8年越しの約束を実現!AKB48、10周年祭に卒業メンバー23名も集結

レポート
2015.12.7
レジェンドファンを迎える現役メンバーと卒業メンバーたち。(c)AKS

レジェンドファンを迎える現役メンバーと卒業メンバーたち。(c)AKS

AKB48の専用劇場・AKB48劇場のオープン10周年を記念したイベント「AKB48劇場オープン10年祭」が、昨日12月6日に東京・ザ・プリンスパークタワー東京コンベンションホールにて行われた。

このイベントは、2008年に発売された「AKB48 2nd Anniversary スペシャルフォトアルバム」の購入者を対象に約8年越しで開催されたもの。フォトアルバムには今回の「オープン10周年祭」の招待券が封入されており、今年9月から10月にかけて購入者登録を行ったファン500人が「レジェンドファン」として参加した。さらに最新アルバム「0と1の間」購入者を対象とした抽選で当選した300人も「特別観覧席」へと招待された。

イベントのオープニングではこの日の出演者であるAKB48の現役メンバー21名、さらにフォトアルバム発売当時に在籍していた卒業メンバーの中から23名、合計44名がステージにスタンバイし、特別観覧席のファンとともに入場してくるレジェンドファンを迎えた。グループの初期から応援していた懐かしいファンの顔を見たメンバーが、思わず手を振ったり名前を呼んだりするシーンも見受けられた。この入場時のBGMはグループ創立時から応援していたにもかかわらず、劇場で倒れ帰らぬ人となったファンに捧げた楽曲「ライダー」。客席には彼のための席も空席で用意された。

総監督・高橋みなみは集まったファンに向け、「私たちの未来を信じてあのチケットを捨てずにいてくれて……よく捨てなかったよね!(笑)本当にすごいよ!」「みんな、年取ったね!(笑)」と呼びかけて笑いを取りつつ、「それぞれの道を歩いているメンバーですが、皆さんに応援してもらったことを一瞬も忘れたことはありません」と感謝を述べた。そして現在のAKB48を紹介する楽曲として、現役メンバーのみで「唇にBe My Baby」など4曲を披露。レジェンドファンや卒業メンバーが見守る中でのパフォーマンスについて指原莉乃は「昔からいるファンの人に観られるのは恥ずかしい!」、横山由依は「大先輩に観られるとめっちゃ緊張する」と語り、それぞれ普段とは異なる緊張感を露わにしていた。

続いては「言い訳Maybe」「フライングゲット」「ヘビーローテーション」を、シングル発売当時の選抜メンバーで披露。前田敦子や大島優子がセンターに入ってのパフォーマンスに、場内は大いに沸き返る。しかし曲が終わると大島は「水が欲しい……」、前田は「3年ぐらいブランクがあるから……」とぐったり。卒業メンバーたちがひさびさのパフォーマンスに四苦八苦する様子に、客席からは笑い声も起こった。

その後披露されたのは「AKB48運営 失敗の歴史ベスト5」と題した“黒歴史”ランキング。「サポーターズチケット導入で開演が遅れる」「1周年公演の整理券配布で200人が秋葉原爆走」「MVP制度が1日で終了」「ペナントレースに批判殺到」と、10年間で繰り広げられた失敗企画を自虐的に紹介する内容にファンは大爆笑。1位の「金魚鉢のライブ配信」が発表されたあと、司会の徳光和夫から印象に残っている失敗企画を尋ねられた大島は「私は『ばら組・ゆり組』が……」と、2006年に発表されたものの立ち消えとなったチームAおよびチームKのシャッフル企画を挙げ、ファンから「ああー!」という同意の声を浴びる。宮澤佐江も「私もです! あのときみんな泣いてたんですよ!?」と当時を振り返って声を荒げていた。

イベント後半では創生期を支えた1期生・2期生・3期生がそれぞれの代表曲を披露。1期生は記念すべき1st公演のタイトル曲「PARTYが始まるよ」をパフォーマンスするが、出演メンバーの大半が卒業済みということもあり、曲が終わるとお互いに立ち位置や振り付けについて壮絶なダメ出し合戦を繰り広げた。チームK創立時のメンバーである2期生は、代表曲「転がる石になれ」をパフォーマンス。ここでは大島が「みんなの思い出に残ってる」と挙げた、秋元才加と大堀恵による劇場でのケンカを本人主演で再現し“体育会系”と評された初期チームKの様子をうかがわせた。チームB立ち上げを担った3期生は、2009年の「リクエストアワー セットリストベスト100」で1位を獲得した「初日」をパフォーマンス。金髪になり現在はダンサーとして海外でも活動しているという松岡由紀、一児の母親になった菊地あやかなど、それぞれの現在の姿に多田愛佳は「みんなあんなに小さかったのに、こんなに立派になって」と感慨深げな表情を浮かべた。

