宮崎秋人&松田凌&北村諒の音楽ユニットが誕生 楽曲プロデュースにヒャダイン

ニュース
2016.2.15

アニメや漫画を舞台化した“2.5次元作品”を中心に活躍の幅を広げている若手俳優・宮崎秋人&松田凌&北村諒による音楽ユニットが誕生。サウンドプロデュースは、ヒャダインこと前山田健一が手掛ける。

彼らの楽曲“キボウノヒカリ”は、テレビ東京系で、毎週日曜17:30から好評放送中のアニメ「遊☆戯☆王ARC-V(アーク・ファイブ)」の新主題歌に決定。4月から放送される新たなオープニングを彩ることになる。

ファンは今後公開される情報をチェックしておこう。

■宮崎秋人
(“キボウノヒカリ”は)サビがキャッチ−ですごく覚えやすいですね。ファンの方はわれわれ3人が歌うということに衝撃が走ると思いますが(笑)、「遊☆戯☆王ARC-V」を観ている人達が何年経っても口ずさめるように、記憶に残ればと思っています。

■松田凌
この楽曲をヒャダインさんからいただいた時に、夢がある歌だなと思いました。新しいスタートが切れたような、人生の新たな幕開けになる曲です。小さいころに見ていた「遊☆戯☆王 デュエルモンスターズ」の曲を僕が今でも覚えているように、月日が経ってもこの曲を聴いた人が覚えていてくれたらなと思います。

■北村諒
テンポがよく、明るくて聴きやすくて前向きになれます。自分たちが笑顔になれたように、聴いている人たちも笑顔になってもらえるような曲だと思います。お楽しみは、これからだ!

■ヒャダイン(前山田健一)
3人のめくるめくボーカルと激しいけど前向きなサウンド、荒廃した世界から光を求め立ち上がる、今回の「遊☆戯☆王ARC-V」の世界観を一曲に詰め込みました! 男前ボーカル3人が生命力に満ち満ちた歌声で表現してくれています!

演劇・ミュージカルのポータルサイト シアターガイド
シェア / 保存先を選択