10月20日のLiving Liveアーティスト"venue"をご紹介

コラム
2015.10.20

Living Live Act・10月20日に出演した
venueをご紹介

伊原anikki広志(Gt),長崎真吾(Gt)

伊原anikki広志&長崎真吾 Guitar Duo
異次元Guitar Duo が1年間の制作期間をか経て10曲入りの初アルバムをリリース
個々に様々なアーティストをサポートし、活動の幅を広げつつDuoでの活動も続ける。

– 伊原anikki広志
1974年大阪市出身
Cinzano科Rosso類
フリーのギタリストとして、幅広く、ライヴ、レコーディングに参加。多様なセッションにも精力的に参加している。黒さを基盤として幅広いプレイに定評がある。現在に至るまで さだまさし、森山直太朗、近藤房之助、JUJU、MayJ、木根尚登(TM NETWORK)、ナオトインティライミ、柴咲コウ、さかいゆう、ゴスペラーズ、Kyoto Jazz Massive、ROOTSOUL 、Coma-chi、mabanua、クレモンティーヌ 等ライヴ&レコーディング等ジャンルを越えて共演。

– 長崎真吾
1978年横浜出身。
雑食。自身のバンドで歌い手としてフロントに立っていたこともあり、歌心溢れるギタリスト、コンポーザー。Spinna B-ILLのパーマネントバンドや伊原anikki広志とのギターDUO “venue” の他、独自の世界観のあるシンガー、ミュージシャンと数多く演奏を重ねる。
2013/7/30 オリジナルインストアルバム”Sun Goes Sun Down”をリリースし、ソロアーティストとしても活動中。

http://www.facebook.com/venue.otsuzano

 

 

シェア / 保存先を選択