ステージには再び全出演メンバーが登場し、「会いたかった」を熱唱。曲が終わると高橋がメンバーを代表して「現役メンバーと卒業メンバー、そしてファンの皆さんで集まれる場所を作ってもらえて幸せに思っています。これからも11年、12年、そして20周年で会える日を楽しみにしています。そのためには皆さんの応援が必要です」と、ファンへの感謝とさらなる応援を呼びかけた。ラストナンバーは「桜の花びらたち」。ここでファンとともに合唱した音源が次のアルバムに収録されることも発表され、オーディエンスを喜ばせた。

イベント終了後にはレジェンドファン500人がメンバーたちと記念撮影。さらに見送りも行われ、10年間を支えてきたファンに向けてさまざまな形でメンバーの感謝が届けられた。なお、劇場オープン10周年当日の12月8日にはAKB48劇場にて特別記念公演が行われる。

AKB48劇場オープン10年祭 出演メンバー

現役メンバー(21名)

小嶋陽菜 / 高橋みなみ / 峯岸みなみ / 小林香菜 / 梅田彩佳 / 宮澤佐江 / 多田愛佳 / 柏木由紀 / 渡辺麻友 / 北原里英 / 指原莉乃 / 横山由依 / 入山杏奈 / 加藤玲奈 / 高橋朱里 / 松井珠理奈 / 木崎ゆりあ / 山本彩 / 宮脇咲良 / 田名部生来 / 仲川遥香

1期卒業生(10名)

板野友美 / 浦野一美 / 大江朝美 / 大島麻衣 / 駒谷仁美 / 佐藤由加理 / 篠田麻里子 / 戸島花 / 成田梨紗 / 前田敦子

2期卒業生(8名)

秋元才加 / 大島優子 / 大堀恵 / 河西智美 / 佐藤夏希 / 野呂佳代 / 増田有華 / 松原夏海

3期卒業生(5名)

井上奈瑠 / 片山陽加 / 菊地あやか / 野口玲菜 / 松岡由紀

AKB48劇場オープン10年祭
2015年12月6日 ザ・プリンスパークタワー東京コンベンションホール セットリスト

01. 唇にBe My Baby(小嶋陽菜 / 高橋みなみ / 峯岸みなみ / 宮澤佐江 / 柏木由紀 / 渡辺麻友 / 北原里英 / 指原莉乃 / 横山由依 / 入山杏奈 / 加藤玲奈 / 高橋朱里 / 松井珠理奈 / 木崎ゆりあ / 山本彩 / 宮脇咲良)
02. 希望的リフレイン(同上)
03. 恋するフォーチュンクッキー(同上)
04. 大声ダイヤモンド(同上)
05. 言い訳Maybe(北原里英 / 松井珠理奈 / 小嶋陽菜 / 高橋みなみ / 峯岸みなみ / 板野友美 / 浦野一美 / 前田敦子 / 篠田麻里子 / 宮澤佐江 / 秋元才加 / 大島優子 / 河西智美 / 柏木由紀 / 渡辺麻友 / 多田愛佳)
06. フライングゲット(北原里英 / 指原莉乃 / 横山由依 / 松井珠理奈 / 小嶋陽菜 / 高橋みなみ / 峯岸みなみ / 板野友美 / 前田敦子 / 篠田麻里子 / 宮澤佐江 / 秋元才加 / 大島優子 / 河西智美 / 増田有華 / 柏木由紀 / 渡辺麻友)
07. ヘビーローテーション(北原里英 / 指原莉乃 / 松井珠理奈 / 小嶋陽菜 / 高橋みなみ / 峯岸みなみ / 板野友美 / 前田敦子 / 篠田麻里子 / 宮澤佐江 / 秋元才加 / 大島優子 / 河西智美 / 柏木由紀 / 渡辺麻友 / 仲川遥香)
08. PARTYが始まるよ(板野友美 / 浦野一美 / 大江朝美 / 大島麻衣 / 小嶋陽菜 / 駒谷仁美 / 佐藤由加理 / 篠田麻里子 / 高橋みなみ / 戸島花 / 成田梨紗 / 前田敦子 / 峯岸みなみ)
09. 転がる石になれ(秋元才加 / 梅田彩佳 / 大島優子 / 大堀恵 / 河西智美 / 小林香菜 / 佐藤夏希 / 野呂佳代 / 増田有華 / 松原夏海 / 宮澤佐江)
10. 初日(井上奈瑠 / 浦野一美 / 多田愛佳 / 柏木由紀 / 片山陽加 / 菊地あやか / 指原莉乃 / 田名部生来 / 仲川遥香 / 野口玲菜 / 松岡由紀 / 渡辺麻友)
11. 会いたかった(全員)
12. 桜の花びらたち(全員)

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択