『りんどう湖花火大会』7月23日から開催、地域に「元気」「勇気」「希望」を贈る

ニュース
イベント/レジャー
2020.7.21

画像を全て表示(12件)

那須高原のレジャー施設「那須りんどう湖レイクビュー」で『開園55周年記念りんどう湖花火大会 ~ 55キャンペーン 元気と勇気と希望を送りたい ~』と題した地域復興花火大会が開催される。当初、7月23日~25日の3日間の予定だったが、新たに8月1、2、8、9、10、15、16、22、23日の追加開催が決定した。

コロナ禍で中止や延期の花火大会が多い中、地域に「元気」「勇気」「希望」を取り戻してほしいとの想いをこめて開催する。『りんどう湖花火大会』は那須高原唯一の湖を最大限に活用した湖面に映える「水中・水上花火」、アンコールに応える「アンコール花火」等が特徴で、例年3,000発で実施している内容を、今年は5,500発に規模を拡大して実施される。

また、新型コロナウイルス感染防止に対応するため、観覧席にソーシャルディスタンスを確保する新たな取り組みも行う。

『開園55周年記念りんどう湖花火大会 ~ 55キャンペーン 元気と勇気と希望を送りたい ~』観覧チケットは現在発売中。

 

イベント情報

開園55周年記念りんどう湖花火大会 ~ 55キャンペーン 元気と勇気と希望を送りたい ~
<日 時>
2020年7月23日~25日 19:30~20:25(55分間) ※3日間連続開催
~追加開催内容~
2020年8月1,2,8,9,10,15,16,22,23日 19:30~20:25(55分間) ※9日間開催
※会場、 規模は同様
<会 場>
栃木県那須郡那須町高久丙414-2 那須りんどう湖レイクビュー
<規 模>
1日5,500発
※荒天中止
※社会情勢による中止の場合あり
◆観覧席について
(ソーシャルディスタンスを確保して観覧席を配置します)
区画観覧席は、 3m×3mのスペースに1.8m×1.8mのレジャーシート(提供)を敷いて頂き、 ご観覧頂きます。 隣のグループとの距離は、 2m以上確保できます。 又、 椅子席等も同様の取り組みを実施致します。
シェア / 保存先を選択