Crystal Kayがミュージカル初出演、 城田優主演『ピピン』、今井清隆、霧矢大夢ら他メインキャストも発表

ニュース
舞台
2018.7.16
Crystal Kay

Crystal Kay

画像を全て表示(9件)


2019年6月、 城田優主演で上演されるブロードウェイミュージカル『ピピン』の2019年日本語版公演に、ミュージカル初挑戦となるCrystal Kayの出演が決定した。

『ピピン』は、ありきたりの人生は送りたくないと悩む若き王子・ピピンが、 自分の人生には「素晴らしい何か(Something Extraordinary)」があると信じて、 様々な体験をしながら、 人生の意味を探し求める「自分探しの旅」を、 スティーヴン・シュワルツ(『ウィキッド』『ゴッドスペル』等)作詞作曲による名曲揃いのナンバーで展開していくミュージカル。

1972年に鬼才ボブ・フォッシー(ミュージカル『シカゴ』、 映画版「キャバレー」)による演出と振付でブロードウェイで初演。 当時トニー賞5冠に輝いた、ブロードウェイミュージカルの傑作だ。2013年には息をのむほどのエキサイティングな新演出でブロードウェイに帰還し、 同年のトニー賞でミュージカル部門・最優秀リバイバル作品賞を含む4部門を受賞した。この時にトニー賞最優秀演出賞を獲得したダイアン・パウラスが2019年の日本語版公演の演出も手掛ける。 

ボブ・フォッシーのスタイルを踏襲した刺激的なダンスと、 シルク・ドゥ・ソレイユ出身のアーティストが手掛けたスリリングなサーカスアクロバットなど、 斬新な手腕が大絶賛を浴びた演出はこれまでに誰も観たことのない、 新しいミュージカルエンターテインメント。2015年に来日版で新演出版を手掛けたクリエイティブ・チームが再集結する日本版公演では、 更なるレベルのエンターテインメント作品になることだろう。

今回ミュージカル初挑戦のCrystal Kayはリーディングプレイヤーという重要な役どころを演じる。「緊張していますが、 今は楽しみでしょうがないです!実際にNYで『ピピン』を観たことがあったのですが、 シーン自体が見応えがあり、 曲の世界観も本当に素晴らしいという印象でした。 アクロバットに挑戦するだけではなく、 いつも歌っている曲とは違い、 ミュージカルの曲を歌うことは自分にとってチャレンジであり、 勉強になると思っています。 城田さん演じるピピンと共に楽しくて未知の世界に皆さんを連れていけるよう、 一生懸命頑張りたいと思っています!Hope to see you guys at the show!!」と意気込みを語った。 

Crystal Kay

Crystal Kay

また、 タイトルロールを演じる主演の城田優からはCrystal Kayに向けて「本人に直接『リーディングプレイヤーを演じてほしい』と話していたので、 引き受けてくれた時は嬉しかったです。 リーディングプレイヤーはピピンを様々な方向へと導くとても重要な役。 歌もですが、 インパクトのあるダンスもこの役の魅力の一つだと思っています。 彼女にとって、 記念すべき芸能生活20周という素敵な節目の年に、 僕と一緒に新たな挑戦、 新たな冒険に出てくれることを、 心から嬉しく思うと同時に、 とても心強く思っています。 この”未知なる世界”に、 大きな夢を抱いて、 手を取り合い、 共に歩んでいきましょう!」とのコメントが寄せられた。 城田とCrystal Kayが歌い踊る「On the Right Track 」は今から大いに楽しみである。

城田優

城田優

また今回、他のキャストも発表された。ピピンの父チャールズには今井清隆

今井清隆

今井清隆

ピピンの義母を元宝塚歌劇団月組トップスターの霧矢大夢

霧矢大夢

霧矢大夢

ピピンの運命の人となるキャサリン(屈指の名曲「Love Song」をピピンと共に歌う)に宮澤エマ

宮澤エマ

宮澤エマ

ピピンの義弟ルイスは岡田亮輔

岡田亮輔

岡田亮輔

そして、気になる、ピピンの祖母バーサ(ピピンの祖母)の役は中尾ミエ前田美波里がWキャストで出演する。

中尾ミエ

中尾ミエ

前田美波里

前田美波里

公演情報

ブロードウェイミュージカル『ピピン』
 
​東京公演 2019年6月 東急シアターオーブ(他、 地方公演あり)
※チケット情報は後日発表

 
■キャスト:
ピピン:城田優
リーディングプレイヤー:Crystal Kay 
チャールズ:今井清隆
ファストラーダ:霧矢大夢
キャサリン:宮澤エマ
ルイス:岡田亮輔
バーサ:中尾ミエ、 前田美波里(Wキャスト)
■問い合わせ キョードー東京TEL 0570-550–799
シェア / 保存先を選択