東京二期会、モーツァルトのオペラ『後宮からの逃走』演出家来日記者会見 オペラ・デビューを果たす大和田伸也らが登壇

動画
レポート
クラシック
舞台
2018.11.13
東京二期会『後宮からの逃走』来日記者会見より

東京二期会『後宮からの逃走』来日記者会見より

画像を全て表示(3件)

11月22日から東京二期会が、モーツァルトのオペラ『後宮からの逃走』を日生劇場で上演する。本作品は、日生劇場の開場55周年を記念したNISSAY OPERA 2018モーツァルト・シリーズの掉尾を飾る公演となる。演出はメトロポリタン歌劇場をはじめ、世界各国のオペラハウスで数々の名舞台を生み出してきた、ベルギー出身のギー・ヨーステンが務める。今回の舞台はヨーステンの新制作であり、11月22日の初日公演は日本から発信する「ワールド・プレミエ」という位置づけとなる。

11月2日、ギー・ヨーステン来日記者会見が、本公演を後援するベルギー大使館にて行われ、『後宮からの逃走』の演出のコンセプトや見どころ、意気込みを語った。

ヨーステンは、「他のモーツァルト作品と違って、ストーリーラインがとてもシンプル。若いカップルのラブ・ストーリーで、様々な対立が描かれるが、最後はハッピーエンドを迎える。しかし、シンプルだからつまらない、ということではない。ジングシュピールであり、台詞の部分もとても重要で面白い。『コジ・ファン・トゥッテ』や『フィガロの結婚』のように、“愛”がテーマ。離ればなれになった若い男女がお互いを探すラブ・ストーリーであり、そして自分探しの物語でもある。若者が大人になっていく過程にある、ミステリアスさや荒々しさなど、いろいろな要素が入っている。」と本作品の魅力を語った。

東京二期会『後宮からの逃走』来日記者会見より

東京二期会『後宮からの逃走』来日記者会見より

演出コンセプトについては、「このストーリーを舞台で表現するにあたって、伝統的な手法で表すのか、抽象的に描くか、それともわかりやすいものにするのか、“愛”をいかに表現するかを考えた。昨年、京都に行き、三種の神器の話を聞いた。三種の神器の入った箱は、誰もがその存在を知っているおり、中身も知っているが、実際に誰も見たことがない。本当に何が入っているか誰にもわからない。これは、“愛”というものに似ている。実際に“愛”を見た人はおらず、理解している人もいない。そうしたミステリアスなものをコンセプトに考えた。」という。

また、「オペラの初心者には、『魔笛』などがよいといわれているが、『後宮からの逃走』の方が最適。期待して観に来てほしい。」と、これからオペラ・デビューをする人へもメッセージを送った。

記者会見には、太守セリム役でオペラ・デビューを果たす大和田伸也、そしてコンスタンツェ役の安田麻佑子、ブロンデ役の冨平安希子も登壇した。

大和田伸也は「まさかこの歳でオペラに参加できるとは夢にも思っていなかった。演出のヨーステン氏には“ダンディ”とは何かを教えてもらっている。日生劇場は、劇団四季時代に勉強し、育った場所であり、45年ぶりに我が家に帰ってきたようで、舞台に立つのが楽しみ。」と意気込みを語った。

二期会オペラ・デビューとなる安田麻佑子は、「コンスタンツェは、自分の恋人とセリムの間で心が揺れ動いてしまう役。セリム役の大和田さんは稽古で素敵なバリトン・ヴォイスで台詞を話し、台詞がないときには子犬のような眼差しで演技をして、稽古場にいるみんなを魅了している。コンスタンツェは、セリムのこうした人間的魅力に惹かれたのではないかとストンと腑に落ち、演じるにあたってのヒントをもらえた。」と充実した稽古場の空気を伝えた。

東京二期会『後宮からの逃走』来日記者会見より

東京二期会『後宮からの逃走』来日記者会見より

冨平安希子は、「以前にドイツに留学し、ドイツ語でいかに自然に演じるか、歌えるかの基礎を徹底的に叩き込まれた。そしてバイエルン州立歌劇場での研修が自分の血となり肉となっている。今回、ヨーステン氏のような素晴らしい演出家を日本にお迎えし、ドイツ語でのプロダクションを共に作り上げることにとても意義を感じている。ヨーステン氏はドイツ語を母国語のように扱え、細やかなニュアンスや演技を根気よく指導してくれるおかげで、それぞれのキャラクターが際立ち、どんどん面白くなってきている。多岐にわたって長年第一線で活躍する大和田さんと共演できることも光栄。」と語った。

『後宮からの逃走は』2018年11月22日~25日まで、全4公演。22日のワールド・プレミエ公演は、ご来場先着120名様に「二期会オリジナルラベル ベルギービール」を、お1人様につき1本進呈するキャンペーンも実施される。演出、キャスト共に、他にはない珠玉のプロダクションをお見逃しなく。

モーツァルト『後宮からの逃走』序曲

公演情報

東京二期会オペラ劇場 NISSAY OPERA 2018 提携
『後宮からの逃走』

 
オペラ全3幕 日本語字幕付き原語(ドイツ語)上演
台本:ゴットリープ・シュテファニー
作曲:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
公演日時:11月22日(木) ~25日(日) 
上演予定時間:約 3 時間 (休憩含む)
会場:日生劇場
料金:
S 席 15,000 円 A 席 13,500 円 B 席 9,000 円 学生席 2,000 円(全席指定・税込)
※学生席は二期会チケットセンター電話のみの取扱い ※未就学児入場不可

指揮:下野竜也 演出:ギー・ヨーステン
配役:
セリム 大和田伸也(全日出演)
11月22日(木)/24日(土)
ベルモンテ 金山京介
ペドリッロ 升島唯博
コンスタンツェ 松永知史
ブロンデ 冨平安希子 
オスミン 加藤宏隆
 
11月23日(金・祝)/25日(日)
ベルモンテ 山本耕平
ペドリッロ 北嶋信也
コンスタンツェ 安田麻佑子
ブロンデ 宮地江奈
オスミン 斉木健詞
※やむを得ない事情により出演者が変更になる場合がございます。

合唱:二期会合唱団 管弦楽:東京交響楽団
 
主催:公益財団法人東京二期会
共催:日生劇場【公益財団法人ニッセイ文化振興財団】
後援:ベルギー王国大使館
2018-2019 シーズン特別協賛企業:ダイドー株式会社 日興アセットマネジメント
 
シェア / 保存先を選択