森の中を歩き廻ってアート作品を堪能する『五斗長ウォーキングミュージアム』

SPICER
五斗長ウォーキングミュージアム

五斗長ウォーキングミュージアム

画像を全て表示(2件)

2016年3月12日(土)~3月19日(土)の期間に、淡路島・五斗長(ごっさ)地域にて、野生の森の中にアート作品を設置する『五斗長ウォーキングミュージアム』が実施される。

このイベントは、淡路島・五斗長地域の野生の森にアート作品を設置し、歩き廻って鑑賞をする“道としての美術館”を提示しようという試みだ。2011年より毎年恒例で実施されており、今回の2016年春のお披露目では、島内外から招聘した4組の作家たちによる、五斗長の環境と融けあう多様なアート作品を公開。また、オープニングイベントでは、参加作家によるトークやコラボレーションパフォーマンスなど、多彩なプログラムを楽しむことができる。

さらに、初の試みとして、ゲストガイドによる五斗長周辺地域の“歴史・生活”に深く踏み込んでいくツアーや、五斗長の“自然”と触れ合うツアーが開催される。弥生時代後期に鉄器工房として栄え、現在も歴史的価値のある淡路島・五斗長地域をより深く堪能することができる内容だ。

野生の森とアート作品の調和が感じられるのは、自然豊かで美しい淡路島・五斗長の森ならでは。壮大な森の中を歩き廻り、さまざまな視点からアート作品を鑑賞してみてはいかがだろうか。


▼2014年度お披露目会の様子はこちら


 

イベント情報
『五斗長ウォーキングミュージアム』

日時:2016年3月12日(土)~3月19日(土) 9:00~17:00 ※月曜定休
会場:五斗長垣内(ごっさかいと)遺跡活用拠点施設~GWM
    (兵庫県淡路市黒谷1395-3)
参加作家:笹島裕樹、くうのき(日根野太之+fuuyanm)、南野佳英、久保拓也
駐車:施設前の駐車スペースは混み合うため、遺跡裏・山手側の第2駐車場を利用するよう。


<オープニング>
日時 :2016年3月12日(土) 13:00~17:00頃(12:30開場) ※雨天決行
ゲスト:笹島裕樹、fuuyanm(くうのき)、南野佳英、久保拓也、陸奥賢ほか
参加 :無料
トーク&パフォーマンス:
●陸奥賢+高田欣二(地元郷土史家)
五斗長の時空を紐とくトークセッション
●fuuyanm+Junko Okuda(ダンス)
「くうのき」新作を使ったコラボレーション
●笹島裕樹+南野佳英
五斗長の環境音と呼応するサウンド・コラボレーション
※作品は野外での展示。履き慣れた靴や動きやすい靴でご参加するよう。

 

<特別ツアー>
『陸奥賢と歩く!五斗長50万年分の歴史・生活を体感するツアー』
太古の昔、鉄器工房として栄えた五斗長。鉄の航路をたどりながら五斗長に眠る時空を体感するタイムトラベルツアー。

日時:2016年3月13日(日) 10:00~18:00 ※雨天決行
集合:ローソン北淡町育波店前(兵庫県淡路市育波406-2)
駐車:北淡水産加工会前広場(兵庫県淡路市育波2521)
ガイド:陸奥賢(観光家/コモンズデザイナー)
参加費:2,500円(おみやげ付き)
URL:
https://www.facebook.com/events/1712253562341547/​

『五斗長の森ってどんなとこ??~歩いて、見つけて、作ってみよう~ツアー』
自然溢れる五斗長のお山で野遊び!さまざまな自然の形を発見するツアー。お子様連れにおすすめ。

日時:2016年3月19日(土) 13:00~16:00 ※雨天決行
集合:五斗長垣内遺跡活用拠点施設
駐車:施設前の駐車スペースは混み合うため、遺跡裏・山手側の第2駐車場を利用するよう。
ガイド:植木弥生(インタープリター)
参加費:1,000円
(お茶とおやつ付き・できあがった作品を持ち帰り可能)

 

シェア / 保存先を選択