関ジャニ∞初の海外公演が無事終了 22000人のファンが国境を超えた大合唱

ニュース
音楽
2018.9.24

関ジャニ∞初の海外公演『関ジャニ'sエイターテインメント GR8EST in Taipei』が9月22日(土)、23日(日)に、台湾・台北アリーナにて行われた。

ロビーに500名のあふれかえるほどのファンが熱烈歓迎で詰めかけた空港内には、関ジャニ∞6人の大きなパネルが貼られ、街の街灯には彼らのフラッグがたなびき、台北アリーナの巨大ビジョンではライブ映像が流れるなど歓迎ムード一色。ライブ会の向かいのファッションビルには期間限定で「関ジャニ∞ストアー」がオープンし、ちらも連日大盛況となった。

わずか数分で完売となったチケットを手に、台北アリーナに集まったファンは2日間22000人。関ジャニ∞がステージに現れると、待ちわびていた思いを爆発させるかのように、歌声をかき消すほどの大歓声が起こった。

国内で行った5大ドームツアー同様、ベストアルバム『GR8EST』を引っ提げて、台湾演用にセットリストや構成を練りなおし、今できる“グレイテスト”な海外ライブを目指した関ジャニ∞。約2時間の公演では、「無責任ヒーロー」や「LIFE~目の前の向こうへ~」、「大阪ロマネスク feat. 葉加瀬太郎」といった新旧交えた人気曲、台湾でも9月21日
にリリースされた新曲「ここに」など全25曲を披露。

ライブ中は、それぞれが現地の言葉を交えながら思いを伝えたメンバー。冒頭のあいさつで、錦戸亮が「今日は起こしいただきありがとうございます(謝謝大家今天專程前來)」と感謝を伝え、大倉忠義は「みんなに会いたかった(我想大家)」、安田章大が「好き(喜歡)」と叫んで台湾のファンを沸かせた。

また、この日のために、日本と台湾の両国で“関ジャニ∞の好きな曲”を問うアンケートを実施。上位の楽曲をたっぷり含むスペシャルメドレーでは、「イッツ マイ ソウル」「前向きスクリーム!」などで、ファンもいっしょに歌い踊って大いに盛り上がった。

アンコールで、安田のアコースティックギターにのせ、「無限大」の冒頭を北京語で歌うサプライズをすると、今度はファンたちが同曲のサビを日本語で大合唱してお返し。国境を越えたやりとりに、会場中が温かく感動的な空気に包まれた。

9月22日に全国デビュー15年目を迎えた関ジャニ∞。「いつか海外でライブを」と常々メンバーたちが口にしていた夢を、デビュー日という記念すべき日にかなえたことになる。海外公演で大きな手ごたえを得た6人は、15周年イヤーに向けて新たな一歩を踏み出した。

シェア / 保存先を選択