GREMLINS ファイナル公演にふさわしいハチャメチャな一体感

ニュース
2016.3.11
GREMLINS

GREMLINS

画像を全て表示(10件)

GREMLINS 2nd ONEMAN TOUR 2016「Re:fermata」
2016.3.4(Fri)新宿ReNY

「遊ぼうぜー!」。この日Hits(Vo&G)は何度この言葉をフロアに投げかけただろうか。新作「フェルマータ」を提げて約1年ぶりに活動を再開したGREMLINS。彼らが3月4日(金)東京・新宿ReNYで2ndワンマンツアー『Re:fermerta』のファイナル公演を開催した。

開演時間ジャストに会場が暗転。フロアを埋め尽くした満員のオーディエンスの手拍子に迎えられ、まずは和装っぽい衣装を着たKNZ(Ds)がゲゲゲの鬼太郎のような下駄を履いて登場。サポートの美月(G/Sadie)、Chiyu(B/SuG)に続いて、額に角を生やしたHits(Vo&G)が舞台中央にスタンバイ。ステージ映えする4人各々は豪華絢爛、なのにどこか退廃的で妖しくねっとりとした空気が場内を包んでいく。発売したばかりの新曲「フェルマータ」を出し惜しみせずド頭に持ってくるという意外性で、オープニングから彼らは1年ぶりの再会をファンと祝福。続く「INSANE」からさっそくKNZの“要塞ドラム”の2バスが炸裂。HitsとKNZの縦ラインがバンドの軸となりながら、両サイドにいる美月とChiyuが率先してフロアをぐいぐいアゲていく。

GREMLINS

GREMLINS

Hitzの「東京、遊ぼう! 踊れるか?」という合図で始まった「the Carnival」では身体を揺らしながら手拍子をするファンに合わせて、Hitzも身体をくねらせる。そんなHitzが歌う“私”の響きがなんともいえない妖しい匂いを場内に充満させていった「シンデレラ」。続く「MASK」ではそこにホラーな匂いも加わり、会場は濃厚なGREMLINSワールドに染まる。それを恍惚として聴き入るのではなく、ハンドクラップで楽ませる辺りは彼らのポップセンスがなせる技。体をねっとり覆っていた空気を、軽快な「Fellow Traveler」のビートに合わせたジャンプで一掃した後は「こんばんは、GREMLINSです。ツアーファイナル、楽しめてるか? まずは楽しい人たちを紹介しようかな」とHitsがいい、メンバー紹介へ。ひとたびトークが始まると、さっきまでの世界観は微塵もなく崩れ去り(笑)、サポートの関西勢2人がお笑い芸人並みの爆裂漫才(?)を展開。メンバーよりもサポート隊が絶妙な掛け合いでトークを引っ張るという遊びはGREMLINSならでは。こうして2人が喋り倒した後は、Hitsまでが「ドラムのあの人の名前いつも忘れちゃうんだよ」というフリをKNZに投げ、KNZがあの低めのハンサムボイスで「KNZさんだぞ!」と上着の前を開く仕草をしながらトレンディーエンジェルのネタを真顔で披露するお遊びシーンも!! ライヴでしか見られない2人のそんな掛け合いにファンは当然大絶叫。

GREMLINS

GREMLINS

こうしてしばしトークで大爆笑した後は「DETERMINED」~「LOVE YOU」~「Hidden+A」で再び空気は一転。Hitsが広がりのあるコードワークにのせて、青空の彼方に向かって放つ大切なナンバーを3連発。至近距離にいる観客一人ひとりに語りかけるように、バンドのフロントマン、ボーカリストとして自分のリアルな気持ちを綴った歌を真摯に届けていくところはNIGHTMAREでは見ることのできない姿。その歌をときどき口づさみながら、KNZは後方からパワフルかつ切れ味抜群のドラミングで力強くサポート。3曲を歌い終えた後「ありがとう」と優しいトーンの声でHitsがいった後は再びMCがスタート。ここでは4人の立ち位置を示すガムテープの“バミリ”の話題になり、Hitsは“アル中”、美月は“Re:UP”(このバンドでは“頭皮がヤバい”という薄毛キャラ設定でいじられまくる)、Chiyuは“G1”(このバンドでは馬面から馬呼ばわりが定着)、KNZは“○○”(本名!)が書かれていたことが判明。こうして、メンバーに負けないぐらいスタッフも本気で遊びまくってGREMLINSのステージをサポートしているのだ。

GREMLINS

GREMLINS

この後ライヴは「Films」から終盤戦へ突入。「Trigger」、「Beauty&stupid」と畳み掛け、oiコールと拳振り上げと頭上ハンドクラップのセットでオーディエンスを誘いながら場内のテンションをどんどん上げていき、ラストは「朦朧サスペンス」でヘドバン戦へ突入。キメの嵐のこの曲をキレキレのドラミングで引っ張るKNZ。頭上に並ぶ4枚のシンバルのスリリングな乱れ打ちや、Hitsと美月が並んでギターのフレーズを重ね合わせる華やかな間奏のパフォーマンスで思う存分魅せて、本編は終了。

