マンウィズ×ゼブラヘッド たまアリが燃え上がった一夜を詳細レポ

SPICER+

画像を全て表示(17件)

スプリットアルバム『Out of Control』を引っさげ、10月13日に名古屋 DIAMOND HALL、16日・17日にさいたまスーパーアリーナで行われたMAN WITH A MISSIONのツアー、『Out of Control JAPAN Tour 2015』。ゲストにZebraheadを迎え、激しく華々しいオオカミとシマウマの競演が繰り広げられた3日間から、16日のさいたまスーパーアリーナ公演の模様をライブレポートでお届けする。



Zebrahead

オオカミとシマウマのガチンコ対決ーーMAN WITH A MISSION(以下、MWAM)とZebraheadの対バン公演となった『Out of Control JAPAN Tour 2015』さいたまスーパーアリーナ公演。スプリットアルバム『Out of Control』を共作するなど海を越えてリスペクトし合う両者が、その音とパフォーマンスをぶつけ合う場ということで、否応無しにステージへの期待と緊張は高まる。ステージ脇には巨大なオオカミとシマウマがファイティングポーズをとりながら鎮座し、その刻を待つ。

まず先攻はZebraheadだ。「Out of Control」のイントロに合わせてスクリーン上には格闘技のマッチング画面のような演出が映し出され、爆音とともにそれが「Zebrahead」のロゴに変わると、場内は大歓声に包まれる。

最初にエド(Ds)、次いで4人が登場し、光線が乱れ飛ぶ中「Hell Yeah!」をドロップしたZebrahead。エド(Ds)の繰り出す強烈な重低音に乗せ、マッティ(Vo,G)とダン(G)は笑顔を見せながら並んでギターを弾き、アリ(Rap)はステージ上を動き回りながらリリックを繰り出す。ベン(B)に目を向けるとスピーカーに足をかけながら、気持ちよさそうに場内を見渡している。曲の終わりにはアリが「サイタマーー!!!!」と絶叫し、場内の熱は早くも最高潮に。

幾度となく来日しているだけあって、Zebraheadは巧みに日本語も交えながら観客をノせていく。「スワッテクダサイ」「イチ、ニ、イチ、ニ、サン、JUMP!!」の掛け声には会場を揺るがすジャンプが起き、途中登場した海パン男がボトルの一気飲みした際には「ヨッパラーイ」と突っ込み、笑いが起きる。

MWAMのホームグラウンドである日本でのライブだが、彼らにとっても限りなくホームに近い環境で、新曲「Worse Than This」のスカ風のイントロが流れたときにはオーディエンスもすぐさま反応し、速効性抜群サウンドに大盛り上がりだ。中盤にはジャン・ケン・ジョニー(G)が呼び込まれ「Devil on My Shoulder」を、DJサンタモニカ(DJ)とは「So What」をコラボ。オオカミとシマウマの「対決」はひとまず友好的な滑り出しである。

後半に入るとさらにギアを上げ、「Lockjaw」のヘヴィ&キャッチーなサウンドで最高潮に達した場内に、満をじして必殺の「Playmate of the Year」を届けた5人は、放送禁止なコール&レスポンスで存分に盛り上げる。日本人に対してこんなに笑顔でFで始まる言葉を言わせられるのはZebraheadくらいじゃないだろうか。

その後、2月に日本ツアーを行うため再び戻ってくることを報告し、ラストは文字通りのアンセム、「Anthem」で締めくくり、なぜかホイットニー・ヒューストンのI Will Always Love You」(エンダーでお馴染み)が流れる中、盛大な拍手に送られ退場した。

この日さいたまスーパーアリーナに詰めかけた満員のオーディエンスは、聴く者・観る者すべてを問答無用で笑顔にし、拳を突き上げさせることのできる、Zebraheadの魅力と凄さを体感したに違いない。

 

 

MAN WITH A MISSION

MAN WITH A MISSION

MAN WITH A MISSION

インターバルを挟んだのち、ついにお待ちかねMAN WITH A MISSION(以下、MWAM)の登場! 

大歓声に迎えられた5人が最初に繰り出したのは「Emotions」! いきなりのキラーチューンに驚きと歓喜の声が上がり、それに応えるようにステージでは炎が連続して打ち上がるというド派手なスタートだ。先攻のZebraheadがさすがのパフォーマンスを見せただけに、MWAMも初っ端から飛ばす。続く「Take What U Want」では冒頭スペア・リブ(Ds)のドラミングの時点から沸き立つ場内に「暴レル準備ハ出来テルカ、コノヤロー!」とアツい檄が飛び、ジャンプが会場を揺るがす。

