ツィゴイネルワイゼン ヴァイオリンコンクール

SPICER

ロビー・ラカトシュ氏のミニコンサートも開催

画期的な企画や魅力的な演奏会でファンを増やし続けている名古屋の宗次ホール。演奏会の他にも宗次エンジェルヴァイオリンコンクール、弦楽四重奏コンクールなど若手奏者の活躍の場が広がる機会を多く作っているのも特徴のひとつだ。

そんな宗次ホールで新たなコンクールが行われる。その名も『ツィゴイネルワイゼンヴァイオリンコンクール』。このコンクールはスペインのヴァイオリニストであり作曲家でもあるサラサーテが作曲した『ツィゴイネルワイゼン』たった1曲を演奏するコンクールで録音審査を通過した10名が11月23日の本選で演奏を披露する。「『ツィゴイネルワイゼン』の演奏を得意としている演奏家に出場していただき、日本一のツィゴイネルワイゼン弾きを目指していただきたい」という。(宗次ホールホームページより)

審査委員長は東京交響楽団ソロ・コンサートマスターの大谷康子氏。また審査員には清水高師氏など日本を代表するヴァイオリニストが集まっている。さらに応募締め切り直前にジプシー・ヴァイオリンの大家、ロビー・ラカトシュ氏が特別審査員として審査に加わることが決まった。その上、彼のミニコンサートが開催され「ツィゴイネルワイゼン」も聴く事が出来る。なお、優勝者には賞金とオーケストラとの共演の機会をもらえるため、ヴァイオリニストにとってはチャンスの多いコンクールではないかと思われる。

すでに11月23日の本選には、12歳から25歳の若手ヴァイオリニスト10人が選ばれている。この機会にツィゴイネルワイゼンとじっくり向き合ってみてはいかがだろうか。

イベント情報
第1回宗次ホール ツィゴイネルワイゼン ヴァイオリンコンクール 本選​

■日時:2015年11月23日(月・祝) 13:00開演
■会場:宗次ホール
■コンクール出場者:
藤原 晶世
池村 理果
添田 みちる
篠原 悠那
中平 めいこ
吉本 梨乃
倉冨 亮太
新井 理穂
新山 開   
水越 菜生
■公式サイト:http://www.munetsuguhall.com/
シェア / 保存先を選択