楽教室入室。
東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校卒業後、桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースにて研鑽を積み、2006年ドイツ・ニュルンベルク音楽大学に編入。2007年、同大学を首席にて卒業。2010年、同大学院を首席にて卒業。
日本とドイツでコンサート活動する傍ら、ニュルンベルク音楽大学にて教授アシスタントを勤めた。
1997年、第7回日本クラシック音楽コンクール全国大会小学生の部第1位。 
1998年、第52回全日本学生音楽コンクール大阪大会中学校の部第1位。
1999年、初ソロリサイタル開催。
2001年、第10回日本モーツァルト音楽コンクールヴァイオリン部門第1位(同コンクール史最年少優勝)
2002年、トッパンホールデビューコンサートシリーズにて「16才のイザイ弾き」というテーマでソロリサイタル開催。2004年、第73回日本音楽コンクール第1位。併せてレウカディア賞、鷲見賞、黒柳賞受賞。
2007年、サラサーテ国際コンクールにてディプロマ入賞。
これまでにNHK交響楽団、読売日本交響楽団、東京交響楽団、東京都交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、 札幌交響楽団、群馬交響楽団、京都市交響楽団、兵庫芸術文化センター管弦楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、広島交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、日本センチュリー交響楽団(旧大阪センチュリー交響楽団)、関西フィルハーモニー管弦楽団、大阪交響楽団、九州交響楽団、山形交響楽団、愛知セントラル交響楽団、桐朋アカデミーオーケストラ、ニュルンベルク音大オーケストラ、ヤナーチェクフィルハーモニー室内管弦楽団、ベトナム交響楽団など国内外数々のオーケストラ、指揮者と共演。
2003年秋吉台音楽アカデミー賞 
2011年第12回ホテルオークラ音楽賞
2013年第23回新日鉄住金音楽賞受賞
2004~2008年、ロームミュージックファンデーション奨学生。
これまでに、小林庸男、田中みちる、田中裕、村上直子、小栗まち絵、堀正文、元ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスターのダニエル・ゲーデの各氏に師事する。
2006年11月にビクターエンタテインメント㈱よりデビューアルバム『Dolce Lina~モーツァルト2つのヴァイオリン・ソナタ他』をリリース。2008年9月、ピアノ界の巨匠パーヴェル・ギリロフとベルリンにて録音したセカンドアルバム『CARMEN』をリリース。2008年、ドイツ・バイエルン放送にてクライスラーのバイオリン協奏曲を収録、放送された。2010年7月、紀尾井ホールにてピアニスト清水和音氏とのリサイタルをライブ収録した『Ravel/Live』をリリース。11月にはイザイの無伴奏バイオリンソナタを全曲収録した『YSA?E』をリリースし「レコード芸術」誌上にて特選盤に選ばれた。
使用楽器は個人の御厚意により貸与されているJ.B.Guadagnini "ex.Joachim"
▶公式サイト:http://linamatsuda.com/
▶公式ブログ:http://ameblo.jp/linamatsuda/​
シェア / 保存先を選択