舞台「オーファンズ」東京公演千秋楽を迎え兵庫へ

レポート
2016.2.22
舞台「オーファンズ」

舞台「オーファンズ」

画像を全て表示(6件)

舞台『オーファンズ』の東京公演が東京芸術劇場シアターウエストにて千秋楽を迎えた

鳴りやまない拍手にカーテンコールは5回にもおよび、称賛の中、スタンディングオベーションで幕を閉じた。口コミで話題となり日ごと動員を伸ばし続け、ついには立ち見客も出るほどの人気に。衝撃のラストシーンと役者たちの演技の評判が高い作品とあって、男女問わず幅広い年齢層の観客が見受けられた。

今作は1983年にロスアンゼルスで初上演後、映画化されるほどの人気を誇った。日本でも劇団四季時代の市村正親、椎名平や根津甚八などの名優たちが演じ、いまなお色あせることなく世界中で愛され続けている不朽の名作である。アメリカ・フィラデルフィアの古びれたアパートメントにひっそりと暮らす、孤児の兄弟・トリートとフィリップ。あることをきっかけに同居することになった謎の男性・ハロルドとの奇跡の出会いと絆の物語。

主演は俳優集団D-BOYSの柳下大。近年「真田十勇士」(宮田慶子演出)、「いつも心に太陽を」(岡村俊一演出)などに出演し、舞台俳優としての評価を着実に高めている。自ら演出の宮田慶子に直訴し、企画化された。この作品を選んだ理由を「物語のラストを自分が観たいと思った」と話す。

柳下演じるトリートの弟・フィリップには、劇団プレステージの平埜生成。蜷川幸雄演出「ロミオとジュリエット」の演技で注目され、9月には「DISGRACED」(栗山民也演出)に出演が決定している、今後、期待の逸材だ。

ハロルド役は映画「そこのみにて光輝く」他、様々な舞台での好演が印象深い高橋和也。「御宿かわせみ」(G2演出)、「紙屋町さくらホテル」(鵜山仁演出)と次回作も続々控えている。

舞台「オーファンズ」

舞台「オーファンズ」


舞台「オーファンズ」

舞台「オーファンズ」

舞台「オーファンズ」

舞台「オーファンズ」

≪ストーリー≫

薄暗く雑然とした部屋に一人、TV番組をじっと見入るフィリップ(平埜)。そこへ盗品を手に、慌てた様子のトリート(柳下)が帰宅する。兄弟ふたりきりのいつもと同じ変わらない日々。そんなある日、トリートはバーで出会ったハロルド(高橋)を伴ってくる。ハロルドは孤児院での体験を語りながら、眠りこけてしまう。手荷物からハロルドを実業家と思いこんだトリートは誘拐を企て縛りあげると、フィリップに見張りを命じ、また一人出掛けて行く。しかしトリートの計画通りにはいかず家に帰ると、我が物顔でふるまうハロルドの姿が。怒りを爆発させるトリートを意に介さず、ハロルドは穏やかに問いかける。

「私のところで働かないか?私たちはきっとうまくいく」

ハロルドと3人の生活が始まった。教養とお金を与えられ、トリートは人とのつながりを学び、フィリップは外の世界を知るようになる。いつしか互いに支え合い、温もりを感じる存在になっていくが……。

舞台「オーファンズ」

舞台「オーファンズ」

舞台「オーファンズ」

舞台「オーファンズ」

柳下は凶暴性をもって、自分の弱さを必死に守ろうとするトリートをデリケートに表現。暴力的な振る舞いの陰でフィリップへの深すぎる愛情を垣間見せるが、その表情があまりに切ない。ハロルドによってもたらされる変化を受けとめきれない、複雑な心の機微を実に繊細に演じている。

平埜は粗暴な兄におびえながらも、ひたむきで純真なフィリップを好演。トリートが家に閉じ込めてでも守りたかった、無垢な少年を等身大でみせている。抑圧されてきた彼が家を出て、外の世界を知っていく様を瑞々しく演じ、観る者を惹きつける。

ハロルドを演じる高橋は、謎の人物を愛きょうあるキャラクターに見事に昇華させている。厳しさの中に優しさをにじませ父親さながらに二人と向き合う姿は、高橋自身とも重なり役に深みを与えている。

度々笑い声が響いていた客席からは、いつしかすすり泣く声が。観客はそれぞれの成長と変化に共鳴し、物語の行く末を固唾を飲んで見守るようになる。思いもよらぬ形で突きつけられるラストシーンは、心にずしりと重く静かに響く。彼らの未来を想うとともに、自身にとって大切な人のことを思い出す、そんな余韻を感じさせる作品だ。翻訳劇に定評がある作・演出家の谷賢一の翻訳により3人の会話が自然なものとなり、宮田の丁寧に作り上げてきたであろう演出が随所に生きている。何より柳下、平埜、高橋の3人の役者たちが満身創痍になりながら見せる迫真の演技が、心にぐっと迫りくる。

“人はふとしたきっかけでこんなにも変わることが出来る”。

心をわしづかみにされる瞬間をぜひ劇場で目撃してほしい舞台作品の魅力がつまった秀作だ。


~各キャスト 東京公演千秋楽を終えて~

柳下大
「口コミの評判が良くて、観に来て下さる方がどんどん増えているのが目に見えて分かりました。1カ月間必死で稽古してきたので、本当に嬉しかったです。僕にとってはケガからの復帰作であり、役者として10年目最初の作品。お芝居というものを改めて見つめ直す機会になったし、いろいろな発見もでき、再スタートにふさわしい作品になったと思います。神戸公演はさらに進化した『オーファンズ』をお見せいたします。映像化もされない、二度と観られない作品です。残り3回限りの“孤児たち(オーファンズ)”の物語を目撃してください」

平埜生成
「東京公演は11日間ありましたが、こんなに時の流れを感じなかったことはなく、千秋楽という気がしないです。いつまでも自分の中に『オーファンズ』という作品が強くありすぎて、今は不思議な感覚です。まだ失いたくない感覚なので、このまま神戸公演を迎えられるのは嬉しいですね。3人ともがトランス状態を超越した演技をぜひ観に来てほしいです」

高橋和也
「東京公演を乗り越えることが出来て思うのは、15公演分の旅だったなと。毎回スリリングでどう変わっていくかわからない、気の抜けない舞台です。3人の呼吸もあってきて、芝居の完成度もどんどん良くなっていると思います。ぜひ皆さん、期待して観に来てほしいなと思います。神戸に行く機会も中々ないので、僕も楽しみにしています」

公演情報
オーファンズ

 ■日時:2016年2月27日(土)〜2月28日(日)
 ■会場:新神戸オリエンタル劇場
 ■料金:S席6,800円(全席指定・税込)
       A席5,800円(全席指定・税込)
     ※未就学児入場不可
     ※当日券販売あり
 ■翻訳:谷賢一
 ■演出:宮田慶子
 ■出演:柳下大 平埜生成 高橋和也 

 ■お問い合わせ:ワタナベエンターテインメント
           03-5410-1885 (平日11:00~18:00)
 ■オフィシャルHP:http://orphans.westage.jp/

 
アフタートークスケジュール
各日、終演後も「オーファンズ」の世界をお楽しみください。
 
■2月27日(土)13:00公演
≪柳下大×平埜生成×高橋和也×宮田慶子≫
■2月27日(土)18:00公演
≪柳下大×平埜生成×高橋和也≫


 

 

シェア / 保存先を選択