[韓国PLAY]チョン・ソンウら新キャストを迎え『エレファント・ソング』再演

ニュース
2016.3.27
『エレファント・ソング』のキャストたち。(写真上段左から)マイケル役:パク・ウンソク、チョン・ウォニョン、チョン・ソンウ (写真下段左から)グリーンバーグ博士役:イ・ソクジュン、コ・ヨンビン/ピーターソン看護師役:チョン・ジェウン、コ・スヒ

『エレファント・ソング』のキャストたち。(写真上段左から)マイケル役:パク・ウンソク、チョン・ウォニョン、チョン・ソンウ (写真下段左から)グリーンバーグ博士役:イ・ソクジュン、コ・ヨンビン/ピーターソン看護師役:チョン・ジェウン、コ・スヒ


昨冬、豪華キャストと新鮮な素材で話題を呼んだ演劇『エレファント・ソング』が、新キャストを迎えて再演を果たす。

ある精神病院を舞台に、精神科医ローレンスの失踪事件をめぐり、病院長のグリーンバーグが、ローレンスの最後の目撃者となる入院患者の青年マイケルから、手掛かりを引き出そうとするスリリングな会話劇。グザヴィエ・ドラン主演の同名映画が日本では知られているが、本作はもともと戯曲を原作にしており、2004年にカナダで初演後、10年以上にわたり世界各国で上演されている作品だ。

ガラスのように繊細な美しさと危うさで、グリーンバーグ博士を翻弄する青年マイケル役には、初演メンバーであるパク・ウンソク、チョン・ウォニョンに加え、チョン・ソンウが初挑戦する。パク・ウンソクは『ヒストリー・ボーイズ』、チョン・ウォニョンは『地球を守れ!』と、主演作を並行して出演する多忙なスケジュールにもかかわらず、本作への深い愛着を見せて出演を確定した。
新マイケル役のチョン・ソンウは、2月に終了した演劇『夜中に犬に起きた奇妙な事件』で、自閉症の少年クリストファーを見事に演じ切っていただけに、マイケル役にも大きな期待が寄せられる。

マイケルとの対話を通して、ローレンス医師失踪事件の謎を探っていくグリーンバーグ博士役には、イ・ソクジュンとコ・ヨンビンがWキャストで初出演する。ともに、ミュージカル『ストーリー・オブ・マイライフ』での名演をはじめ、舞台ファンを中心に厚い支持を得ている二人だけに、マイケル役の俳優との緊迫した芝居を見せてくれるはずだ。

そして、マイケルにとっては最大の理解者であり、母親のような存在でもある看護師ピーターソン役には、初演に出演した劇団コルモッキルの看板女優コ・スヒに加え、演劇『青い日に』やスヒョンジェシアターが制作した『彼と彼女の木曜日』などに主演した劇団メンシアターのベテラン女優、チョン・ジェウンが新加入する。

初演ではゾウに異様な執着を見せるなど、奇怪な言動を続けるマイケルの孤独やその背景にフォーカスした展開となっていたが、再演では、グリーンバーグ博士、マイケル、ピーターソン看護師と、三人の関係性をより浮かび上がらせてストーリーを牽引していくという。また、初演に対して劇場のサイズが大きくなった利点を生かし、舞台セットや照明、音楽なども大幅にリニューアルするという。

演出家のキム・ジホは「基本的な芝居のコンセプト自体は変わらないが、ニュープロダクションと言っても過言ではないほど多くの部分が変わった。この変化を通して登場人物の思考や感情をより感覚的で積極的に伝えていきたい。初演と比較するというより、今回を初演だと思って見ていただきたい」とアピールしている。

愛を渇望する少年と、その彼に対峙する精神科医の緊張感あふれる芝居が堪能できる『エレファント・ソング』は、4月22日から大学路のデミョン文化工場1館 ビバルディホールで開幕。1次チケットは3月31日から発売開始される。


【公演情報】
演劇『エレファント・ソング』(엘리펀트송)
2016年4月22日~5月30日 デミョン文化工場1館 ビバルディホール
<出演>
●マイケル役:パク・ウンソク、チョン・ウォニョン、チョン・ソンウ
●グリーンバーグ博士役:イ・ソクジュン、コ・ヨンビン
●ピーターソン看護師役:チョン・ジェウン、コ・スヒ

写真提供:NINE STORY ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

 

 
韓劇.com
シェア / 保存先を選択