三代目JSB岩田剛典、初日舞台挨拶で天然っぷりが炸裂!

ニュース
2016.2.13


三代目 J Soul Brothersの姿を追った初のドキュメンタリー映画『Born in the EXILE 〜三代目 J Soul Brothersの奇跡〜』(公開中)の初日舞台挨拶が、2月12日、ユナイテッド・シネマ豊洲にて開催。NAOTO、小林直己、ELLY、山下健二郎、岩田剛典、今市隆二、登坂広臣ら三代目 J Soul Brothersのフルメンバーのほか、保母浩章監督が登壇した。

撮影について聞かれた岩田は、「えーと、くぼ…すいません!保母(ほぼ)監督です!」と監督の名前を間違えるなど、早速ド天然っぷりを披露!メンバーからイジられると思わず立ち上がって監督に弁明。その可愛らしい焦り方にファンからは笑いが!

三代目JSBのボーカルである登坂広臣と今市隆二の2人が共作で作詞したという新曲の制作の模様が収められた本作。全国のファンへのメッセージを求められると、登坂は「沢山の方に向けた曲になっていると思います。ファンのみんなに対して届ける曲でもあり、EXILEメンバーのみんなに向けた曲でもあり、過去の自分たちに向けての曲でもあり、これから進んでいく未来への決意を込めた曲でもあります。沢山の思いを込めた曲です。聴いて下さる方々の歌になってくれればと思います」と語った。

また、当日は舞台挨拶の会場以外にも、全国135館、約4万人に向けた同時中継が行われるなど大盛況!中継カメラに向かって手を振るなど、会場内のファンだけでなく、中継先の全国のファンを大いに楽しませた三代目JSBのメンバーたち。役者業など個々の活動でも注目を集める彼らだけに、この機会に、スクリーンでメンバー全員の素顔を堪能してみては?【取材・文/トライワークス】
 

MovieWalker
シェア / 保存先を選択