GREMLINS

GREMLINS

酒好きのGREMLINSに向けて「イーエーガー(お酒の名前)、酒持ってこーい!」というオーディエンスのたちの遊び心満載のユニークなアンコールに呼ばれ、再び4人は舞台に集結。Hitsが無言でChiyuにニンジン(笑)を渡していると、Chiyuの合図でバースデーソングが始まり、みんなで1日早いHitsの誕生日をサプライズでお祝い。スタッフが持ってきたバースデーケーキを見て“ただ、ここに本名書くの止めてくんない?(笑)”とHits。そんなスタッフのいたずらに続いて、サポート隊からは本気のバースデープレゼントとしてこの日発売の新作スニーカーが贈られた。「改めてありがとうございます」と満面の笑みを覗かせたHits。そのあと「ここの人たちは俺に何にもいわないでこのあと、勝手にNIGHTMAREの曲をやるんスよ」といい、仙台では「the WORLD」、大阪では「DIRTY」、名古屋では「アルミナ」の演奏がいきなり始まったことを明かした。そして「今日も来るのかな? それでは聴いてください。『故、』」とHitsが曲紹介をしている横から、“あー、いつの間にか”とChiyuが歌い、始まったのはNIGHTMAREの「極東乱心天国」!! サビ終わりで中央のお立ち台でChiyuと美月がHitsを挟む。「極東〜」のNIGHTMAREなフォーメーションにアワアワするなか、Hitsがギターソロを弾くと、フロアはいっきにテンションが上がる。それを見て美月が「このために何回さいたまスーパーアリーナのDVD見たか」というと「わしも」とChiyu。遊びもとことん本気。これがGREMLINSなのだ。

GREMLINS

GREMLINS

そして再びHitsのタイトルコールで「『故、』」が始まると、聴こえてきたのはChiyuの歌!! その横でマイクを必死に叩くHits。「二段構えイェー!! がははは。バーカ」とChiyuがいい放ち、「わしゃあ見とったよ。かっこいいモードに入って歌おうとしてたHitsを」と美月にからかわれ、Hitsは「俺、本当のトラブルかと思ったよ」といいながら苦笑いを浮かべる。そして次は本物の「『故、』」から「todie」「D.O.D」と大暴れ。「D.O.D」では恒例の「酒持ってこい!」のコールからイェガーを舞台上であおりながら、美月はウインナー大盛りのパスタ、Chiyuはニンジンスティック、KNZは日本酒のワンカップ、Hitsはエクレアとアルコール度数の高いお酒など、これまたスタッフが彼らを笑わそうと仕込んだメニューで宴会パフォーマンスは大盛り上がり。そうして最後、「Bacchus」が始まると今度はフロアがサークルモッシュで大宴会を打ち上げ、ファイナル公演にふさわしいハチャメチャな一体感が場内に生まれた。

GREMLINS

GREMLINS


GREMLINS

GREMLINS



最後に「また遊ぼうな」といって舞台を後にしたHits。メンバーもファンも帰る場所がある。だからこそ、GREMLINSは“好き”、“楽しい”を最優先できる場所。好きな音楽をやりながら、とことん本気で遊んだ彼らは、すでに次のGREMLINSの活動に向けて、また色々楽しいことを企んでいるに違いない。

文=東條祥恵

GREMLINS

GREMLINS

>>GREMLINS インタビュー:ダークファンタジー満載の表現の根底にあるものとは? 早押しクイズで素顔もチラリ

セットリスト
GREMLINS 2nd ONEMAN TOUR 2016「Re:fermata」
2016.3.4(Fri)新宿ReNY

SE
01. フェルマータ
02. INSANE
03. the Carnival
04. シンデレラ
05. MASK
06. Fellow Traveler
07. DETERMINED
08. LOVE YOU
09. Hidden+A
10. Film
11.Trigger
12. Beauty & stupid
13. 朦朧サスペンス
ENCORE
14. 『故、』
15. todie
16. D.O.D
17. Bacchus
 
リリース情報
シングル「フェルマータ」
2016年2月24日発売
【A type】(CD+DVD)TRCL-0115 ¥2,000+税
<収録曲>
1. フェルマータ 2. MASK 3.DETERMINED
<DVD>
フェルマータ Music Clip
【B type】(CDのみ)TRCL-0116 ¥1,800+税
<収録曲>
1. フェルマータ 2. MASK 3. DETERMINED 4. Beauty & Stupid
 

 

シェア / 保存先を選択