笹久保 伸(ギター) 「道行く人よ、道はない 〜高橋悠治ギター作品集CD発売記念リサイタル」

ニュース
2015.7.21

ギターで邂逅する作曲者と奏者のベクトル

 先だってコジマ録音からリリースされた『道行く人よ、道はない 高橋悠治ギター作品集』(ALCD-104)は、“闘う作曲家”高橋悠治のギター作品を初期から集めたものだ。数理的思考から音楽による社会的アンガージュマンを経て、枯淡の境地を思わせる最近作まで、その歩みが伝わってくる一枚だが、ここで鮮やかな演奏を聴かせる笹久保伸も、ユニークな経歴の持ち主。クラシック・ギターを学んだ後、ペルー・アンデス音楽の精神を現地で身に付けた。帰国後は故郷・秩父を拠点に「秩父前衛派」を名乗って、活動をアート、映画などにも広げている。自然の息吹を歌へと変えつつ、現代日本社会に鋭い問いを発する、いまどき珍しい気骨の人だ。高橋作品の解釈者として実にふさわしい。

 その笹久保が7月末に東京オペラシティにある近江楽堂でCD発売記念リサイタルを開く。プログラムは高橋の作品をメインにしつつ、笹久保のもう一つの柱である南米のギター音楽も配されている。“プリペアドギター”による笹久保の自作も面白そうだ。

文:江藤光紀
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年8月号から)

公演情報
笹久保 伸(ギター)

日時:7/26(日)19:00
会場:東京オペラシティ3F 近江楽堂
問合せ:秩父ギター教室080-5080-7399
 
WEBぶらあぼ
シェア / 保存先を選択