<2015年末回顧>こむらさきの「演劇」ベスト5

SPICER
WOWOW放送予定、劇団☆新感線「五右衛門vs轟天」舞台写真より

WOWOW放送予定、劇団☆新感線「五右衛門vs轟天」舞台写真より

1位 劇団☆新感線「五右衛門vs轟天」(7/19-9/3 赤坂ACTシアター)
2位 歌舞伎NEXT「阿弖流為」(7/5~7/27 新橋演舞場)
3位 KERA・MAP#006「グッドバイ」(9/12~9/27 世田谷パブリックシアター)
4位 残酷歌劇「ライチ☆光クラブ」(12/18~12/27 AiiA 2.5 Theater Tokyo)
5位 ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー‼」(11/14~11/23 AiiA 2.5 Theater Tokyo)

2015年は私の演劇心に火をつけた名作・名キャラが復活!2位は同率1位でもいいくらいだが、前作の田村麻呂様が贔屓すぎるので(笑)僅差でこの結果に。

1位。五右衛門が(説明セリフだけじゃなく)もっと動いてくれる作品を…と思っていたところに、大変態・轟天の大復活。そうそうこれが観たかったんだよ。(でもその実、一番動いてたのは高田聖子姐だったというオチもあり)
あの頃無茶ばかりしていた新感線の劇団員が四十路どころか五十路を迎え、いち観客としても「長生きしてよかった」と感無量。本当にみなさん身体気を付けつつ、まだまだ、まーだまだ頑張っていただきたく。

2位。結局新感線つながりかよ!と自分に突っ込んでみたりもするが、いやいやこれは作品が本当に素晴らしい。何度再演してもいい、子々孫々につないでいきたい名作だと思う。次の世代で阿弖流為と田村麻呂ができる人を探すのは相当骨が折れそうだが、「逸材いたー!」ってタイミングでまた再演してほしい。

3位。KERAさんがこんなに楽しくスッキリ笑える(失礼)舞台を作ってくれるとは想像しておらず、どハマリした一作。なかでも小池栄子は素晴らしいコメディエンヌだなとしみじみ。何気に仲村トオルもいい喜劇役者。

4,5位にはいわゆる2.5次元ジャンルの2作だが、この2作はこれぞ演劇といった完成度。原作を知らなくても迫力になぎ倒される。ホン・役者・演出など、ちゃんとできる人たちでちゃんと作るとしっかり結果を出せるものだと実感。なかでも中村倫也のマルチぶりに改めて驚く。どこまで進化するのか。今後も注目したい一人。

シェア / 保存先を選択