【動画あり】『イープラス Presents STAND UP! CLASSIC FESTIVAL ’18』(スタクラフェス)制作発表記者会見レポート

動画
レポート
クラシック
2018.7.2
『イープラス Presents STAND UP! CLASSIC FESTIVAL ’18』制作発表記者会見

『イープラス Presents STAND UP! CLASSIC FESTIVAL ’18』制作発表記者会見

画像を全て表示(15件)


2018年9月23日(日)秋分の日に、『イープラス Presents STAND UP! CLASSIC FESTIVAL’18』(略称「スタクラフェス」)というクラシック音楽の野外フェスティバルが、横浜赤レンガ倉庫の特設会場にて開催される。主催は、イープラス/朝日新聞社/BSフジ。

会場には3つのステージ(HARBOR STAGE/GRASS STAGE/Sunday Brunch Classic Stage)が設けられ、午前10:30~午後8:30まで10時間にわたり、著名演奏家たちによって、クラシックのよく知られた名曲からオペラ、ミュージカルの名曲、さらにはスタジオジブリの音楽まで、多種多様なプログラムが繰り広げられる。オーディエンスは屋外で潮風を感じながら食べたり、飲んだり、時には寝そべりながら、演奏を楽しめる。もちろんここでは子供の入場も可能だ。無料ステージ含めて3万人規模という、クラシック音楽業界では異例の野外音楽フェスティバルとなる。

このフェスティバル、松下奈緒が総合司会を務め(彼女はピアニストとして出演もする)、ほかに青島広志、伊礼彼方、上野耕平、サラ・オレイン、反田恭平、DEPAPEPE、NAOTO、宮本笑里LE VELVETS(以上、50音順)ら数多くの音楽家たちが出演。若手からベテランまで業界が一丸となり、魅惑のクラシック・サウンドを届ける。

このフェスティバルの制作発表記者会見が、7月2日(月)午後、都内で開かれ、フェスに出演する反田恭平LE VELVETS宮本笑里、NAOTO、上野耕平STAND UP! ORCHESTRAらが登壇した。以下に会見の様子をレポートする。

【動画】スタクラフェス制作発表記者会見 2018.07.02


2018年9月23日(日)に横浜赤レンガ倉庫の特設会場で開催される野外クラシック音楽フェスティバル『イープラス presents STAND UP! CLASSIC FESTIVAL ’18』(略称「スタクラフェス」 )の制作発表記者会見が2018年7月2日(月)午後、東京・渋谷で開かれた。会見の会場は主催である株式会社イープラスの運営する「eplus LIVING ROOM CAFE & DINING」。

オープニング映像に続き、まずはSTAND UP! ORCHESTRAの演奏が始まった。曲目は、クラシック音楽の有名な楽曲をメドレー形式に編曲した「Hello(ハロー)」。男女合わせて10人の演奏隊がカラフルな衣装を身にまとい、チャイコフスキーの「弦楽セレナーデ」やモーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」など誰もが知っているクラシック音楽をテンポよく演奏。およそ4分の演奏で、観客を魅了した。

STAND UP! ORCHESTRA

STAND UP! ORCHESTRA

演奏後は、本日の会見に出席できなかった、女優でピアニストの松下奈緒によるビデオメッセージが紹介された。松下は「今回のフェスは野外でクラシック音楽を楽しめる、夢のような祭典。当日は、総合司会としてイベントを進行させていただくほか、素敵な皆様と一緒にピアノを演奏させていただく。会場で皆さんとお会いできるのを楽しみにしている」と語った。

本日の登壇者として、フェスに出演するLE VELVETS(ル ベルベッツ)、反田恭平宮本笑里、NAOTO、上野耕平STAND UP! ORCHESTRAが次々と紹介された。続いて、主催側を代表して株式会社イープラスの代表取締役会長・橋本行秀が挨拶。

橋本は「『クラシックには興味があるが敷居が高い』という声をよく聞くが、我々は、クラシックがこれからの成長の可能性を秘めているジャンルだと常々考えている。昨年、横浜の赤レンガ倉庫で行われていた或る音楽フェスに感激した。ここでクラシックの野外フェスができたらどんなに素晴らしいだろうと思った」と開催に至った思いを話した。

