アンディ・ウォーホルの足跡を辿る 『アンディ・ウォーホル・キョウト』展の連動企画を実施

ニュース
アート
2022.8.12
『アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO』連動企画「ウォーホル・ウォーキング」

『アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO』連動企画「ウォーホル・ウォーキング」

2022年9月17日(土)より、京都市京セラ美術館 新館「東山キューブ」にて開催される『アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO』展。本展の連動企画「ウォーホル・ウォーキング」の実施が決定した。

「ウォーホル・ウォーキング」は、ウォーホルが生前(1956年と1974年)京都を訪れた際の足跡を辿りながら、京都の街を歩いて楽しむ体験型イベント。ウォーホルは滞在中、京都の街を精力的に巡り、三十三間堂や清水寺などの神社仏閣、市井の人々の生活を目の当たりにし、数多くのスケッチを残した。京都の伝統文化や街並みは若きウォーホルに刺激を与え、後の着想に大きな影響を及ぼしたといわれている。『アンディ・ウォーホル・キョウト』展の入場購入者に提供される、美術館内と京都市内で使用可能な屋内・屋外兼用のオーディオガイドを活用するとより楽しむことができる。

その他展覧会の関連イベントやサテライト企画との連動も予定しており、詳細は『アンディ・ウォーホル・キョウト』公式ホームページにて8月下旬頃から随時公表予定。なお、本企画は京都市との連動企画であり、<文化庁移転記念事業>の一環として実施される。

展覧会情報

アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO
(文化庁移転記念 京都市公式展覧会)
会期:2022年9月17日(土)~ 2023年2月12日(日)
会場:京都市京セラ美術館 新館「東山キューブ」(京都市左京区岡崎円勝寺町124)
開館時間:10:00~18:00 (入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(但し祝日の場合は開館)、12月28日~1月2日
主催:京都市、アンディ・ウォーホル美術館、ソニー・ミュージックエンタテインメント、MBSテレビ、産経新聞社、京都新聞、WOWOW、FM802/FM COCOLO
特別協賛/技術協力:ソニーグループ株式会社
協賛:DNP大日本印刷、マツシマホールディングス、アクセンチュア、イープラス
協力:文化庁 地域文化創生本部、三井住友海上
技術協力:京セラ
後援:米国大使館、京都府
HOTEL Partner:ギャリア・二条城 京都 by バンヤンツリー・グループ
企画制作:イムラアートギャラリー、ソニー・ミュージックエンタテインメント
公式HP:https://www.andywarholkyoto.jp/

情報】※金額は税込
●イープラス限定          
・早割先行ペア(6月1日(水)~7月14日(木))
早割先行ペア 3,000円
・グッズ付き(7月15日(金)~9月16日(金))
公式図録付き 4,330円
公式トートバッグ付き 4,220円
BE@RBRICK ANDY WARHOL "Cow Wallpaper" 100% & 400%付き 19,400円
●一般
※京都市京セラ美術館オンライン、イープラス、ローソン、セブンぴあ、CNプレイガイド、楽天その他にて販売予定
・前売券(8月17日(水)~9月16日(金))
土日祝一般 2,000円
平日一般 1,800円
大学・高校生 1,200円
中学・小学生 600円
・当日券(9月17日(土)~)
土日祝一般 2,200円
平日一般 2,000円
大学・高校生 1,400円
中学・小学生 800円
シェア / 保存先を選択