待望の再演! ミュージカル『ブラック メリーポピンズ』公式サイトがオープン!

ニュース
舞台
2016.2.15

2012年韓国ソウルの大学路(テハンノ)で誕生し、心理スリラーという新たなジャンルを打ち立てたミュージカル『ブラック メリーポピンズ』。2014年には日本で初演され、大きな話題を呼んだこの作品が、中川翔子をヒロイン役に迎えて、2016年5月、再演される。
 
物語は1920年代のヨーロッパが舞台。著名な心理学者・シュワルツ博士の豪邸で火事が起こり、博士は死亡。助け出された4人の子供たちと、業火の中子供たちを命がけで助け出した養育係メリー。彼らの封印された過去が解き明かされ衝撃の真実が展開される、心理スリラーサスペンス。
 
不安や心の揺らぎをリアルに描き出す魅惑的なメロディー、息をもつかせぬストーリー展開など、独特な陰影と美意識を持つ世界観を生み出し、韓国では”ブラックメリーポピンズシンドローム”を巻き起こした。このミュージカルの作者であるソ・ユンミは、脚本、音楽、演出、ステージングまでをこなすマルチな才能の持ち主。本作は小劇場オリジナルミュージカルでありながら、『ウィキッド』『ラ・マンチャの男』 『シカゴ』などの大型ミュージカルと肩を並べ、その年の韓国の公演ランキングトップ10に入る人気作となり、その後も幾度も再演を重ね、熱狂的なファンを多く獲得した。
 
日本初演は2014年、演出の鈴木裕美率いる日本人スタッフ、キャストにより、日本の観客に合わせる形でブラッシュアップされ、チケットは完売。「2014年ミュージカル・ベスト10」の第9位を獲得、第22回読売演劇大賞最優秀スタッフ賞受賞(美術・二村周作)対象作品になるなど、各所で高い評価を得た。

2014年の日本初演の舞台より  撮影/難波亮

2014年の日本初演の舞台より  撮影/難波亮

再演に際して、ヒロインのアンナ役には新しく中川翔子がキャスティングされた。毎年コンスタントにライブツアーを開催し、日本武道館公演を敢行、また今年は、人生初となるディナーショーを開催する等、歌手として揺るぎない実績を積んで来た中川が、満を持して初舞台を踏む。複雑な過去を持つアンナの揺れ動く心を、中川がどのように演ずるのか期待が高まる。
 
共演のハンス役・小西遼生、ヨナス役・良知真次、ヘルマン役・上山竜治、そして物語の鍵を握る養育係メリー役は一路真輝が続投する。
 
5名という小人数で繰り広げられる、濃密な心理群像劇が、新たなキャストを迎えてどのように化学反応を起こすか楽しみだ。
 
中川翔子

中川翔子

【中川翔子コメント】
『ブラック メリーポピンズ』への出演が決まった時、自分でもビックリしました!自分が舞台に出るなんて想像もしていなかったので、舞台初挑戦という事で、決まった瞬間から緊張しています(笑)。でも作品を見て「面白い!」と思ったと同時に、「アンナ」という女性に共感できる部分もあって、今は緊張しつつも自分でもどんな舞台になるのか楽しみにしています!ミュージカルの世界は、歌もお芝居も毎回が生の戦いで、あらゆるスキルが必要となり心の強さも大切な世界。様々な先輩方を目指し学び、経験値を重ねて初めての世界に飛び込みたいと思います!
 
今回の中川翔子の起用について、製作元プロデューサーは、「天性の歌唱力、表現力、類まれな感受性を持ち合わせた中川さんに、繊細で影を持つアンナという女性を、是非とも演じて頂きたいとお願いしました。中川さんの初舞台は演劇界全体で歓迎していると思います」と大きな期待を寄せている。
 
また本作の再演にむけ、演出の鈴木裕美は、「基本的に再演は好きです。より遠くに旅ができるから。俳優も一部変わりますし、初演のことは一回忘れて、新たに新しいチームで愉快な冒険の旅に出られたらと思います。物語は決して愉快じゃないですが…。」とあらたな”再演の旅”に意欲を見せている。
 
この公演の公式サイトが2/12 オープンした。
ミュージカル「ブラック メリーポピンズ」プロモーション映像

〈公演情報〉
ミュージカル『ブラック メリーポピンズ』
脚本・作詞・音楽◇ソ・ユンミ
演出◇鈴木裕美
上演台本◇田村孝裕
訳詞◇高橋亜子
出演◇中川翔子 小西遼生 良知真次 上山竜治 一路真輝
●2016年5月~6月◎東京•世田谷パブリックシアター
 兵庫、福岡 名古屋公演有り
東京公演チケット発売:2016年3月予定

演劇キック - 宝塚ジャーナル
シェア / 保存先を選択