[韓国MUSICAL]韓国ミュージカル界を担う超大作『マタ・ハリ』記者発表会を開催

動画
レポート
2016.3.19
(写真左から)フランク・ワイルドホーン、キム・ソヒャン、オク・ジュヒョン、ジェフ・カルフーン

(写真左から)フランク・ワイルドホーン、キム・ソヒャン、オク・ジュヒョン、ジェフ・カルフーン


世界のミュージカル界が注目する新作ミュージカル『マタ・ハリ』の制作発表会が、3月8日、ソウル市内の新羅ホテルで開催された。

これまで『モーツァルト!』『エリザベート』をはじめとする大型ミュージカルを韓国で次々と成功に導いてきたEMKミュージカルカンパニーが、韓国から世界規模のミュージカルを発信しようと企画開始から約4年の歳月を費やして制作。演出・振付にジェフ・カルフーン、作曲にフランク・ワイルドホーンと、第一線で活躍する制作陣を揃えた。

(写真左から)作曲:フランク・ワイルドホーン、演出・振付:ジェフ・カルフーン、総括プロデューサー:オム・ホンヒョン代表

(写真左から)作曲:フランク・ワイルドホーン、演出・振付:ジェフ・カルフーン、総括プロデューサー:オム・ホンヒョン代表

総括プロデューサーを務めるEMKミュージカルカンパニーのオム・ホンヒョン代表は「韓国、アジアではなく世界進出も可能な、多くの人が共感できる創作ミュージカルを制作しようと2011年から準備を始めました。フランク・ワイルドホーンさんから“世界的な作品を創りたいならば『マタ・ハリ』という素材はどうか?”と提案を受けた」と作品制作の始まりを明かした。

ではなぜ『マタ・ハリ』なのか? という問いにフランク・ワイルドホーンは「1997~98年くらいからアイデアを温めていました。マタ・ハリという人物自体が神秘的で、第1次世界大戦当時にパリのムーランルージュに生きた女性の華やかな存在に心を掴まれたのです」と明かし、『モンテクリスト』から始まったEMKとの良好な関係のおかげで、海外から作品を持って来るのではなく、韓国から発信していく作品に関わることができたことをうれしく思うと語っていた。

今回、演出・振付家として初めて韓国作品を手掛けるジェフ・カルフーンは4月に韓国版が上演される『NEWSIES(ニュージーズ)』や『ハイスクール・ミュージカル』などをブロードウェイでヒットさせてきた人物だ。「制作過程は難しくなかったと言えば嘘になりますが、フランクから韓国の俳優たちは世界最高レベルだと折に触れて聞かされてきました。それで、ここまで作品を率いてくることができたと思います。しかし、実際に技術面で作品を構成するのは大きな挑戦であり、オ・ピリョン(美術デザイナー)さんとこれまで観客が見たことがないようなものを作ろうとしています。韓国の情緒と米国の感性を織り交ぜて、韓国のみならず、ブロードウェイやウエストエンドでも上演できるように努力しています」と、苦労をにじませつつ作品への自信も見せていた。

マタ・ハリ役のオク・ジュヒョン(左)とキム・ソヒャン

マタ・ハリ役のオク・ジュヒョン(左)とキム・ソヒャン

人気、実力ともに韓国ミュージカル界のトップ俳優を集結させている『マタ・ハリ』だが、この人ありきで制作されたといっても過言ではないのが、名実ともに韓国No.1女優のオク・ジュヒョンだ。「セクシーな人物で、劇的な恋物語をご覧になれると思います。本名はマタ・ハリではなくマルガレータ・ヘールトロイダ・ツェレという実在の女性で、かつてバレエが最高の贅沢であり芸術であった時代に彗星のごとく現れたダンサーです。辛い幼少時代を経てスターになったものの、決して美しいだけではない運命的な愛…アルマンと、愛するには辛いラドゥとの関係を舞台で展開します」と見どころを語った。

アルマン役のオム・ギジュン、ソン・チャンウィ、チョン・テグン(VIXXレオ)

アルマン役のオム・ギジュン、ソン・チャンウィ、チョン・テグン(VIXXレオ)

マタ・ハリと恋に落ちる若きパイロットのアルマン役は、オム・ギジュン、ソン・チャンウィ、チョン・テグン(VIXXレオ)が演じる。

オム・ギジュンは「アルマンはラドゥより若いというのが魅力です。20代の役です(笑)」と笑いながら自虐的に役柄を紹介。そこにオク・ジュヒョンが3人の魅力を補足した。

