世界まるごとクラシック2016~笑う門には福来たる~ 青島広志さんインタビュー

SPICER
 青島広志 撮影:横山将勝

青島広志 撮影:横山将勝

 “世界一たのしく、わかりやすい”クラシックコンサート「世界まるごとクラシック」が、9回目を迎える。初回から指揮とお話を受け持つのが、テレビでもおなじみの多才な作曲家・青島広志。彼が語るコンセプトは実に明快だ。

「クラシックはお客様が主人公であって、我々音楽家は奉仕していると常々考えています。ですから、咳をしても、笑っても、話しても、お子さんが泣いても構いません。そして長い曲はやらない。皆が飽きる前に終わります。つまり『飽きるような曲はない』とお考えください」

青島広志 撮影:横山将勝

青島広志 撮影:横山将勝

 “聖年”すなわち生没年が区切りの作曲家の曲を必ず入れるのも方針のひとつ。

「2016年は、モーツァルトが生誕260年、ファリャが生誕140年で没後70年、パッヘルベルが没後310年になります。さらに邦楽の宮城道雄が没後60年。彼らの曲をまず入れます。中でも、宮城道雄の『春の海』は琴と尺八の曲なので私がオーケストラ用に編曲し、モーツァルトの作品は交響曲や序曲などをメドレー仕立てにします」

 この「モーツァルト・メドレー」は、とりわけ興味深い。

「『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』を主軸にし、間に交響曲では『ジュピター』とト短調(第40番)、序曲では『フィガロの結婚』『ドン・ジョヴァンニ』『魔笛』などを挟みます。しかも単に繋ぐのではなく、意外な付け合わせなど面白い作り方をしますし、当時使われていなかった楽器も入れます。これは初めての試みです」

青島広志 撮影:横山将勝

青島広志 撮影:横山将勝

 さらに見どころは目白押しだ。

「スペイン物も初めて取り上げます。ファリャの『火祭りの踊り』とフランスの曲ですがスペイン物でもある『カルメン』。これはお客様が鼻歌を歌えるような曲ですから、ぜひ入れたいなと。また『スター・ウォーズ』が戻ってきたので、派手な『メイン・タイトル』を第2部の冒頭に演奏し、アメリカ関連で『サウンド・オブ・ミュージック』やルロイ・アンダーソンの曲も取り上げます。あと、ショパンの曲をほとんどやっていないので、ワルツの中で最も大きな『華麗なる大円舞曲』を、私が以前編曲した楽譜で演奏します。ベテランの方も普通の音楽会でこれほど様々な曲を聴くことはないと思いますよ」

青島広志 撮影:横山将勝

青島広志 撮影:横山将勝

 コンサートの進行もアイディアに富んでいる。

「曲間には必ず私が話をして、その作曲家の面白いエピソードなどを紹介します。そしてお客さんに『ドレミの歌』を歌ってもらうことや、『カルメン』の『ハバネラ』に合わせてステップを踏んでもらうことも考えています。また舞台脇のスクリーンに演奏者のアップや私が得意とするイラスト─作曲者の顔など─を映し、照明も工夫しますので、絶対に飽きない音楽会になります。なお今回から私の絵の入ったマグカップなどのグッズも販売します」

青島広志 撮影:横山将勝

青島広志 撮影:横山将勝

 演奏の「シアター オーケストラ トーキョー」も初回から貢献している。

「私と非常に仲の良いオーケストラです。熊川哲也さんのKバレエの伴奏のためにできた楽団なので、元々踊りの曲は得意なのですが、回を重ねる内にそれ以外の曲も上手くなり、私も彼らから舞曲を学んでいます。特徴は奏者同士とても仲がいいこと。古参が若手に上手く指導してもいます。それに他と違ってソロでは立って演奏してくれます」

 これまでの聴衆の反応も上々だという。

「手応えは非常にあります。初心者の方はどこで拍手していいのかわからない。でもすぐにやっていいんですよと言うと、本当にちゃんと拍手される。こういうのが原点だと思います。また私は開場すると平服で客席にいて、聴衆の年齢層などを観察し、演奏のテンポや話す内容を決めています」

青島広志 撮影:横山将勝

青島広志 撮影:横山将勝

 前回から東京以外に大阪と名古屋公演が始まり、今回は札幌と広島も加わる。

「色々な場所でできるのは嬉しいですね。お客さんにも地域差があって、大阪の人はバイタリティがあり、名古屋の人は全般に慎重です。広島交響楽団と古い付き合いのある広島は、故郷に帰るような気持ち。札幌も札幌交響楽団で長く仕事をしていますし、お客さんの質が非常に高いので、これまた楽しみです」

 クラシックコンサートの常識にとらわれない本公演に、こぞって足を運びたい。
 

青島広志 撮影:横山将勝

青島広志 撮影:横山将勝

(取材・文:柴田克彦
 

公演情報
世界まるごとクラシック 2016​ 笑う門には福来たる

 日時:16/1/11(月・祝) 東京国際フォーラム ホールA (東京都)
    16/2/11(木・祝) フェスティバルホール (大阪府)
    16/2/13(土) 愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
    16/3/16(水) ニトリ文化ホール(さっぽろ芸術文化の館) (北海道)
    16/3/23(水) 広島国際会議場 フェニックスホール (広島県)

 出演者:青島広志(指揮/お話)
     シアター オーケストラ トーキョー(管弦楽)

 曲目・演目:喜歌劇「軽騎兵」より序曲(スッペ)
      「華麗なる大円舞曲」(ショパン/青島広志編曲)
      「春の海」(宮城道雄/青島広志編曲)
       まるごと版「モーツァルト・メドレー」(モーツァルト/青島広志編曲)
       バレエ組曲「恋は魔術師」より“火祭りの踊り”(ファリャ)
       映画「スター・ウォーズ」より“メイン・タイトル”(J.ウイリアムズ)
      「タイプライター」(ルロイ・アンダーソン)
      「カノン」(パッヘルベル)
      「サウンド・オブ・ミュージック」より“ドレミの歌”(R.ロジャース)
       歌劇「カルメン」より“前奏曲~アラゴネーズ~ハバネラ~ジプシーの踊り”(ビゼー)

 公式サイト:http://www.sekai-marugoto.com/about.html

 

 

シェア / 保存先を選択