ドイツ発ロードムービー感あふれる舞台『チック』が2019年夏に再演

ニュース
舞台
2018.12.10
2017年シアタートラム『チック』舞台写真 (撮影:細野晋司)

2017年シアタートラム『チック』舞台写真 (撮影:細野晋司)


2017年夏、二人の少年のひと夏の旅とそれを取り巻く魅力的で風変わりな人々を情感豊かに描き、高い評価を受けた『チック』が2019年夏にシアタートラムで再演されることとなった。

ドイツ国内でミリオンセラーを誇るドイツ児童文学賞受賞小説「Tschick」を舞台化した『チック』は、14歳の冴えない少年マイクとロシア移民の転校生チックの2人の少年が、夏休みに無断で借りた車で旅をするというロード・ムービーさながらの物語。2011年にドイツで初演、翌シーズンではドイツ国内で最も上演された舞台作品となり、現在でもなお上演の度にチケット完売が続くなど、大成功を収めている。2016 年には同原作の映画版がドイツにて封切られ、2017年9月には日本でも公開された。

初演同様に、翻訳・演出を手掛けるのはドイツ出身の演出家小山ゆうな。2017年にはその功績が評価され、同年の読売演劇大賞 優秀演出家賞(小山ゆうな)・優秀スタッフ賞(美術・乘峯雅寛)、小田島雄志翻訳戯曲賞(小山ゆうな)を受賞した。

チックとマイクを演じるのは、柄本時生と篠山輝信。初演時にピュアでありながら“出口のない”思春期まっただ中の14歳の少年を演じ、等身大の演技で評価を得た。ドイツ版と同様に、その年齢を通りすぎてきた大人の俳優が演じることで、思春期特有の胸の痛みやピュアな感情を、様々な年齢の観客に届けられる、という意図に基づくキャスティングだった。一方、チックとマイクを取り巻く風変わりな登場人物たちには土井ケイト、大鷹明良が引き続き出演、そしてマイクの母親役には新たに那須佐代子を迎える。


 
ストーリー
マイク(篠山輝信)は 14歳、ベルリンのギムナジウムに通う8年生。アルコール依存症の母(那須佐代子)と、その母と喧嘩ばかりで家庭を顧みない父(大鷹明良)、そして気になる女の子だけでなく誰からも見向きもされない、あだ名もつけられない退屈な学校生活……“出口なし”の日常に嫌気がさしている。
ある日そんな生活に大きな風穴をあける、転校生チック(柄本時生)がやってくる。彼はロシアからの移民らしく、風変りで得体のしれない雰囲気をかもしだしている。夏休みが始まり、いつにも増して最悪な気分のマイクの元に、チックは突然車を乗りつけてきた。
― どっか連れて行こうか? 乗れよ ―
チックいわく“借りた”というオンボロなラーダ・ニーヴァ(ロシアのSUV)に乗り込み、チックのおじいさんが住んでいるというワラキア(ルーマニアの地方、またはドイツ語で「僻地」という意味)を目指し、2人だけの旅が始まる。
見知らぬ大家族の家で味わう見たことも聞いたこともないけど“めちゃめちゃ美味い”料理、ゴミ山で出会う格好は汚いけど利発な少女イザ(土井ケイト)、いきなり銃撃してきたあとに昔話をするフリッケじいさん
……旅先で出会う、一癖も二癖もある人たち。
チックとマイクは、旅の中で、これまで見えていた世界とは違う新しい景色と出会っていく。
 

公演情報

『チック』
 
■原作:ヴォルフガング・ヘルンドルフ
■上演台本:ロベルト・コアル
■翻訳・演出:小山ゆうな
■出演:柄本時生 篠山輝信 土井ケイト 那須佐代子 大鷹明良
■日程:2019年夏
■会場:シアタートラム
■公式サイト:https://setagaya-pt.jp/
シェア / 保存先を選択