株式会社イープラス 代表取締役会長 橋本行秀

株式会社イープラス 代表取締役会長 橋本行秀

そして「企画と会場について交渉を重ね、野外で楽しむクラシック音楽フェスが実現できた。プレッシャーとともに嬉しく思っている。ぜひ、恒例でできるようなイベントにしたい」と意気込みを語った。

さらに司会者より、3つのステージでおよそ3万人規模の野外音楽フェスティバルとなる今回のフェスの概要が説明された。

続いて、各登壇者がそれぞれの思いを語った。

サクソフォン奏者の上野耕平は「今回は三つのステージに出させてもらう。一つは僕がやっている吹奏楽団『ぱんだウインドオーケストラ』。お子様やご家族の皆さんに入り口として親しんでもらえるジブリの音楽を担当する。二つ目は三浦一馬さんをはじめとする皆さんと一緒にタンゴのステージで、大人のサクソフォンの魅力を聞いていただければと思っている。もう一つは、オーケストラとの共演で、ビゼーの『カルメン』を題材にした曲のオーケストラ版を首都圏で初めて披露する。華やかで楽しいステージになると思う。いろんなステージが用意されているので、足を運んでいただき、ぜひクラシックを一緒に楽しんでいただきたい」と話した。

上野耕平

上野耕平

ヴァイオリニストのNAOTOは「普段ポップスというジャンルでバイオリンを弾いているが、クラシックというジャンルを勉強したからこそ今があると思っている。もちろん、クラシック音楽は大好きで小さい頃から弾いていたので、このような素敵な野外フェスが行われるのは、嬉しいこと。野外フェスは、皆さんそれぞれに色々な楽しみ方を持っていると思う。僕がみなさんを盛り上げて、クラシックも、ポップスも何ら変わらないんだ、音楽として楽しんでいいんだ、と思えるようにしたい。楽しい一日にできたらなと思う」と語った。

NAOTO

NAOTO

ヴァイオリニストの宮本笑里は「このようなフェスティバルに参加することが、とても楽しみ。小さい頃にヨーロッパに住んでいたが、その時に感じていたのが、誰も皆、クラシック音楽に抵抗なく、日常的に聴かれていたということ。日本ではまだクラシック音楽に堅いイメージを持たれている方が多いと実感しているが、だからこそ、このようなフェスティバルは本当に素晴らしいと思っている。小さな子供たちも遊びながら聴けるフェスティバルは贅沢だなと思う。これをきっかけに皆がクラシック音楽を大好きになってほしいと思うし、これまで知らなかったアーティストや楽曲に出会ってほしい」と述べた。

宮本笑里

宮本笑里

ピアニストの反田恭平は「今の僕があるのはオーケストラとの出会いがあったからだと思っている。ピアノ・コンチェルトも弾くので、楽しみにしていただきたい。総勢3万人ほどのお客様を収容できるとのことだが、本当に3万人来たら大きなことだと思う。新しいクラシックの時代が来るのではないか」

反田恭平

反田恭平

ヴォーカル・グループ、LE VELVETS佐賀龍彦はグループを代表して「今回のイベントは楽しさが半端ないものになりそうだと思う。僕たち自身、クラシックをポップスのフィールドに落としながら活動している。こういうフェスがずっと欲しかったので、参加させていただけることをとても楽しみにしている。クラシックは敷居が高いという声はよく聞こえてくるが、実は生活の中にもクラシックの楽曲が溶け込んでいる。クラシックは、どんな人でも受け入れられて、どんな人でも楽しめる力を持っている」と話した。そして、LE VELVETSとして意気込みを示したいとして、ベートーヴェン作曲の「歓びの歌」をグループの四人がアカペラで歌うサプライズもあった。

LE VELVETS

LE VELVETS

最後に、STAND UP! ORCHESTRA代表の柳原史佳は「私たちは結成してまもないが、クラシック音楽界を盛り上げていこうと頑張っている。今回皆さんと共演できることや、テーマ曲をまたステージで披露させていただくこともとても楽しみ。関西ではすでに公演をしたが、関東では9月23日のこのフェスが初のお披露目となる。頑張りますのでよろしくお願いします」と述べた。

柳原史佳(STAND UP! ORCHESTRA)

柳原史佳(STAND UP! ORCHESTRA)

続いて、質疑応答の一部をお伝えする。

ーー今回のフェスで楽しみにしていることや心配なことは?

