パリ・オペラ座バレエ最高位のダンサーたちが魅了する! 多彩なプログラムの豪華ガラ!

SPICER
 Photo: Jemes Bort

Photo: Jemes Bort

パリ・オペラ座バレエ最高位のダンサーたちが魅了する。多彩なプログラムの豪華ガラ!

17世紀に創設され、350年以上という世界最古の歴史を誇るパリ・オペラ座バレエ。この頂点に君臨するダンサーには“エトワール”という称号が与えられる。
「エトワール・ガラ」は、そんな注目のエトワールダンサーを一堂に集め、その魅力を最大限に引き出すプログラムを贈る、豪華ガラ。

今年もマチュー・ガニオ、エルヴェ・モロー、ドロテ・ジルベールら人気スターがなんと11名も出演。
パリ・オペラ座の“伝統といま”を大満喫できる演目の数々で、本公演ならではのゴージャスな共演を大満喫。
本拠地パリでも実現し得ないこの豪華な舞台、世界中のバレエファンがうらやむ「エトワール・ガラ」を是非ご覧いただきたい。

エルヴェ・モロー 降板 / レオノール・ボラック&ジェルマン・ルーヴェ出演決定のお知らせ(2016.06.13)

出演を予定していたエルヴェ・モローは怪我によりやむを得ず公演を降板する事となりました。代役として、パリ・オペラ座バレエ プルミエール・ダンスーズのレオノール・ボラックとスジェのジェルマン・ルーヴェが出演します。
エルヴェ・モローのメッセージはこちら

演目変更のお知らせ
先述のキャスト変更に伴い、演目が変更になりました。
詳細は下記プログラム内容をご確認ください。

イベント情報

エトワール・ガラ2016
公演日程・会場
【東京公演】2016年8月3日(水)~8月7日(日) Bunkamuraオーチャードホール
【愛知公演】2016/8/9(火) 愛知県芸術劇場大ホール
【大阪公演】2016/8/11(木・祝) フェスティバルホール

■出演
≪パリ・オペラ座バレエ エトワール≫
エレオノラ・アバニャート
アマンディーヌ・アルビッソン
ドロテ・ジルベール
ローラ・エケ
バンジャマン・ペッシュ
マチュー・ガニオ
レオノール・ボラック
ジェルマン・ルーヴェ
≪パリ・オペラ座バレエ プルミエ・ダンスール≫
オードリック・ベザール
ユーゴ・マルシャン
≪ハンブルク・バレエ プリンシパル≫
シルヴィア・アッツォーニ
アレクサンドル・リアブコ

久山亮子(パリ・オペラ座バレエ 専属ピアニスト)

■予定演目
<Aプログラム>
東京公演=8/3(水)19:00開演、8/4(木)14:00開演、8/7(日)14:00開演
愛知公演=8/9(火)18:30開演

『グラン・パ・クラシック』
振付:ヴィクトル・グゾフスキー
音楽:フランソワ・オーベール
出演:ローラ・エケ&ジェルマン・ルーヴェ

『シンデレラ・ストーリー』
振付:ジョン・ノイマイヤー
音楽:セルゲイ・プロコフィエフ
出演:シルヴィア・アッツォーニ&アレクサンドル・リアブコ

『クローサー』*日本初演
振付:バンジャマン・ミルピエ
音楽:フィリップ・グラス
出演:エレオノラ・アバニャート&オードリック・ベザール
ピアノ:久山亮子

『三人姉妹』
振付:ケネス・マクミラン
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
出演:アマンディーヌ・アルビッソン&オードリック・ベザール

『カラヴァッジョ』
振付:マウロ・ビゴンゼッティ
音楽:ブルーノ・モレッティ(クラウディオ・モンテヴェルディの原曲に基づく)
出演:レオノール・ボラック&マチュー・ガニオ

『未定』
出演:レオノール・ボラック&ジェルマン・ルーヴェ

『チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ』
振付:ジョージ・バランシン
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
出演:ドロテ・ジルベール&ユーゴ・マルシャン

『感覚の解剖学』
振付:ウェイン・マクレガー
音楽:マーク=アンソニー・タネジ
出演:ローラ・エケ&ユーゴ・マルシャン

『スターバト・マーテル』
振付:バンジャマン・ペッシュ
音楽:アントニオ・ヴィヴァルディ
出演:ドロテ・ジルベール&バンジャマン・ペッシュ

『ル・パルク』より“解放のパ・ド・ドゥ”
振付: アンジュラン・プレルジョカージュ
音楽:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
出演:エレオノラ・アバニャート&バンジャマン・ペッシュ

『Sanzaru』*日本初演
振付 : ティアゴ・ボァディン
音楽:フィリップ・グラス
出演:シルヴィア・アッツォーニ&アレクサンドル・リアブコ

『アザーダンス』
振付:ジェローム・ロビンズ
音楽:フレデリック・ショパン
出演:アマンディーヌ・アルビッソン&マチュー・ガニオ
ピアノ:久山亮子

<Bプログラム>
東京公演=8/5(金)19:00開演、8/6(土)14:00開演
大阪公演=8/11(木・祝)15:00開演

『病める薔薇』
振付:ローラン・プティ
音楽:グスタフ・マーラー
出演:エレオノラ・アバニャート&オードリック・ベザール

『With a Chance of Rain』*日本初演
振付:リアム・スカーレット
音楽:セルゲイ・ラフマニノフ
出演:ローラ・エケ、ドロテ・ジルベール、オードリック・ベザール、マチュー・ガニオ
ピアノ:久山亮子

『未定』
出演:レオノール・ボラック&ジェルマン・ルーヴェ

『See』*日本初演
振付:大石裕香
音楽:アルヴォ・ペルト
出演:シルヴィア・アッツォーニ&アレクサンドル・リアブコ

『人魚姫』
振付:ジョン・ノイマイヤー
音楽:レーラ・アウエルバッハ
出演:シルヴィア・アッツォーニ&アレクサンドル・リアブコ

『ランデヴー』
振付:ローラン・プティ
音楽:ジョゼフ・コスマ
出演:アマンディーヌ・アルビッソン&バンジャマン・ペッシュ

『ロミオとジュリエット』
第1幕より“マドリガル” “バルコニーのパ・ド・ドゥ”
第3幕より“寝室のパ・ド・ドゥ”
振付:ルドルフ・ヌレエフ
音楽:セルゲイ・プロコフィエフ
出演:レオノー・ボーラック&ジェルマン・ルーヴェ(マドリガル)、
ドロテ・ジルベール&ユーゴ・マルシャン(バルコニーのパ・ド・ドゥ)
アマンディーヌ・アルビッソン&マチュー・ガニオ(寝室のパ・ド・ドゥ)

『シルヴィア パ・ド・ドゥ』
振付:ジョージ・バランシン
音楽:レオ・ドリーブ
出演:ローラ・エケ&ユーゴ・マルシャン

『ル・パルク』より“解放のパ・ド・ドゥ”
振付: アンジュラン・プレルジョカージュ
音楽:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
出演:エレオノラ・アバニャート&バンジャマン・ペッシュ

※ピアノ表記のない演目は、録音音源を使用いたします。
※表記の出演者・演目は2016年6月13日現在の予定です。出演者の怪我などのやむを得ない事情により変更になる場合があります。最終的な出演者・演目は当日発表とさせていただきます。一旦お求めいただきましたチケットは、公演中止の場合を除きキャンセル・公演日の振替等はお受けすることができませんので、予めご了承の上、お求め下さい。
※上演順での記載ではございません。

 

シェア / 保存先を選択