NICO Touches the Walls、ギター古村大介の右手首骨折を受け城ホール延期

NICO Touches the Walls(右端が古村大介)

NICO Touches the Walls(右端が古村大介)

NICO Touches the Wallsの古村大介(G)が右手首を骨折。彼が演奏できる状態になるまで2カ月かかることを受けて、バンドは12月23日に予定されていた大阪・大阪城ホール単独公演の延期を発表した。

古村は新作の制作時にスタジオの扉に右手首を挟まれ、右第4および第5中手骨を骨折。手術を要する状態のため、メンバーおよびスタッフは協議の末に大阪城ホール公演の延期を決断した。今回の発表に際して本人のコメントも公開され、その中で古村は「今は一刻も早く手を治して、今までの何倍ものパワーと気持ち、それを伝える努力をして皆さんに全力のステージをみせる事を心に誓って日々を過ごそうと思っています」「大阪城ホールを楽しみにしてくれていたみんなには半年も先になってしまうけれど、必ず全力のステージをお約束します。どうか待っていてください」とつづっている。なお振替公演は2016年5月6日に決定。希望者には払い戻しも受け付ける。

またバンドは、12月31日に出演予定だった「COUNTDOWN JAPAN 15/16」への参加もキャンセル。11月25日に東京・下北沢CLUB251および大阪・Shangri-Laで開催されるワンマンライブは古村を除くメンバーで実施される。

古村大介 コメント

この度自分の手の怪我によって、今年いっぱいまでのステージに立つ事を諦めなくてはならなくなってしまいました。
LIVEを楽しみにしてくれていたみんな、ずっと応援してくれているみんな、常に力を尽くしてくれているスタッフ、そしてメンバー三人、本当に多くの人に心配と迷惑をかけてしまった事をお詫びします。

少しでも不安を抱えたままステージに立つ事は出来ないと思い、四人で話し合い、チームで話し合い、本当に悩んだ結果、大阪城ホールの延期、1125/2015の内容の変更、COUNTDOWN JAPAN 15/16のキャンセルをさせてもらう事にしました。
今は一刻も早く手を治して、今までの何倍ものパワーと気持ち、それを伝える努力をして皆さんに全力のステージをみせる事を心に誓って日々を過ごそうと思っています。

大阪城ホールを楽しみにしてくれていたみんなには半年も先になってしまうけれど、必ず全力のステージをお約束します。どうか待っていてください。

自分と向き合って、またみんなと向き合えるように考えていこうと思います。
どうか引き続きNICO Touches the Wallsの応援を宜しくお願いします!

光村龍哉 / 坂倉心悟 / 対馬祥太郎 コメント

僕らも残念な気持ちですが、短い期間の中で何度も4人で話し合いを重ねた結果、今まで以上に力を合わせてこの状況を4人で乗り越えていくこと以外はあり得ないという結論に至りました。

こと城ホール公演に関しては、今年のツアーでライヴ中に発表した際のあのいつまでも鳴り止まなかった歓声と拍手がやはり未だに僕らの頭の中から離れません。その気持ちに報いる万全の状態をお約束することが今の僕らのすべてです。

古村の回復を待つ間、今は3人でできることをとにかく全力でやっていこうと思います。

これからのNICO Touches the Wallsに期待していてください。

NICO Touches the Walls LIVE SPECIAL 2015“渦と渦~西の渦~”(振替公演)

2016年5月6日(金)大阪府 大阪城ホール
OPEN 17:30 / START 18:30

NICO Touches the Walls LIVE SPECIAL 2016“渦と渦~東の渦~”

2016年1月8日(金)東京都 日本武道館

NICO Touches the Walls 1125/2015 “初と初 ~東の初~”

2015年11月25日(水)東京都 下北沢CLUB251
START 12:00

NICO Touches the Walls 1125/2015 “初と初 ~西の初~”

2015年11月25日(水)大阪府 Shangri-La
START 20:00

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択