全日本ジュニア展望、スター候補の若手スケーターが続々!


11月21日(土)に開幕した「全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会」。例年のことだが、全日本ノービス選手権Aクラスで優秀な成績を収めた選手は、全日本ジュニアへの出場が叶う。ずらりと並ぶ将来性豊かな選手たちを紹介したい。

■ 佐藤駿

Bクラスでの2年連続優勝と併せて、全日本ノービス3年連続優勝を飾った。未来のチャンピオン候補として注目を集める存在だ。「去年よりもスピードがあったと思います。来年はもっとミスを減らしたい」。昨年は、ジャンプは素晴らしかったのだが、それ以外の要素はまだまだこれから、との印象があった。それが今年、明らかに改善されている。特にスケーティングの進歩には目を見張るものがあった。「ブロック大会前、集中的に頑張って練習しました。スケーティング、ステップ、スピンなど、ジャンプ以外の部分を強化しました」という。目標とする選手は羽生結弦で、オリンピック優勝を目指しているそうだ。

■ 佐々木晴也

全日本ノービスでは、プログラムのすべてのジャンプを降り、2位入賞を果たした。「自己採点は80点。20点はステップとスピンでのレベルの取りこぼしと、スケーティングで転倒したことです」と演技を冷静に分析していた。山本草太と同じ、邦和クラブに所属しており、「先生からは山本選手のトゥループの跳び方をお手本にすると良い、と言われています」とのこと。「ハビエル・フェルナンデスが目標の選手です。サルコウがきれいで、ジャッジに対するアピールが素晴らしい。真似していきたいです」と目標も具体的に語ってくれた。

■ 壷井達也

さほどジャンプの跳べる選手という印象はなかったが、今季急成長を果たし、全日本ノービスで3位入賞。「昨年まではダブルアクセルがなかなか跳べずに苦労していましたが、今年になってから跳べるようになりました。それからトリプルもすぐに跳べるようになったんです」。愛知県岡崎市在住のため、名古屋の邦和スポーツランドまで通うのは大変なようだ。「朝練に参加するために、4時起きで通っています。練習後、岡崎まで戻って学校に行って、学校が終わってから再び名古屋に戻るんです」。山本草太にジャンプのコツを教えてもらっているそうで、良い意味で山本に滑りが似てきたように感じる。

■ 紀平梨花

全日本ノービス最終滑走の見事な演技で優勝を飾った。練習ではトリプルアクセルに挑戦するなど、素質の高さは以前から定評のある選手だが、試合ではミスが目立った。それがこの日はノーミス。「エレメンツをすべて入れて、プログラムを通して練習することを繰り返しました。練習でのノーミスの確率が上がってきたことが、試合につながったんだと思います」。特にトリプルルッツ+トリプルトゥループを決めたことは、ノービス年代ではなかなかできない快挙。「トリプルアクセル、そしてセカンドジャンプのループにも挑戦しています」とのこと。華奢な選手だが、これからどこまで伸びるのか、楽しみは尽きない。

■ 山下真湖

全日本ノービスで優勝を決めたと思われたが、最終滑走の紀平梨花に僅差でかわされた。コンビネーションジャンプの間にオーバーターンが入ってしまうミスが2度あり、結果としてそれが敗因となった。シニア選手のような軸のしっかりした、質の高いジャンプは大器の片鱗を感じさせるものだった。「いつも通りに跳んでいるだけなので、自分が上手くなったという実感はありません」というが、ダイナミックなジャンプや深くエッジを使った滑りなど、格の違いを感じさせる演技だった。ジャンプに関しては、同じクラブの宇野昌磨をお手本にしているという。間近でジャンプの踏み切りを観察しているそうだ。

■ 岩野桃亜

「点数は気にせず、自分のベストを尽くしたいと思っていました」。全日本ノービスの演技後、感極まって涙を見せた。近畿ブロックの後、以前のコーチから離れたため、この時点では正式な新コーチは決まっていなかったという。コーチなしで臨むという非常事態に「会場に入るときには不安しかありませんでした。この一年間、やってきたことが台無しになるんじゃないかと」。そんな辛い心情を吐露。“悔しさをバネに頑張るタイプ”と自分を評する彼女にとって、悔いのない試合にしてほしい。

■ 渡辺倫果

東京ブロックの折、「全日本ノービスでは優勝を狙います」と宣言していた彼女だが、その願いは叶わなかった。「大会の2週間前に交通事故に遭ったんです。バイクと衝突してしまいました」。幸い、軽傷で済んだようだが、コーチからは大事を取ってジャンプ練習の禁止を言い渡されていたそうだ。1週間前にようやくジャンプ練習を再開したそうだが、満足の行く調整ができず、涙をこらえて取材に応じる姿が痛々しかった。今回の全日本ジュニアはリベンジの舞台だ。「まずはショートプログラムを通過すること。フリーではトリプルアクセルに挑戦したい。最高の演技をして入賞することが目標です」。

【東京ウォーカー/取材・文=中村康一(Image Works)】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択