上野耕平 心配していることは特にありません。楽しみにしているのは、お酒飲みながら、寝転がりながら、一番リラックスした形で音楽を聞いていただけること。家のリビングにいるかのように、あのリラックス感で、生の演奏で楽しめるのはなかなかないなと思う。むしろ僕も聞きたいぐらいです。

NAOTO 楽しみにしていることは、もちろん自分がライブをすることもありますが、こんなに素晴らしいアーティストたちが一堂に会する機会はなかなかないので、お客さんとして、色々なステージを見に行けるのは楽しみです。心配していることは、あまりないけれど、あえて言うならば海が近いので、汽笛が鳴った時にそれに負けないよう、音量に注意しないといけないと思っています(笑)。

宮本笑里 贅沢な素晴らしいアーティストの皆様がいらっしゃるので、私自身も時間があれば、聴衆の一人として、寝そべって一緒に音楽を楽しみたいと思います。少し心配なのは、もともとヴァイオリンは野外演奏に強いものはないので、今回どういった楽器を野外演奏用に使おうか、考えています。

反田恭平 個人的には青島広志さんと久しぶりにお会いできることが楽しみ。12年前お会いした時は番組の収録で、青島先生はモーツァルトの仮装をしていた。今回も同じ仮装だったら、フォトジェニックですよね(笑)。心配なのは天気ですが、自分は晴れ男なので、大丈夫だと思います。心から楽しみにしています。

LE LELVETS 佐藤隆紀 野外で歌うと気持ちいいんですよ。そしてお酒の入ったお客様はさらに盛り上がると思いますので、皆さんと一緒に口ずさんだりして、一つの空気を作ったりしていけたらなと思います。心配なのは、僕は美白なので、日焼けしないようにしっかりと対策をしたいと思います(笑)。

LE LELVETS 佐藤隆紀

LE LELVETS 佐藤隆紀

LE LELVETS 日野真一郎 これだけ多くのジャンルが集まって、いろんな音楽を聴けることが楽しみです。唯一心配していることは僕たちはビールが飲めるのかなということですが(笑)、終わった後に飲みます。

LE LELVETS 日野真一郎

LE LELVETS 日野真一郎

LE LELVETS 佐賀龍彦 心配なのはやはり天候ですが、僕たちはこれまで野外ステージに何度か立って、雨が降ったことことはありません。僕たちがいる限り、当日の天気予報は晴れなので、心配していません。今からワクワクしますが、このフェスを通じて、新しい趣味の引き出しが増える人がいたりとか、家族の人が同じものを見て聴いて楽しんでくれたりとか、付き合う前の男女が音楽を聴いて愛が芽生えたりとか、それが客席で起こればいいなと思います。

LE LELVETS 佐賀龍彦

LE LELVETS 佐賀龍彦

LE LELVETS 宮原浩暢 やはり心配しているのは天気ですが、野外で歌うと、急に晴れたりするので、僕たちがいれば大丈夫かなと思います。楽しみにしていることは、飲みながら、外の景色と風を感じながら、ゆったりと優雅な気分でクラシックを聴くことで、今までクラシックの敷居が高いなと思っていた方々が、クラシックって楽しいなって思ってもらうようになることですね。そしてお客様が笑顔を見られたら最高だなと思います。

LE LELVETS 宮原浩暢

LE LELVETS 宮原浩暢

柳原史佳 天気は心配だが、私も今まで修学旅行などで全て晴れだったので、大丈夫です。楽しみなことは、grass stageがあると聞いたのですが、個人的に芝生が好きなので、裸足になって寝転びながら、いい音楽を聴くことです。わたし自身、演奏はしますが、一人の客として色々な演奏を聴けたらいいなと思います。

柳原史佳(STAND UP! ORCHESTRA)

柳原史佳(STAND UP! ORCHESTRA)

……その他、横浜赤レンガ倉庫や横浜の印象についてや、各出演者が音楽を始めたきっかけなどが質問され、場内は大いに盛り上がった。

『イープラス Presents STAND UP! CLASSIC FESTIVAL’18』は、2018年9月23日(日)午前10:30~午後8:30に、横浜赤レンガ倉庫の特設会場で開催される。チケットはイープラス他で販売中。詳細は公式サイトにて。

また同フェスのプレイベントとして『STAND UP! CLASSIC FESTIVAL SPECIAL WEEK ~LIVING ROOM CLASSIC vol.1~』が2018年7月2日(月)~7月5日(木)の四夜連続、eplus LIVING ROOM CAFE & DININGにて開催される(各日19:30開演)。

