「プリンス・オブ・ブロードウェイ」初日開幕!藤原紀香ほかがレッドカーペットに登場

SPICER
藤原紀香をエスコートして入場したハロルド・プリンス 撮影=平田貴章 

藤原紀香をエスコートして入場したハロルド・プリンス 撮影=平田貴章 

ブロードウェイのすべてが詰まったミュージカル!!

10月23日(金)、ハロルド・プリンス演出、スーザン・ストローマン振付の世界初演となるミュージカル「プリンス・オブ・ブロードウェイ」が初日を迎えた。

初日を記念して、劇場ロビーに設けられたレッドカーペットには、デーブ・スペクター夫妻、湖月わたる、花總まり、藤原紀香、そしてハロルド・プリンス、スーザン・ストローマンらクリエイティブ・スタッフが登場した。

以下、マスコミの質問に答えたゲストたちの声をお伝えしよう。

湖月わたる「朝から興奮していたが、世界初演となるハロルド・プリンス作品を見れるんだなと思うと興奮度MAXです。自分が退団後初めて出た舞台がハロルドさんの作品『DAMN YANKEES~くたばれ!ヤンキース』でした。宝塚歌劇団星組の後輩となる柚希礼音が出演することについては、「宝塚100周年の記念すべき年にトップを務め、そして退団後初の舞台が本作。後輩として誇りに思います。今日は柚希さんを応援にきました!」とガッツポーズ。
 

湖月わたる 撮影=平田貴章 

湖月わたる 撮影=平田貴章 

花總まり「世界初演の初日を観ることができることに、鳥肌が立つくらい興奮しています。ハロルド・プリンスさんの作品はミュージカルをやるものにとっては観てないものがないくらいの作品ばかりですから」とコメント。ハロルド・プリンス作品に出てみたいものはあるか?との質問については、「素敵な作品がたくさんあるのでどれでもやりたいですが、しいていうなら「エビータ」をいつかやらせていただきたい」と照れながらコメント。
 

花總まり 撮影=平田貴章 

花總まり 撮影=平田貴章 

デーブ・スペクターは「今日は東スポいるかな?」とボケながらレッドカーペットを歩き、「全然違う作品が一度に見れるのが楽しみ。僕自身は『オペラ座のガイジン』を楽しみにしている。帰りには『ANNIEン豆腐』を食べる。『ミス・サイゴン』名古屋でやったときは『味噌・サイゴン』になっていて」とデーブ流のダジャレを連発。その一方で「アメリカでは街中をハロルド・プリンスが歩いているだけで騒然となる。神様ですから。ミュージカルは歌、踊り、芝居などエンターテイメントのすべてが詰まっている。嬉しくて見ていて鳥肌がたちますね」とマジメに回答。
 

デーブ・スペクターと夫人 撮影=平田貴章 

デーブ・スペクターと夫人 撮影=平田貴章 

ハロルドにエスコートされて登場した藤原は「私にとって思い入れのある『キャバレー』のプロデューサーであるハロルドさんにお会いできて言葉になりません。ハロルドさんの歴史がつまった本作が楽しみです」藤原にもハロルド作品で出演したいものは?という質問が向けられると「全部といいたいですが、『キャバレー』以外ですとやはり『エビータ』。力強い女性ですし人を勇気づける女性ですから」

そして本公演の主役・ハロルド・プリンスは世界初演の初日について「とてもエキサイトしている。9人の素晴らしいアーティストが60年のミュージカルの歴史を表現するのをお見せしたい」と胸を張っており、振付を担当したスーザン・ストローマンは、「長い時間をかけて準備した作品です。振付の目玉は柚希礼音さんが2幕で素晴らしいバレエを踊ります」と見どころを語っていた。

ハロルド・プリンスとスーザン・ストローマン 撮影=平田貴章 

ハロルド・プリンスとスーザン・ストローマン 撮影=平田貴章 

撮影=こむらさき

撮影=こむらさき

公演情報
ワールドプレミア ミュージカル
『プリンス・オブ・ブロードウェイ


演出:ハロルド・プリンス
共同演出・振付:スーザン・ストローマン
出演(アルファベット順):ジョシュ・グリセッティ、シュラー・ヘンズリー、ラミン・カリムルー、ナンシー・オペル、ブリヨーナ・マリー・パーハム、エミリー・スキナー、マリアンド・トーレス、ケイリー・アン・ヴォーヒーズ、トニー・ヤズベック、柚希礼音/市村正親[声の出演]

【東京公演】
2015年10月23日(金) 〜 11月22日(日)
東急シアターオーブ(渋谷・ヒカリエ11階)

【大阪公演】
2015年11月28日(土) 〜 12月10日(木)
梅田芸術劇場メインホール

問い合わせ:梅田芸術劇場 【受付時間】10:00~18:00
[東京]0570-077-039
[大阪]06-6377-3800

 

シェア / 保存先を選択