都内で一番乗りの“足立の花火”


7月18日(土)に、足立の夏の大祭「第37回足立の花火」が荒川河川敷で開催される。

約100年の歴史を持つ足立の花火は、東京で夏に行われる花火大会の中で最も早く開催することで知られ、夏の訪れを告げる伝統行事として長年親しまれてきた。

60分間に約1万2,000発が打ち上がる濃密さでも有名で、夜空いっぱいに迫力満点の花火が咲き誇る。

今年は、新企画として子供が描いた花火の絵を実際の花火で再現する「こどものゆめをかなえるはなび」と、一般投票で選ばれたアーティストの楽曲が大会名物の幅300mにもおよぶ巨大ナイアガラとコラボレーションする「みんなの『いいね!』で音楽花火♪」といった、2つの観客参加型の花火が登場する。

そのほか、「恋」をテーマにしたハートの型物やピンクの花火、足立区の木に指定されているサクラの名がついた「満開のしだれ桜」が「威風堂々」の曲に合わせて打ち上がるグランドフィナーレなど、魅力的なプログラムが満載だ。

会場は河川敷のため、傾斜に座ってゆっくりと鑑賞できるのもうれしいポイント。

「特に西新井側の河川敷は広いので、千住側よりもゆったりと花火を観賞することができますよ」(足立区観光交流会)

美しく、ダイナミックに共演する花火と音楽に酔いしれよう。【東京ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択