ソニック・ユースPV手掛ける映像作家リチャード・カーンが約30年振りに来日 渋谷でサイン会を開催

ニュース
2016.3.24
映像作家・写真家リチャード・カーンサイン会

映像作家・写真家リチャード・カーンサイン会

画像を全て表示(2件)

映像作家・写真家のリチャード・カーンのサイン会が、3月28日(月)19時より東京・渋谷にあるブックストア「BOOKMARC(ブックマーク)」にて開催される。

リチャード・カーンは、ソニックユース「Death Valley ‘69」のPVをはじめ、 フェティッシュで扇情的な映像や写真で知られるアンダーグラウンド界の人気アーティスト。この度、彼が今のNYを生きるモデルやアーティスト、 ミュージシャンら20名を撮り下ろしたフォトブック「GIRL FRIEND BOY FRIEND」を発売したことを記念して、サイン会が実施されることとなった。当日は、東京青山にサロンを持つヘア・クリエイティブチームTHE OVERSEAが手掛けるSHIZEN BOOKSによる、リチャード・カーン限定TEEも販売される。

 

■GIRL FRIEND BOY FRIEND LIMITED TEE
2016年 Hockney x SHIZEN BOOKS / カラー:ホワイト / サイズ:M, L /16,200円(税抜)

アートディレクターのピーター・マイルズが監修したリミテッドTシャツ

アートディレクターのピーター・マイルズが監修したリミテッドTシャツ

 

■リチャード・カーン (RICHARD KERN)
1954年ノースカロライナ出身、 ニューヨークを拠点に活動する映像作家、 写真家。 80年代のNYイーストヴィレッジのアンダーグラウンドシーンで頭角を現し、 デイヴィッド・ヴォイナロヴィッチ、 ソニックユース、 ヘンリー・ロリンズなどアーティストやミュージシャン達が出演した実験映画「The Right Side of My Brain」と「Fingered」で注目を浴びる。 85年にソニックユースの「Death Valley ‘69」のPV、 アルバム「EVOL」のカバー写真も手掛ける。 その後90年代に入るとノースカロライナ新聞の写真家で編集者だった父の影響もあり活動の場を写真に切り替える。 主にフェティッシュで扇情的なヌード写真で知られるが、 国際誌での著名人のポートレイト撮影なども多い。 「VICE」「Purple」「GQ」「PLAYBOY」などのファッション・カルチャー誌での仕事を行いながら、 精力的に自身の写真集も発表している。 

 

イベント情報
RICHARD KERN: GIRL FRIEND BOY FRIEND BOOK SIGNING

日時:2016年3月28日(月) 19:00~20:00
会場:BOOKMARC(ブックマーク)東京都渋谷区神宮前4-26-14 1F
http://mjin.tl/bmxrk16

 

シェア / 保存先を選択