第4回目の開催となる『瀬戸内国際芸術祭2019』は、春・夏・秋の3シーズンで開催

ニュース
アート
2018.12.18

瀬戸内国際芸術祭』が2019年の会期を春、夏、秋の3シーズンに分け、4月26日〜5月26日を「ふれあう春」、7月19日〜8月25日を「あつまる夏」、9月28日〜11月4日を「ひろがる秋」で瀬戸内海に浮かぶ12の島と2つの港を会場に、アートプロジェクト・イベントが開催される。

「あるものを活かし新しい価値を生み出す」という方針のもと、現代アートを通して、島の生活や文化、歴史などを浮き彫りにするもの。コンセプトには「アート・建築―地域の特徴の発見」「民俗―地域と時間」「生活―住民(島のお年寄りたち)の元気」「交流―日本全国・世界各国の人々が関わる」「世界の叡智―この地を掘り下げ、世界とつながる場所に」「未来―次代を担う若者や子どもたちへ」「縁をつくる―通年活動」といった7つのコンセプトで構成されている。

作品鑑賞パスポートは『瀬戸内国際芸術祭2019』の会期中、芸術祭の参加作品(施設)を鑑賞することが可能なチケット。すべての会期で有効な「3シーズンパスポート」と、春・夏・秋それぞれの会期のみ有効な「会期限定パスポート」を取り揃えられている。

また、フェリーでゆったりと快適な船旅を楽しみたい方には会場となる12島のうち5島を結ぶフェリーが3日間乗り放題となる券もあるので、気になる人はチェックしよう。

イベント情報

『瀬戸内国際芸術祭2019』
2019年4月26日(金)~5月26日(日)
    7月19日(金)~8月25日(日)
          9月28日(土)~11月4日(月)
会場:香川県 直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、沙弥島(春会期のみ)、本島(秋会期のみ)、高見島(秋会期のみ)、粟島(秋会期のみ)、伊吹島(秋会期のみ)、高松港周辺、岡山県 犬島、宇野港周辺
 
3シーズンパスポート
販売期間
2018年11月8日-2019年11月4日
[前売特別価格での販売期間]2018年11月8日-2019年4月25日
一般:4,800円(2019年4月25日まで)前売特別価格3,800円
16〜18歳:3,000円 当日現地販売のみ(要身分証)
15歳以下:鑑賞無料(一部作品、施設を除く)
 
1シーズンパスポート
一般:4,000円
16〜18歳:2,500円 当日現地販売のみ(要身分証)
15歳以下:鑑賞無料(一部作品、施設を除く)
シェア / 保存先を選択