次世代クリエイター120組が大阪に集結!『UNKNOWN ASIA』現地レポート

SPICER
大阪市中央公会堂

大阪市中央公会堂

画像を全て表示(13件)


アジア各地から次世代クリエイターが集う新感覚のアートフェア『紀陽銀行 presents UNKNOWN ASIA ART EXCHANGE OSAKA 2015 』が大阪市中央公会堂にて開催されている。

このイベントでは日本国内はもちろん中国、台湾、香港、韓国、タイなどアジア各国からクリエイター120 組が集結し、ブースを設け、作品プレゼン、展示・販売を行う。また、それだけにとどまらず、各国から訪れたレビュアー、コレクター、来場者との交流の場にもなっておりクリエイターはビジネスマッチングの機会にもなっている。

一般公開、およびレビュアー賞が発表となった初日の現地の様子をお届けする。

会場は国指定重要文化財である、大阪市中央公会堂。歴史的建造物ということで、内観も外観も会場自体とても趣があり建物の中を歩くだけでもかなり面白い。

また、会場の外には観て香りを楽しむことができるデコトラの様に改装したアートカー「金時」が常設で展示されている。「金時」では焼き芋が販売されているので、小腹が空いたときにぜひ。

大阪市中央公会堂

大阪市中央公会堂

アートカー「金時」

アートカー「金時」

 

3階がメインエリアとなっており、120組を超えるアーティストがブースを出している。各ブースにクリエイターが待ち構えているので、質問など気軽に行うことができる。海外のクリエイターの場合でも近くに通訳の方がいるので気軽にコミュニケーションをとることができる。

会場内の様子

会場内の様子

 

ここからは私自身が気になったブース、作品をいくつか紹介したいと思う。

【act_(城下浩伺・TACO)】

act_(城下浩伺・TACO)氏の作品

act_(城下浩伺・TACO)氏の作品


写真の作品は、城下浩伺氏とTACO氏の共作。それぞれ個人で描いている作品の作風は異なるため、作品が形になるまでかなり時間がかかり生み出すのが難しいのではと思っていたが、TACO氏は「ほとんど打ち合わせなしで書き出して、思い思いに書いています。城下さんが思いもよらない所にばーっと塗っちゃったりしても全然嫌じゃないんですよね。」と語った。語らずとも作品への思いなど同じ方向に向いている二人だからこそ生み出せる素晴らしい作品なのだなと話を聞いて改めて感じた。
 

【Casimir】

Casimir氏の作品

Casimir氏の作品


台湾生まれのイラストレイター。CG創作でフリーランスに活動しているとのこと。女性の美しさを鮮やかな彩色で表現することを得意とし、写真の作品「藝伎」も目を見張るほど鮮やかで美しく繊細で、かつ日本らしさを感じさせてくれる作品となっている。
 

【山下良平】

山下良平氏の作品

山下良平氏の作品


山下良平氏の作品

山下良平氏の作品


刀を振る武士であったり、髪を乱す女性であったり、跳ねる金魚であったり、山下氏の作品は「躍動」を一貫したテーマに作品やイラストレーションを制作している。「構図を考える段階でかなり時間を要するが、躍動感を大事にしており書き始めるとすぐ書けます。」と山下氏は語る。近くで作品を見てみると刀の通る軌跡の部分が立体的に浮き出ており、じっくり近くでみるとさらに躍動感を感じることができる。
山下氏の作品はイープラス賞を受賞したとのことで、今後LIVING ROOM CAFE by eplus (東京都渋谷区)店内のアート企画展示スペースにて 一定期間展示・販売を展開する予定だ。

 

【MATA design】

MATA design氏の作品

MATA design氏の作品


ジャカルタに拠点を置くアグラ・サトリア氏の作品。ブース一面、ピンクや黄色、オレンジなど鮮やかな、眩い色使いで表現されている作品たちが埋め尽くされている。少し離れて眺めても近くでじっくり1枚1枚を見てもかなり見応えのある作品となっている。
 

【チアキコハラ】

チアキコハラ氏の作品

チアキコハラ氏の作品


チアキコハラ氏の作品

チアキコハラ氏の作品


突然、ファンシーな一角が現れる。可愛い女の子や動物たちなど極彩色豊かな作品たちが並ぶチアキコハラ氏のブースには、そんな女の子の憧れに引き寄せられてか女性の姿を多く見た。アクリルガッシとボタンやレース、お菓子のパッケージなど様々な素材で描かれる彼女の作品は近くで見るとなお面白い。
 

その他、今回審査員でもある西野亮廣氏の作品も展示されている。

西野亮廣氏の作品

西野亮廣氏の作品

 

また、本日受賞者発表も行われた。様々なレビュアー賞が発表される中『UNKNOWN ASIA』のグランプリに選ばれたのは台湾のFang, Yen-Wen氏。

授賞式の様子

授賞式の様子

Fang, Yen-Wen氏の作品

Fang, Yen-Wen氏の作品

 

21歳、台湾で活動する新鋭若手写真家。授賞式の際に述べられていたが、レビューアーのほとんどが彼の作品を選んでいたということだ。今後日本でのサポートをUNKNOWN ASIAでしっかり行っていくとのこと。

今回ご紹介したのはイベント、作品のほんの一部に過ぎない。この他にもまだまだクリエイティブで素晴らしい作品がたくさん展示されている。
そしてなんとも驚きなのが入場料の安さで、1000円でまだ見たことのない新しい才能、可能性に出会うことができるのだ。

イベントは明日17時まで行われているので、大阪市中央公会堂でたくさんの才能を感じ、刺激的な1日にしてみてはいかがだろうか。

 
 
イベント情報
紀陽銀行 presents UNKNOWN ASIA ART EXCHANGE OSAKA 2015

開催日時:
2015年10月17日(土) 10:00 ~ 20:00
2015年10月18日(日) 10:00 ~ 17:00
VIP PREVIEW & RECEPTION PARTY (関係者、招待者のみ)
平成27年10月16日(金) 15:00~18:00 VIP Preview / 18:00〜20:00 Reception Party
会場:大阪市中央公会堂
入場料:2日間共通 1,000円(税込・高校生以下無料)
<<出展者はこちらからチェック!>>
 
シェア / 保存先を選択