舞台『オレステイア』日本初演! 4時間半出ずっぱりの生田斗真、観客のお尻を気遣う

レポート
舞台
2019.6.6

画像を全て表示(13件)

東京・新国立劇場の2018/2019シーズン演劇公演『オレステイア』がいよいよ6月6日(木)、日本初演の幕を開ける。本作は、ギリシャ悲劇を確立したアイスキュロスが生み出した「オレステス」の悲劇を中心にした『オレステイア』3部作を軸に、その他のギリシャ悲劇を盛り込みながらイギリスの作家、ロバート・アイクが再構成した意欲作だ。日本初演にあたり、若くしてその実力の高さに定評のある上村聡史が演出を務めている。
この舞台の一部が初日直前、同劇場にて公開された。

主人公オレステスを演じるのは生田斗真、そしてオレステスの長姉イピゲネイア役を趣里、次姉エレクトラ役を音月桂が務め、三人の父アガメムノン役を横田栄司、母クリュタイメストラ役を神野三鈴が演じる本作。この日公開されたのは一家のとある日の食卓の模様。イピゲネイアと、遅れて食卓に着いたエレクトラは子どもらしい無邪気な物言いで父と母を振り回し、ついには叱られる。その一方オレステスは言葉少なく家族の様子を傍観しているが、彼の右手は血の色で染まっていて……。それぞれの身にこのあとどのような事が起きるのか、シンプルに作られた食卓と椅子、そしてワインの瓶だけでは、この後の展開がまるで想像できないものとなっており、逆にそれがより続きを観たくなる要素となっていた。

舞台公開の後、囲み会見が行われ、生田ら5人が出席した。
生田は本作について「どこまでここで話していいのか分からないですが」と前置きしつつ「今の時代InstagramやYouTubeなどで、短い映像がよく観られていると思いますが、それと逆行するように本作は4時間半くらいあって(笑)。僕は舞台に出ずっぱりなんですが、僕の腰が壊れるか、お客さんのお尻が壊れるか、のガチンコ勝負になると思います」と笑いを誘った。

生田斗真

生田斗真

生田以外にも、それぞれの役の見どころについて話を振られると、趣里は「私は実年齢よりかなり下の設定を演じていますが、この舞台は二重構造になっている点が面白いところかな。何故ここでそんな事をしたんだろう、と思う事が最後にああ! と気が付くんだと思います」と言葉を選びながら期待を煽る。

趣里

趣里

音月は「普段ミュージカルなどで華やかな舞台に立つ事が多いんですが、今回は自分にとって挑戦となる作品になると思います。上村さんの変化球をいかに受け止めて皆さんに届けるかが勝負かな。壮大な愛の形が皆さんにも届く事を願っています」と力を込めていた。

音月桂

音月桂

神野は「4時間半というお芝居ですが、とても普遍的な作品。きっと皆さんの中にもこれは当てはまるなと思える事が見つかる作品だと思います。このキャストと上村さんを筆頭にこのスタッフでないと作れないんじゃないかなという自負を持っています」と微笑みを浮かべ、横田は「僕は三鈴さんと激しい夫婦喧嘩を繰り広げます。それをお楽しみに」と意味深に笑っていた。

横田栄司

横田栄司

何度も「お尻にはくれぐれも気を付けて。いいクッションを用意していますから。長めの休憩もあるのでストレッチもしていただきたい」と長時間の舞台である事を笑いながら強調する生田。「最近は身体を動かす芝居が続いていたので、会話劇は久しぶり」と語るが「かなり重たいシーンもあるが出演者皆で鼓舞しあいながら今日の初日を迎えることが出来た」と振り返ると、神野が「斗真くんがずっと皆さんと一緒に芝居を観ながらビビットに反応していた」と座長のたたずまいを誇らしげに語っていた。

また音月も稽古場の様子を思い出したかのように「重厚感のある芝居だったんですが、たまに斗真くんがクシャっと笑うのを見て『ヴィーナスの微笑み』だと思って心の癒しにしていたんです」と語る。だがそのクシャ笑いは上村からのダメ出しを受けているときに出てくる事が多いそうで「笑顔がないと大変な芝居なので」と生田本人が苦笑いを浮かべていた。

神野三鈴

神野三鈴

神野は本作の内容について「復讐の連鎖が描かれており、戦争をしたい人はその連鎖を利用している所があると思う。なぜ私たちが人を殺すのか、そして何故戦争だとそれが許されるのか、などと考えさせられますね」と述べると、生田も「この芝居を観る前と観た後で自分の考え方とか世界の見え方が変わるんじゃないか、と予想しています」と口にし、劇場で芝居を観て欲しいとアピールしていた。

(左から)横田栄司、神野三鈴、生田斗真、音月桂、趣里

(左から)横田栄司、神野三鈴、生田斗真、音月桂、趣里

取材・文・撮影=こむらさき

イベント情報

新国立劇場2018/2019シーズン演劇公演 『オレステイア』 
 
原作:アイスキュロス
作:ロバート・アイク
翻訳:平川大作
演出:上村聡史
出演:生田斗真
音月 桂、趣 里、横田栄司
下総源太朗、松永玲子、佐川和正、チョウ ヨンホ、草彅智文、髙倉直人
倉野章子、神野三鈴
 
【会場】 新国立劇場 中劇場
【公演日程】 2019年6月6日(木)~30日(日)
【料金】 S席8,640円 A席6,480円 B席3,240円 (税込)
 
【チケット申し込み・お問い合わせ】
新国立劇場ボックスオフィス TEL:03-5352-9999 (10:00~18:00)
シェア / 保存先を選択