清水寺に「スター・ウォーズ」を表現した風神雷神降臨


史上空前のエンターテインメント「スター・ウォーズ」の最新作にして、その新たなる3部作の1作目「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が、いよいよ12月18日(金)に公開される。それを記念して制作された「『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』風神レイ&雷神カイロ・レン屏風」と「『覚醒』の書」が、11月30日に世界遺産の京都・清水寺でお披露目された。

2015年は、本阿弥光悦と俵屋宗達が創始し、尾形光琳・乾山兄弟によって発展した、装飾的作風を特色とする芸術様式「琳派」が誕生して400年にあたる年でもあることから、今回のコラボが実現。現代琳派の継承者である“ニッポン画家”の山本太郎さんが、琳派の代表的作品「風神雷神図屏風」へのオマージュとして「スター・ウォーズ」の世界観を表現した「『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』風神レイ&雷神カイロ・レン屏風」を描いた。

「美人画の美しさを出せるよう意識しました」と言うヒロインのレイをイメージした風神と愛らしい新ドロイドBB-8、十字型ライトセーバーを持った悪役カイロ・レンの雷神を描いた屏風は迫力満点だ。

また、その年の世相を反映した「今年の漢字」を揮毫(きごう)することでもおなじみの清水寺の森貫主による「『覚醒』の書」も公開。“覚”の字の最後のハネは「天に向かって上がるように、運気が上がるように」との念が込められ、BB-8をイメージして丸く仕上げられている。

どちらも12月8日(火)から12月15日(火)まで、清水寺 経堂にて展示(10時~16時予定)。その後は、東京・汐留の日本テレビで12月18日(金)から12月29日(火)まで開催される「スター・ウォーズの世界~フォース・フォー・ジャパン~」でも楽しめるとのことなので、ぜひ足を運んでみよう!【関西ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択