オム・ギジュンについては「最初の練習から“さすがはオム・ギジュン。格別だ”と思いました。舞台の上で愛にハマるしかない感性の持ち主なので、舞台でキジュンオッパと共演したい女優は多いです」と絶賛すれば、ソン・チャンウィについては「カフェラテのような男性です。実際の性格もそうで、柔らかく甘い魅力を見せてくれると思います」。そしてチョン・テグンについては「実際のアルマンはかなり年下だったそうなんです。それで一番実際の関係に近い“姉さんは僕の女だから”という感じの役なので、稽古場でも若さと覇気のある姿を見せています」と年下男の魅力が舞台で全開になることを予告していた。

ラドゥ大佐役のシン・ソンロク、キム・ジュンヒョン

ラドゥ大佐役のシン・ソンロク、キム・ジュンヒョン

一方、マタ・ハリをスパイとして利用するフランス軍のラドゥを演じるのはしシン・ソンロクとキム・ジュンヒョン。シン・ソンロクは「フランスの勝利と平和を導くための情報収集をするために、マタ・ハリが最もふさわしいと思い、最初は戦争のために利用していたが、やがて完全に彼女の魅力にハマって愛に執着してしまう」とキャラクターを説明。キム・ジュンヒョンは「僕たちは悪役ですが、悪役なりの正当性があるんです。マタ・ハリの魅力にハマってしまい、どうしようもなくなる人物です」と紹介し、シン・ソンロクが“悪者だけどセクシーな”ラドゥを見せると意気込みを見せていた。

最後にミュージカル出演2作目にして大抜擢されたチョン・テグンは、初主演した『フルハウス』以降もミュージカルのレッスンは続けていたそうだが、オーディションには無心で挑み、大役の座を得たという。「世界的な作曲家の先生やスタッフ、そして兄さん、姉さんたちがいらっしゃるので、プレッシャーよりも楽しく準備しています。ミュージカルの舞台に立つことも、心配よりもワクワクする気持ちのほうが多い」と控えめながらも大器の片鱗を見せ、自身のアルマンの魅力は「白紙であること」と語り、無限の可能性を感じさせた。

「稽古中も涙が出るような悲しい場面もあり、たくさんのストーリーが含まれていて、公演を見にいらしても後悔しないと思うので、多くの方が見にいらしてくださればと思います」と、チョン・テグンが海外のファンや観客に向けてメッセージを贈ったミュージカル『マタ・ハリ』は3月25日からのプレビューを経て、3月29日よりブルースクエアサムソン電子ホールで開幕する。


















【公演情報】

ミュージカル『マタ・ハリ』(마타하리)
2016年3月29日~6月19日 ブルースクエア サムソン電子ホール
(プレビュー公演:3月25日~27日)

 
<出演>
●マタ・ハリ役:オク・ジュヒョン、キム・ソヒャン
●ラドゥ大佐役:リュ・ジョンハン、キム・ジュンヒョン、シン・ソンロク
●アルマン役:オム・ギジュン、ソン・チャンウィ、チョン・テグン(VIXXレオ)
●エムシー役:イム・チュンギル
●アンナ役:キム・ヒウォン、チェ・ナレ
●キャサリン役:ホン・ギジュ、ソヌ
総合プロデューサー:オム・ホンヒョン/協力プロデューサー:キム・ジウォン/脚本:アイヴァン・メンチェル/作曲:フランク・ワイルドホーン/作詞:ジャック・マーフィー/演出:ジェフ・カルフーン/編曲:ジェイソン・ハウランド/音楽監督:キム・ムンジョン/韓国語詞・協力演出:クォン・ウナ/ドラマトゥルク:イ・ダンビ/協力振付:パティ・ドゥベック/韓国協力振付:ホン・セジョン/舞台:オ・ピリョン/衣装:ハン・ジョンイム/ヘアメイク:キム・ユソン/照明:グ・ユニョン/音響:キム・ジヒョン/映像:ソン・スンギュ/小道具:チョ・ユンヒョン/技術:ウォン・ヨンドン、イ・ギョンジュン/舞台監督:イ・ジンホ/制作技術:イ・ヨング/制作:チョン・ウニョン
●公式サイト: http://musicalmatahari.com/
 

写真提供:EMKミュージカルカンパニー ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

韓劇.com
シェア / 保存先を選択