『芥川賞』『直木賞』候補作決定、本谷有希子が4度目の選出

『第154回芥川龍之介賞』および『第154回直木三十五賞』の候補作品が発表された。

『芥川賞』候補は、石田千『家へ』、上田岳弘『異郷の友人』、加藤秀行『シェア』、滝口悠生『死んでいない者』、松波太郎『ホモサピエンスの瞬間』、本谷有希子『異類婚姻譚』の6作品。本谷は4度目の候補選出、加藤は初選出となった。

『直木賞』候補は、青山文平『つまをめとらば』、梶よう子『ヨイ豊』、深緑野分『戦場のコックたち』、宮下奈都『羊と鋼の森』、柚月裕子『孤狼の血』の5作品。候補選出は青山が2度目、他の4人は初となる。

選考会は1月19日17:00から東京・築地の新喜楽で開催される。

イベント情報

『第154回芥川龍之介賞』候補作品

・石田千『家へ』(『群像』7月号)
・上田岳弘『異郷の友人』(『新潮』12月号)
・加藤秀行『シェア』(『文學界』10月号)
・滝口悠生『死んでいない者』(『文學界』12月号)
・松波太郎『ホモサピエンスの瞬間』(『文學界』10月号)
・本谷有希子『異類婚姻譚』(『群像』11月号)

イベント情報

『第154回直木三十五賞』候補作品

・青山文平『つまをめとらば』(文藝春秋)
・梶よう子『ヨイ豊』(講談社)
・深緑野分『戦場のコックたち』(東京創元社)
・宮下奈都『羊と鋼の森』(文藝春秋)
・柚月裕子『孤狼の血』(KADOKAWA)

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択