待望の国内縦断ツアーへ! 野村萬斎の『マクベス』

ニュース
2015.12.24
野村萬斎、鈴木砂羽

野村萬斎、鈴木砂羽

シェイクスピアの四大悲劇のひとつに数えられる『マクベス』。
 
世田谷パブリックシアター芸術監督・野村萬斎の構成・演出により、わずか5人の出演者で、物語は分かりやすくシンプルに、登場人物が抱える不安や葛藤といった内面は、丹念かつ丁寧に描いた萬斎版『マクベス』。

2010年の初演以来、国内外にて再演を重ねて進化・深化を繰り返してきた。2013年には日本文化の粋を結集すべく、能・狂言のミニマルな演出方法を随所に取り入れ、「和」の美しさを引き出した新たな『マクベス』として、ニューヨークとソウル、2014年にはルーマニア・シビウ演劇祭とパリにて公演を行い、各地で絶賛を博した。
 
そして、シェイクスピア没後400年となる2016年。4度目の上演となる今回は、マクベス夫人に鈴木砂羽を迎えて装い新たに甦り、北海道、中部、関西、九州と、待望の国内縦断ツアーへと旅立つ。
〈公演情報〉
『マクベス』
原作◇ウィリアム・シェイクスピア
翻訳◇河合祥一郎
構成・演出◇野村萬斎
出演◇野村萬斎 鈴木砂羽 小林桂太 高田恵篤 福士惠二
●2016/6/15~22◎世田谷パブリックシアター
チケット一般発売開始:2016年 4月16日(土)
〈お問い合わせ〉世田谷パブリックシアターチケットセンター 03-5432-1515 
 
●国内ツアー/2016年 6~7月◎
兵庫県立芸術文化センター、滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール ほか 数か所
演劇キック - 観劇予報
シェア / 保存先を選択