テラスで写経体験!毎年恒例「高野山カフェ」を限定開催

ニュース
2015.7.19


南海電鉄と高野山真言宗総本山金剛峯寺は、都心で気軽に世界遺産・高野山への旅の楽しみを感じられるイベント「高野山カフェ in 丸の内ハウス2015」を、8 月28 日(金)から9月6日(日)まで期間限定で開催する。

同イベントは、和歌山県にある高野山への観光誘致を目的とし、今年で9年目を迎える。東京・丸の内で開催される恒例イベントとしてすっかり定着した。

開催場所となる新丸ビル7階にある丸の内ハウスは、“街のゲストハウス”として9つのレストランから成る施設だ。7階のフロア全体を1つのラウンジに見立てて、さまざまな情報発信を行っている。

今回は精進料理に欠かせない、重要な栄養素である豆をテーマ食材として、9店舗のレストランが、オリジナルの精進料理やスイーツなど、全39品を提供する。

爽やかなトマトの酸味が特長の「四種豆とフレッシュトマトのカッペリーニ」(1200円)、ワンプレートに5種類の豆が入った「豆 五法御膳」(1800円・写真)などが登場する。

また、一度に4種類の豆が楽しめる「四種の豆の抹茶かき氷」(900円・写真)や高野山名産の胡麻豆腐を使ったかき氷など、夏ならではのひんやりスイーツ、「米粉豆乳パンケーキ」(1000円)など、全11種類の“精進スイーツ”も用意。

高野山は、弘法大師空海が真言宗の修行の道場として定めてから1200年となる今年は、より高野山の雰囲気を五感で楽しむコンテンツが実現する。

普段、話をする機会のないお坊さんと気軽に交流ができる「高野山ライブトークイベント」が毎日20:00から9月5日(土)までの連日、開催される(約50分。約20名)。

また、高野山開創1200年を記念したトークショーも連日、開催。高野山への旅がより充実する楽しみ方を伝授してもらえる。

さらに、昨年約1200人が体験し、大人気の「青空写経」を今年も開催。僧侶から心得や写経の仕方の指導が受けられる。今回は、開催場所を屋外テラスに移し、より開放的な空間で写経体験ができる。期間中、毎日11:00から17:00ころまで実施(約10席・先着順で実施。天候によって中止の場合あり)。

これらのイベントは、いずれも無料で予約不要だ。ほかにもお経に旋律をつけて唱える仏教音楽、声明(しょうみょう)を披露する「トワイライト声明ライブ」(約30分)や、高野山の絶景写真の展示、高野山への旅行時に使えるお得なクーポンブックのプレゼント(先着3000名)も行われる。公式サイト、公式フェイスブックをチェックして、ぜひ出掛けてみてほしい。【東京ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択