宇都宮ブリッツェンなどが参戦! 『トラックフェスティバル2018』

ニュース
スポーツ
2018.8.9
ロードレース界の実力チームが集う『トラックフェスティバル2018』

ロードレース界の実力チームが集う『トラックフェスティバル2018』

国内のロードレースチームによる競技が行われる『トラックフェスティバル2018』が8月24日(金)、栃木県宇都宮市の宇都宮競輪場で開催される。

『トラックフェスティバル2018』は、プロチームによる全く新しいトラックレース対抗戦の創設に向けたプレイベントとして開催されるもの。Jプロツアーに参戦している宇都宮ブリッツェン、那須ブラーゼン、マトリックスパワータグ、キナンサイクリング、愛三レーシング、ブリヂストンサイクリングの6チームが参戦する。

競技は「ファイブポイントゲーム」と呼ばれる方式で、1チーム5人ずつの計2チームによる対抗戦となる。各ラップで先頭通過したチームに1ポイントが加点され、5点先取したチームが次戦に進める。トラック競技ながらロードレースの要素も取り入れた、新方式のレースとなる。

一般席は無料で、VIPエリア席を4,500円(中学生以下は2,000円)で用意。レース間ミニイベントとして「ハーフタイムイベント」のほか、フード・ドリンク店舗の出店などが行われる。夏休み後半の金曜夜に、家族みんなで楽しめるイベントとなりそうだ。

近年サイクリストが目立って増えてきているが、日本のロードレース界も新たなレース創設に動くなど活発な動きを見せている。日本ロードレース界の今後を占う意味でも、注目の大会だ。

イベント情報

『トラックフェスティバル2018』

 日時:8月24日(金) 18:30予選スタート
 場所:宇都宮競輪場(栃木県)

シェア / 保存先を選択