“デスノートオタク”役に扮した東出昌大の姿が明らかに!


大場つぐみ×小畑健による伝説的コミックを実写映画化した06年の『DEATH NOTE』『DEATH NOTE the Last name』から10年。その正統な続編であり完全新作として製作される『デスノート 2016』(10月29日公開)より、東出昌大が演じる主人公、三島創(みしま・つくる)の場面写真が解禁された。

三島は、月の父・夜神総一郎により警視庁内に立ち上げられたデスノート対策本部特別チームの捜査官の一人。10年前に起きたキラ事件と総一郎の資料から夜神月について徹底的に調べあげ、“研究ノート”を作成し、対策本部で最も「事件とルール」に精通している“デスノートオタク”と呼ばれる人物だ。

デスノートには、「デスノートに名前を書かれた人間は死ぬ。その人物の顔が頭に入っていないと効果は得られない」というルールがあるため、標的にならないよう、デスノート対策本部のメンバーは三島をはじめ、全員が偽名。お互いの本名も知らされていないという。更に本名や過去の経歴を知られないように、家族のいない人間が選抜されているようだ。

今回、デスノートによる大量殺人事件が発生し、地上には6冊のデスノートが存在する事が判明。デスノート保持者が続出したことで世界中が大混乱に陥り、“キラウィルス”と呼ばれるコンピューターウィルスが世界中に拡散される中、三島は総一郎亡き後、チームのリーダー的存在となり、新たなキラ事件に立ち向うが…。

成長したミサミサ役で戸田恵梨香が出演するなど、徐々に詳細が明かされ、期待が高まる『デスノート 2016』。今後の更なる続報が待ち遠しい。【Movie Walker】
 

MovieWalker
シェア / 保存先を選択