原宿の「納豆フェスタ」で秋田&茨城にプチトリップ


11月14日と15日(日)、代々木公園イベント広場にて、秋田と茨城の「納豆」をテーマにしたイベント「秋田・茨城 発酵食イベント『納豆フェスタ』」が開催中。両県の観光・文化・音楽を存分に堪能できる2日間だ。

■ 地ビールや納豆汁など「発酵食」尽くし!

秋田県は日本酒や味噌、醤油をはじめ、納豆、漬物、しょっつるなど、米や麹などを用いた「発酵技術」を利用した食品を古くから盛んに生産している。今回は、秋田が発祥の地という伝説が残る「納豆」を主役に、全国的に納豆ブランドを誇示する茨城県が共催し、発酵食を盛り上げる。

秋田名物「納豆汁」の販売や、日本酒、漬物、味噌など発酵食品のお店も多数出店し、発酵食品の魅力をあますところなく満喫できる。

わらび座(仙北市)からは日本地ビール協会主催の「ジャパン・アジア・ビアカップ 金賞 受賞」をした「アルト」をはじめ、酵母をいっさいろ過せずに作られる「田沢湖ビール」シリーズ、雄勝野きむらや(湯沢市)からは秋田名産の「いぶりがっこ」などの漬物が並ぶ。

また、バラエティ豊かなゲストも登場。11月14日(土)は秋田出身の女優・加藤夏希さんによる発酵食トークライブ「納豆と美人のおいしい関係」や、石井昭仁の和太鼓グループ“風神”(秋田)、ご当地アイドル“pramo”(秋田)と“虹のコンキスタドール”(水戸)らがステージでライブを披露する。

11月15日(日)には秋田県・佐竹知事と茨城県出身のピン芸人・佐久間一行さんが両県の納豆自慢を繰り広げる。さらに両日、「なまはげ」が来場者の厄払いをしながら練り歩くなど、秋田の伝統的な民俗行事も体験できる。

美容と健康に効く発酵食品イベントで、秋田の新たな魅力を発見してみよう。【東京ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択