取材・文=五月女菜穂  写真撮影=岩間辰徳

公演情報

『イープラス presents STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2018』
 
■公演日時:2018年9月23日(日・祝日)開場9:30/開演10:30/終演20:30 ※予定
■会場:横浜赤レンガ倉庫特設会場 (神奈川県)
 
■出演者(50音順):
【ソリスト】
伊藤悠貴(Vc)、伊礼彼方(Vo)、上野耕平(Sax)、金子三勇士(Pf)、北川辰彦(Bar)、小林沙羅(Sop)、小林美樹(Vn)、サラ・オレイン(Vo,Vn)、反田恭平(Pf)、髙木竜馬(Pf)、丹呉由利子(Mez)、DEPAPEPE、NAOTO(Vn)、中井亮一(Ten)、牛牛/ニュウニュウ(Pf)、藤田真央(Pf)、麻衣(Vo)、松下奈緒(Pf)、松田理奈(Vn)、三浦一馬(バンドネオン)、宮本笑里(Vn)、山本耕平(Ten)、LE VELVETS、他
【指揮】
青島広志、岩村力、横山奏
【アンサンブル】
シアター オーケストラ トーキョー、STAND UP! ORCHESTRA、ぱんだウインドオーケストラ、神奈川フィルハーモニー管弦楽団より、岩城直也(Pf,編曲)

【Sunday Brunch Classic Stage】※無料ステージ
1966カルテット、こぱんだドラムス、園田涼(Pf)、實川風(Pf)、新倉瞳(Vc)、藤原功次郎(Tb)、細川千尋ジャズトリオ、正戸里佳(Vn)、mille baisers、山田姉妹、米津真浩(Pf)

【総合司会】松下奈緒

■チケット料金:
1日券シーティング:13,800円
1日券スタンディング:9,800円
半日券(14時まで):5,500円
※シーティングエリア内は座席あり・自由席になります。シーティングエリアへのご入場は「1日券シーティング」「半日券(14時まで)」をご購入のお客様に限ります。
※半日券(14時まで)は夜まで楽しみたいけど、小さなお子様がいてお昼過ぎまでしかいられない方の為にご用意した枚数限定の特別なチケットです。開場から14時まで、シーティングエリア・スタンディングエリアの両方をご利用いただけます。それ以降はご退場をお願い致します。
※スタンディングエリアはすべてのお客様にご入場いただけます。
※雨天決行 ※4歳以上チケット必要(3歳以下は保護者1名につき1名のみ入場無料)
※ステージ内容は変更になる場合もございます。予めご了承ください。

■チケット:好評販売中
 
■関連サイト:
公式サイト:http://standupclassicfes.jp
e+(イープラス):http://eplus.jp/
株式会社イープラス:http://corp.eplus.jp/
Twitter:https://twitter.com/stacla_fes2018
Facebook:https://www.facebook.com/Stand-Up-Classic-Festival-2018-216194119151436/​

■主催:イープラス/朝日新聞社/BSフジ
■協賛:クレディセゾン/ファミリーマート/テラダ・ミュージック・スコア
■後援:神奈川県/横浜市文化観光局/tvk/FMヨコハマ
■企画制作:イープラス/Zeppライブ
■制作協力:クリエイティブマンプロダクション
■協力:日本クラシック音楽事業協会/ソニー・ミュージックエンタテインメント
■問合せ:イープラス:0570-01-2244(受付時間10時~18時・土日祝含む)

公演情報

『STAND UP! CLASSIC FESTIVAL SPECIAL WEEK ~LIVING ROOM CLASSIC vol.1~』
■会場名:eplus LIVING ROOM CAFE & DINING
■開催日時:2018年7月2日(月)~7月5日(木)開演19:30
■出演者:
7月2日(月)STAND UP! ORCHESTRA ゲスト:NAOTO(ヴァイオリン)
7月3日(火)藤田真央(ピアノ)
7月4日(水)新倉瞳(チェロ)
7月5日(木)細川千尋ジャズトリオ×三浦一馬(バンドネオン)×麻衣(ボーカル)
■チケット料金:全席指定 3,000円(税込、飲食代1フード1ドリンク別途)
■公式サイト:https://livingroomcafe.jp/events
シェア / 保存先を選択