ガガVSレオ炎上!ガガの婚約者はレオに謝罪を要求?

ニュース
2016.1.13

現地時間の10日に開催された第73回ゴールデン・グローブ賞授賞式(以下GG賞)で起きた、レディー・ガガとレオナルド・ディカプリオの確執騒動がネットで炎上を起こしている。そしてその騒動に、ガガのフィアンセであるテイラー・キニーも黙ってはいなかったようだ。

この日ガガは、初主演にして初ノミネートされた人気テレビシ リーズ「アメリカン・ホラー・ストーリー」のシーズン5「American Horror Story:Hotel」で、ミニシリーズ&テレビムービー部門の女優賞を初受賞するという快挙を成し遂げた。しかしレオは、ガガの名前が呼ばれて登壇するまでの間に誰かと笑談。ガガはレオの座っている席の後ろを通って登壇したが、通り過ぎる際にレオの左肘を右手で払ってのけ、レオを驚かせた。レオがその後、横目でガガの背中を見ながら見せたなんとも言えない表情が面白かったが、どうやら騒動はフィアンセを巻き込む事態にまで及んだらしい。

「テイラーは、未来の妻を笑いものにする人間は例え大スターでも許せなかったんです。ガガの今までの苦労が実って、彼女が輝くことのできる最高の瞬間だったからです。キニーは、その日の夜に行われたFox/Huluのアフターパーティでレオに近づき、ケンカ腰ではありませんでしたが、レオに謝罪をするように話したそうです。レオの態度は、明らかに失礼な行為であり、プロフェッショナル精神に欠けると感じたからです」と関係者がRadaronlineに語っている。

しかしガガの関係者は、「あれはレオだけが悪いわけではありませんし、ガガは意図的にレオにぶつかってしっかり仕返しをした」と語ったという。

またナショナル・エンクワイラー紙によれば、「やはりガガはレオに侮辱されたと感じたようですね。映画とテレビ女優とは雲泥の格差がありますが、昨今では、ヘレン・ミレンなどの大女優もテレビ映画に出たり、映画では興行成績が稼げないかつての映画女優たちがたくさんテレビで活躍しています。キルスティン・ダンストやフェリシティ・ハフマンなどベテラン女優が並ぶ中で、どうやらレオは、授賞式の前にも、ガガはノミネートされるに値しないと話していたようなんです。それはガガにもわかるほどあからさまなものでした。その時ガガは完全に無視していたようですが、名前を呼ばれた際に、レオが遠くの人にも聞こえるくらい大きな声で笑っていたんです」

「ガガは、人生最高の瞬間を彼に台無しにされるのはごめんだと思い、彼を黙らせたかったんです。レオも普通の俳優であれば、受賞者の座っている位置を見て登壇するまで拍手を送っていたはずですから。それでガガは、あえてああいう行為に出たようで、ある意味仕返しができたので、謝罪には及ばないと考えているようです」と関係者が語っている。

一方、ネットでは「仕返ししたいなら、背後から」といったキャッチフレーズで、ふたりの関係をパロッた画像やコラ画などが横行しており、GG賞最大の話題となっている。【NY在住/JUNKO】
 

MovieWalker
シェア / 保存先を選択