[韓国MUSICAL]『レベッカ』新ダンヴァ―ス夫人役に『ジーザス・クライスト・スーパースター』チャン・ウナ抜擢

ニュース
2015.12.23
ダンヴァ―ス夫人役に出演が決まったチャン・ウナ

ダンヴァ―ス夫人役に出演が決まったチャン・ウナ

1月6日に開幕するミュージカル『レベッカ』のソウル公演より、新たなダンヴァ―ス夫人役としてチャン・ウナの出演が発表された。

今回の再演で同役を演じる予定だった、ロックバンド紫雨林(ジャウリム)のボーカル、キム・ユナが声帯疾患により降板し、その空席を埋めるキャストに注目が集まっていた。

EMKの制作陣が『ジーザス・クライスト・スーパースター』『西便制(ソピョンジェ)』などを通してカリスマ性溢れる演技力と、高い歌唱力を披露していた彼女にオーディションを提案。チャン・ウナはわずか1日で、ダンヴァ―ス夫人のメインナンバーとなる「レベッカ」を完全に消化したオーディション映像を送ったという。その映像を見た制作陣は満場一致で彼女を新しいダンヴァ―ス夫人役に決定することになった。

韓国Mnetのサバイバルオーディション番組「ボイスコリア」のシーズン1に出演し、優れた歌唱力を知らしめたチャン・ウナは、その後ハ・ジョンウ主演の大ヒット映画『国家代表』のOSTに参加したほか、バンドW & JAS(ダブルアンドジャス)のボーカルとしても活動している。
ミュージカルでは今年『ジーザス・クライスト・スーパースター』のマリア役で注目されたほか、現在出演中の『マーダーバラッド』ではパワフルなロックボーカルを披露している。

チャン・ウナは「ダンヴァ―ス夫人はミュージカル女優なら誰もが演じたい役です。しかし誰でも消化できる役ではないので、この機会をいただいたことで、最善を尽くして観客の皆さんの期待に応えられるよう、稽古に励みます」と抱負を語っている。

チャン・ウナの合流により、ソウル公演に新風を吹き込む活躍が期待される『レベッカ』は3月6日まで、芸術の殿堂 オペラ劇場で上演される。


2016rebeccaposter
【公演情報】

ミュージカル『レベッカ』(레베카)
■ソウル公演:2016年1月6日~3月6日 芸術の殿堂オペラ劇場

<出演>
●マキシム・ド・ウインター役:リュ・ジョンハン、ミン・ヨンギ、オム・ギジュン、ソン・チャンウィ
●私役:キム・ボギョン、ソン・サンウン
●ダンヴァ―ス夫人役:シン・ヨンスク、チャ・ジヨン、チャン・ウナ
●ジャック・ファヴェル役:チェ・ミンチョル、イ・シフ
●ヴァン・ホッパー夫人役:キム・ヒウォン、ハン・ジヨン
●ベアトリス役:イ・ジョンファ
●ジャイルズ役:チョン・スハン
●フランク・クロウリ―役:ユン・ソニョン
●ベン役:キム・スンテク
●コロネル・ジュリアン大佐役:イ・ジュンムン、ホ・ジョンギュ

写真提供:EMKミュージカルカンパニー ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

 
韓劇.com
シェア / 保存先を選択