「ライブハウス・さいたまスーパーアリーナヘヨウコソ!」とあの名台詞を拝借した挨拶ののち、「対バンデシマウマサン達ガヤッテマイリマシタ。最高ダッタデショ」と偉大なる先輩/ライバル・Zebraheadを称えたジャン・ケン・ジョニー。彼の「全員カカッテコイッテコトダ!!」との煽りからファンキーなリフとリズムの「Get Off of My Way」、間髪入れずに「Dive」へ。疾走するスリリングなリフが最高だ。ツインボーカルをとるトーキョー・タナカ(Vo)とジャン・ケン・ジョニーはもちろん、カミカゼ・ボーイ(B)は上手下手の端までステージを駆け回り、DJサンタモニカは時折ブースから離れて走り回ったりお立ち台に登って盛り上げる。スペア・リブの一挙手一投足には「かわいい!」の声が飛ぶ。

前半戦の締めくくりは「database」。音源では10-FEETとコラボした同曲を、この日はZebraheadのアリとコラボし、デジタリックな映像と刺激的なサウンドを炸裂させて一旦ステージを後にする。

数分ののちステージには再び5匹が戻り、「Far」で後半がスタート。スペア・リブの力強いビートが牽引する「higher」から最新曲「Raise your flag」が披露されたのだが、リリース間もないこの曲もみな歌えているし、ノレている。みんなで合唱したり飛び跳ねたりできる楽曲が多いのもMWAMの魅力である。

終始全開で、タオルを振り回したり再び炎が打ち上がったメドレーに続いては、本編ラストとして「Seven Deadly Sins」が奏でられ、一斉に手拍子から両手を挙げるオーディエンスとステージ上の5人が強烈な一体感を保ったままフィニッシュした。

来春の全国ツアーの告知映像に沸いたオーディエンスによる「ヤキニク」コールに導かれて戻ったMWAMは「STELLA」から「FLY AGAIN」と繋ぐ。イントロから全力で盛り上がる場内に向けて、サビでは銀テープを噴出し、舞い落ちる銀色の光の中で一人残らず、掲げた両手を左右に振るお決まりのポーズで踊る。この多幸感はたまらない。

 

ここで再び暗転した場内だが、そういえばまだ演奏されていない曲がある。ステージにはドラムセットやアンプが追加で運び込まれていく。しばらくののち、MWAMの5匹ーーいや、11人が戻って来る。「ダブルアンコール、アリガトウゴザイマス……ソリャソウデスヨネ、ヤッテナイ曲アリマスモンネ」とジャン・ケン・ジョニー。そう、MWAMとZebraheadの全員による「Out of Control」が観られるのだ。当然会場は狂喜する。

当然ながら、生で観る両者の共演は最高だった。アリとジャン・ケン・ジョニーが高音のラップを繰り出せば、トーキョー・タナカとマッティがハモり、向かい合って低音を響かせ合うカミカゼ・ボーイとベン。ダンが、DJサンタモニカが、アリが、代わる代わるお立ち台に登り、滅多に観ることのないツインドラムが繰り出す重低音が心地よく心臓に響く。こうしてメンバーも観客もこのお祭り騒ぎを全力で楽しみ、MWAMとZebraheadの「対決」は幕を下ろしたのであった。

最初から感じてはいたけれど、観終えてあらためて感じたのは、この「対決」は勝ち負けの場ではなく、互いにリスペクトし合う両者による、MWAMを、Zebraheadを、そして音楽を愛する日本のファンへのエキシビジョン・マッチだったということ。

強いて言うなら、今回は引き分け。僕は何度だって再試合を望む。


photo by Nobuyuki Kobayashi & Daisuke Sakai text by Taiyo Kazama


 

【SET LIST】
2015..10.16 さいたまスーパーアリーナ

■Zebrahead
1. Hell Yeah!
2. Save Your Breath
3. Call your Friends
4. Worse than this
5. Devil On My Shoulder
6. Mental Health
7. Blue Light Special
8. So What
9. Lockjaw
10. Playmate of the Year
11. Anthem

■MAN WITH A MISSION
1. Emotions
2. Take What U Want
3. Get Off of My Way
4. Dive
5. WELCOME TO THE NEW WORLD
6. The Cure
7. database feat.ALI(Zebrahead)
8. Far
9. higher
10. Raise your flag
11. メドレー(DON’T LOSE YOURSELF~distance~DANCE EVERYBODY)
12. Seven Deadly Sins
[ENCORE]
13.STELLA
14. FLY AGAIN
[ENCORE2]
15.Out of Control(MAN WITH A MISSION×Zebrahead)

ツアー情報
ゼブラヘッド:Japan Tour 2016

2016年2月1日 東京・渋谷TSUTAYA O-EAST
2016年2月2日 東京・渋谷TSUTAYA O-EAST
2016年2月3日 大阪・BIG CAT
2016年2月4日 愛知・名古屋DIAMOND HALL
2016年2月6日 広島・CLUB QUATTRO


(問) クリエイティブマン 03-3499-6669

 
シェア / 保存先を選択